ニュース ネットの声

安倍総理、インドとの事実上の軍事連携

投稿日:

安倍総理は、尖閣諸島の領土、領海の防衛のためにも新たにインドとの事実上の軍事連携、日印米豪による4か国対中同盟を決断しました。
具体的には、9月の早い時期にインドのモディ首相と日印首脳会談を行います。

9月の日印首脳会談の肝 ( キモ ) になるのは、ACSA ( アクサ ) の締結を基本合意することで、ACSAとは、たとえば日米のあいだで結ばれている。

日米安保条約という軍事同盟を土台にして、軍事上の物品、つまり平時の訓練では燃料など、有事においては弾薬など、それから軍事上の役務 ( えきむ ) 、つまり平時の訓練では兵器の整備など、有事においては兵員の輸送などを、おたがいに融通しあう協定で、要は軍事同盟の要 ( かなめ ) である。

安倍政権が、集団的自衛権の一部容認を実現する平和安全法制を成立させたお陰で、日本はこれを、イギリスともオーストラリアとも結んでいる。

これをインドに拡大するというのは、非常に画期的で、対中国政策としては画期的。

広告

インドと日本は、地理的に中国を挟んでおり、中国の反発は必須。
日本としては、日印米豪4か国の同盟が組まれるので、戦略的な意義はとても大きくなる。

 

出典元:映像元:https://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=2059

 

 

 

-ニュース ネットの声

Copyright© 出来事を考えてみよう , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。