ニュース ネットの声

大阪府庁で働き方改革“午後6時半”パソコンを『一斉シャットダウン』

投稿日:

 新たな『働き方改革』となるのでしょうか。大阪府の吉村知事は、時間外勤務を減らすため、大阪府庁のパソコンを午後6時半に一斉にシャットダウンする方針を明らかにしました。都道府県としては全国初の取り組みです。

 「パソコンの一斉シャットダウンをやります。限られた勤務時間の中で集中して仕事をする。」(大阪府 吉村洋文知事)

11月27日午後の会見でこう述べた大阪府の吉村知事。午後6時半での一斉シャットダウンは働き方改革の一環で、業務の効率化を狙う一方で、自然災害など緊急時には解除する機能も設けるということです。

大阪府によりますと、2018年度の大阪府職員の時間外勤務は年間100万時間を超えていて、残業代にすると約30億円にも上るということです。大阪府は2020年秋から冬頃に始めたいとしていて、実施されれば都道府県としては全国初の取り組みとなります。

【関連記事】
このニュースに対するネットの声は次のとおりです。
出典元・映像元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00030592-mbsnewsv-l27

 

共感順新着順古い順そう思う順今野晴貴
NPO法人POSSE代表。雇用・労働政策研究者。
オーサー報告
パソコンをシャットダウンしても「業務」がなくなるわけではない。結局サービス残業や持ち帰り残業が増えてしまう可能性が極めて高い。それどころか、行政サービスに穴がでるかもしれない。
同様の「働き方改革」を行っている大手企業でも、「会社の駐車場で車の中で作業している」とか、「家に持ち帰って作業している」というケースが何度も問題になっている。行政の場合、個人情報管理の観点からも、庁舎外で作業せざるを得なくなれば、大問題であるし、そもそも業務が完了しなければ住民に不利益が及ぶことにもなりかねない。
公務労働の場合、安易に業務量の削減はできない。長時間残業の問題を解決するためには、人員を増やす以外の解決策を考え出すことは難しいだろう。「残業代を削りたい」という目的から、とりあえずシャットダウンという安易な発想をしているあたりに、管理者のリテラシーに対する不安を感じざるを得ない。

名無しさん
日本の労働者の大部分は本質的には時給制なので。
生産性が上がって労働時間が短くなると、給料が下がるというおかしな構造になっている
それが改革の進まない一因
余談ですが
PCなどOAが普及したせいで、体裁ばかり綺麗にする人が増えましたね
単なる分析結果の報告なのに、会議資料の視覚効果に延々時間かけてる人がいる
これで業績が伸びるわけがありません
名無しさん
急進的な方法をとらないと変わらないのはわかるが…
まぁ人が死ぬ話じゃないしやってみるのは良いんじゃない
名無しさん
定期的に作業効率が上がったのかを府民に効果確認をしてもらおう。
上司が、時間内に終われるような仕事にしてくれればいいけど、あれもやれ、これもやれと指示しながら、人も減らされたらもう、これは虐めだ。
F.F15
府庁の職員らは夜遅くまで残業しているけど、月10時間までしか時間外をつけさせてもらないと大阪府の職員からきいたことがある。
府庁勤務は職員の中でも優秀な人が選ばれているのだけど、それでも業務が終わらないらしい。
シャットダウンよりも、業務量の見直し、サービス残業の見直しの方が急務のような気がするけど。
マスコミが騒ぐようなことをして注目浴びることに特化せずに今ある問題に取り組んでほしい。
名無しさん
なんで残業が多いのか、分析もせずにHOWをぶちこむのはどうかと思います。時間内に終わる仕事にも関わらず、ぐだぐたをやっているせいだというならわかりますが、そもそも残業しないと終わらない量の仕事ならそこから解決すべきでは?どの会社もHOWから入って、残業減ったー!!すごいでしょー!!表彰!!みたいなあほ施策が多くてお偉いさん方は頭がわいているんじゃないかと思う。
名無しさん
働き方改革は良いけど、現場の意見も聞いているのだろうか。
18時30分に強制シャットダウンしても、結局は家に持ち帰ったり、早出や休日出勤したりすることになっているのでは意味がない。
名無しさん
残業の多い部署は人手が足りないから。
人員をまず補充してからのほうが無難な気はする
それでも残業が減らないなら一斉シャットダウンで。
人手の足りない部署も18時30分で終わったら残りは家に持って帰るしかないのでは。
不自然なボーイ
勇気ある試み、いいと思う。ただ民間にも言えることだが、非効率な業務の見直し(特に日本人が大好きな形式的な会議)を進めたり、人員を適正に配置したりする努力も並行して行わなければ意味がない。
名無しさん
災害など誰の目にもはっきり分かる場合は別として、緊急を要する仕事が入ってもパソコンの強制終了?そのために対応が遅れてもOK?
時間で勤務を切ることによって、やるべき仕事がどんどん先送りになって、結果的に効率が悪くなりそうが気がします。
時間で切るのではなく、緊急時は別として、残業しなくても定時で仕事が終われるように一人あたりの仕事量を見直す方が先決だと思います。そのために増員するという発想はないのでしょうか?
「仕事の効率を上げて、残業するな。時間が来たらパソコンは使えなくする。だけど人件費は抑えたいから増員はしない」では、結局働く人が疲弊したり、こっそり仕事を持ち帰って自宅で不足分を補おうとする人が増えたりするだけでは?
名無しさん
PCをシャットダウンしても、できる仕事はあるよね笑
ただ、やり方が原始的になって効率が落ちるだけ。
このくだらない思いつきを実現するために、何人もの職員が残業したのだろうと考えると、哀れだ。
府知事がすべきは、不要な仕事を率先して炙り出し、トップダウンで廃止、合理化することだ。
シャットダウンじゃない。
名無しさん
こういう話題だと『公務員だから無賃残業当たり前』的な事を言う人が出てくるんだけど、そもそも、そういう考え方が間違えてるの。公務員も人間です。官公庁だろうが民間だろうが、正当な残業には正当な手当て(管理職は代休になっちゃうけど)が支払われるべき。
先述の『公務員だから~』って言う人は、是非とも一度、公務員(臨時職員でも)になって、自発的に『無賃残業、任せてください!』って実践してみてくださいね♪
最後に某漫画の至言を一つ。『金の介在しない仕事は無責任になる』
責任を持たせる為にお金を出す。お金を受け取る(前提の)仕事だから責任を持て。そういう事ですよ。
名無しさん
容易な考えをする上層部の行動です。
まず「なぜ超過勤務者が出るか」を整理して働き方を考えないと。就業時間間際で「明日までに」とか頼む依頼とか、日中はさほど仕事してない社員が16時を廻り始めたら忙しくし始めるとか。
なによりも会議をスマートにしてほしい。資料を求められ何度も作り直しが仕事が終わらない。
名無しさん
たしかに無駄な残業・意図的に残業代を狙った行為には効くとは思うけれど、働きの質を変えるのも限度はあってたかがしれているのでは?
単純に仕事が滞り、一番痛い目をみるのは市民にならないといいけど。
名無しさん
正規職員が減る一方で、効率化だけではどうにもならない業務量があると聞いたことがあります。
府民の方の陳情や窓口相談にも、ますます丁寧な対応が求められています。
今後、都構想実現に向け、維新の会は、ますます府庁の職員の仕事を増やすと予測されます。
「あれもやれ、これもやれ」と言われる一方で、ワークライフバランス、有休消化、PC強制シャットダウンと言われるのには矛盾を感じます。
名無しさん
夫が大阪府警ですが、事件事故があり何日も帰れないときでも、働き方改革がスタートしてから残業代は最高で35時間/月までしかつきません。100時間を超えるような月もざらにありますが、どんなに残業しても35時間です。
家にはほとんどいないので、小さい子供のいる我が家で妻はフルタイムで働くこともできず
基本給も他府県より低いうえに残業代もきちんと支給されないので本当に生活が厳しいです。
働き方改革!と綺麗事ばかり言ってますが働き方は以前と何も変わっていません。
ただ残業代が支給されなくなっただけです。
有給ももちろん使ったことがありません。
府民の安全を守る警察官、休みがないのは仕方がないですが、せめて本当に必要のある残業の手当は支給していただきたいです。
puripuri
劇薬であることはわかるが、ここまでしないと日本人は変われないのかもしれない。
データの持ち出しは厳しく管理されているであろうから、終わらない職員はどうするのだろうか。
試行をすることは良いことなので、実際に仕事が回るのかをみて判断すればよいだけのこと。
ただ、昔と比べて同じ仕事をするにしてもしなければならないことが増えている。例えばファイル送信の申請、パスワードロック等。
仕事そのもののスリム化、無駄のカットといったことにも管理職側は行動に移していただきたい。
「お前らが退社できないだろうから、俺は率先して帰宅する」などといって仕事を振って居なくなる上司は必要ありません。
名無しさん
企業でも役所でも特定の人間に仕事が集中している。
大組織ほどその傾向が強い。
仕事が集中する人間は息継ぐ間もなく仕事をしている。
その一方でパソコンで株式情報を見たり遊んでいる不心得者も居ると思う。
パソコンを定時にシャットダウンする事が第一歩となって時間内に仕事が終わる環境になってくれたら良いと思う。
名無しさん
仕事は”質×量”と思います。
役所の人間が100%全員効率良く仕事ができるなら良いのかもしれませんが…
人を育てるのが先だと思いますけどね。
名無しさん
結局、お昼休みや持ち帰っても仕事をする羽目になりますね。
大阪府としては、残業代の支払いが少なくなるので良いでしょうが、仕事の量は変わらないので、職員の負担は変わりないと思います。
5時までは一般の方の相手もし、ようやく出来る仕事もあるかと思いますので、このやり方はちょっと違うと思いますね。
upon@dy
チャレンジは良い事だとは思うけど、その分を家に持ち帰って続けたりする隠れ残業が起きないような方策も必要だろう。
ハードでの対策の前にソフト的な傾向とデータ収集を知事側は行ったんでしょうか?
当然、知事も6時半までに仕事を片付けて帰宅されるんでしょうね?
まずは先頭切って知事が見本を示して頂きたいものです。
名無しさん
まずは仕事を減らすか、人を増やすかじゃないでしょうか。誰も好き好んで残業している訳じゃないし。
私の職場も「ノー残業デー」を実施していますが、その前後の日に残業が増えるだけで意味がないです。仕事そのものの量は変わらないので…
名無しさん
教育現場でも実現するのかな。もしそうなれば、教員は部活動を指導することはできなくなるね。資料を自宅にはもって帰れないし、いつ事務仕事をするのか、授業終了後しかないですね。もし生徒指導が入れば何もできずに業務終了です。どうなるんでしょう学校教育は。
名無しさん
議会対応はどうするのだろう。答弁書は手書き?とても6時半までに決裁が終わるとは思えないし、を使わなかったらとてつもない時間がかかると思うけど。知事は優秀だから大丈夫だとして、課長、部長はアドリブでお願いします、なんて議事録が残るのに言えるわけない。却って深夜残業にならなければいいけど。
名無しさん
それよりもなぜ残業する必要があるのかを把握するのが先では?
原因が分からないまま強引な手段を取ると却って逆効果。
吉村知事って強引さがとても目立つタイプの人ですよね。
強引な手法を採るには、それ以上の愛情も無いと理解されないと思うのだが・・・大阪の方に実情を聞いてみたい。
名無しさん
パソコンの強制シャットダウンもいいけど、仕事の持ち帰りもないようにしないと、サービス残業の温床になるよね。
あと、仕事の絶対量も減らさないと意味がない。
業務改善なんてできればとっくにしてるから、実際問題としてなかなか難しいよね。役所だと特に個人情報を扱っている部署なんて、委託するのも難しいと思いますよ。
名無しさん
問題点の解決になってない。労働時間が長いから労働時間減らしました、は単に仕事の対応や質を下げるだけ。労働時間が長い問題点の解決は、長くなる原因を潰すこと。すなわち、シンプルに人員不足、作業が肥大化している、余計な業務が多い、などなど。これらを潰さないと単なる行政サービスのマイナスを招くだけです。
名無しさん
強制的にシャットダウンしたとしても
①紙ベースの仕事に切り替える
②隠れPCを持っている
③自宅残業が増える
上記の流れになるだけな気がする。表面だけじゃなくて、本質を変えていかないと。
恐れるな。未来は変えられる。
こういうことができればいいけど、民間は現実的に無理。取引先やお客様の都合があるから。締め切りまでに何が何でも仕事を完了しないといけない。あと、働き方改革が4月から始まったけど、仕事量は減らないのに残業減らせ、年休5日以上取得しろと指示がある。人員に余裕がある大企業は知りませんが、中小企業の現場は持ち帰り残業が増えていると思います。議員や官僚の皆さんには現実がどうなるか考えて法案を作成してほしいです。
名無しさん
これは賛否両論あると思いますが、
無駄な残業を減らす試みとしては良いと思います。
が、実際は毎日多忙を極める福祉担当課、課税時期の市民税担当課等には厳しい措置になるかも。
いち公務員のつぶやきでした。

 

-ニュース ネットの声

Copyright© 出来事を考えてみよう , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。