ニュース ネットの声

日本人が世界でバカにされている?

投稿日:

日本人が世界でバカにされている?

日本人が世界でバカにされている説は本当か

『世界でバカにされる日本人』(谷本真由美著、ワニブックスPLUS新書)というタイトルを見た瞬間にピンときたのは、おそらく私自身が心のどこかで、このことを気にかけていたからだ。

 ロンドン在住の著者は、元国連職員。過去には日本、イギリス、アメリカ、イタリアなど各国での就労経験があるという。つまりは「海外から日本はどう見られているのか」を実際に肌で感じてきた人だということになる。

 少なくとも、「日本スゴイ!」系のテレビ番組で放送されるような、「海外で注目を浴びる国」では決してない。あくまでワン・オブ・ゼム(One of them)にすぎず、たくさんある国のなかのひとつにすぎないということだ。

これに対するネットの声は次のとおりです。

出典元:ヤフーニュース

 

名無しさん
日本人が海外で敬意を払われないことが多いというのは、残念ながら真実だと思います。
>「日本からすると、チェコスロバキアとウクライナがいったいどこにあるのかわからない人が多いのと同じようなもの」だと言われれば、納得せざるをえない部分はあるはずだ。
ここですが、もうかなり前からチェコスロバキアという国は存在しません。
名無しさん
日本人がノーベル賞をとった → 日本人凄い → 日本人の俺すごい
こういう理論が多くて辟易するのは事実
名無しさん
しばしば海外に出掛けますが
日本人が馬鹿にされてるとは感じません
私的に見聞きした印象ではアジア圏が少し軽視はされてる様には感じますがとりわけ日本人がとは聞かないですね。
どちらかと言うと日本人は好印象な事の方が多いです。
日本礼賛は愛国心や誇りを持つと言う意味では記事にある様な批判される事では無いと思うしむしろ日本人は協調性は高いが意見や自己肯定を余りしない臆病と見られてる感はあるので自己啓発の一環で誇れる日本を持つのは大切だと思います...過信はいけませんが。
こういった記事にある自己分析が大半の海外意見なんだと押し付ける印象を与えるのをニュースソースにするのは止めて欲しいですね。
名無しさん
教育水準が高くない人たちは日本に限らず知らないことを茶化す。世界共通です。(私感です。)
名無しさん
露骨に馬鹿にされているという場面はそれほどないだろうが、ある種なめられているという雰囲気があるのは確か。悪意でそうしているわけでもないが。
ほとんどの日本人は生涯にわたって比較的恵まれた自国のことしか知らないで済むので、その価値観で満足してしまう。
他国の人は、自分の生活を向上させることに貪欲。それが当たり前。
ボーっとしているとその感覚に気づけず置いて行かれる。
名無しさん
一時ヨーロッパにいましたが特に馬鹿にはされていないかと。ただ、黄色人種なのでそういう偏見を感じることはあります。基本、日本人程親切ではないのでこんなものかと。あと、原発の件は外国人の方が意識があるというか、日本は対応しているの?という疑問を持っている人が日本人よりはいる気がする。
Smile
確かにそういう事もあるかもしれませんが、オハイオ出身の1人だけを例に、田舎者は教育偏差値が低く、、、というのもどうでしょうか?愚かな考えをする人はどこの出身であろうが愚かだし、教育も実際にどれほど関係あるのかなとも思います。(某有名大学の人が事件を起こす事もありますしね)
これを書いた方は、アメリカの田舎に対して、海外に住む方が日本に向ける目と同じことをしているように感じました。
私は沢山の友人がオハイオにいますが、皆優しく、今まで日本と中国の違いが分からなかったとしても、分かろうと努力はしてくれていると思います。
他人がどう自分を見ているかよりも、自分がどうありたいかの方が大切だと私は思います。
そういう意識でいれば、そのように周りの人や国も受け入れていくのではないのでしょうか。
名無しさん
欧米とヨーロッパでは大きく異なる。
ヨーロッパに住んでいたことがあるが、日本人がバカにされていると感じたことはなかったけれど、一般の人が日本のことを知らない、無関心だとは感じた。一般人は、日本も韓国も中国も一緒くただ。テレビのニュースで日本のことが報道されるのはごく稀だし、新聞も政治経済面で小さく取り上げられる程度で、情報量が少ないためで当然と言えば当然。
この点、東南アジア諸国では、テレビや新聞のニュースだけではなく評論とか文化とかイベントとか、様々な面で日本の情報がかなり豊富に提供されているので、一般の人でも意外に小さな日本の出来事でも知っていたりする。同じアジア人としての意識もあるので、一般人でも自国と比べて日本はいい、スゴイといった論評もする。
東は東、西は西 が現在でも続いている気がする。
名無しさん
>「あまり教育レベルが高くない外国人」が日本に対してどんな感情を抱いているのかがよくわかると著者は指摘する。
つまりあまり教育レベルの高くない外国人が日本をバカにしているということが、なぜ表題の「世界でバカにされている」になるのか、とは思ってしまいますし、その著者が取り上げていることは原発問題以外はまあ、どうでもいいかな、とすら思わされてしまうのですが。だって無教養な人達が自分をどう見ようと「別に」と思うから。
ただ、まあ、国連では相変わらず敵国条項に日本は該当していることになっているようですし、おそらくはここがすべての根幹なんじゃないの? ここから改善されない限りはって思っているところもあるので、そういうことを書いてあると、その本も読むかもしれないなあ、と思いました。でもなんか売らんがためのタイトルと思えなくもないです…。
名無しさん
原発の箇所はその通り。
「やってることがロシア(ウクライナ)と同じで失望した」とイギリスとフランスの専門家があきれてましたよ。
名無しさん
N.Yとトロントに2年いたが現地の人達は自然に接してくれて大切にされた。それが愛想笑いか心からの態度かは暫く接しているとわかるものです。相手の国のことを知っているか否かに関わらず、人として敬意を持つか持たないか、それは国籍や人種ではなくやはり心の教養レベル、個人個人の問題です。
名無しさん
アメリカ人をファストフードばかり
食べてぶくぶく太った奴らが多いとか
中国人はマナーがなってないとか
人は時として自分たちより悪いところに
目がいきがち
お互い様なところが多いような…
Yyyy
>ここで展開される「~せよ」というようなメッセージは、むしろわれわれ一人ひとりが、自分自身で考えていくべきことではないかと考えるのだ。
とは言うけど、多くの日本人は自分で思っている以上に日本と米・西欧とでは考え方や常識の基準が違うと言うことを実感していない。
日本で生活している上では実感する機会も無いし必要も無い。
日本で暮らしている上ではそれが正しい姿だと思う。
ただ、いざ駐在員などで西欧圏で暮らすとなった時、日本人の常識が現地の常識と必ずしも一致しない、と言うことをなかなか受け止められない人が多いのは確かだと思う。
頭では分かっても、感覚が付いて行かないのかも知れない。それは仕方が無いことだと思うし、西欧の人が日本に来たからと言って、日本的な考え方が出来る様になるかと言うとそうでは無い。
ただ日本人の場合、「他人と自分は違うと心得よ」これが出来ない人が多い印象。
名無しさん
この本の著者と、記事を書いた人は経験がまだ浅いのかな?
んなこと当たり前じゃねーかとしか思わなかったんだが。
そもそも無知な外国人に良く思われようとか、思考を合わせる必要もない。無知な当人たちの問題でこちらは関係ない。でもマジョリティという事が問題。だから国として㏚は必要だろうが、他国の取り組みと同様、なかなか周知も難しいだろう。でも昔よりは全然状況はよくなったと思う。色んな分野で若い人たちが活躍してるから。
それより親日国の知識人には、日本人というだけで非常に親切に接してくれる人たちがいる。こっちがその背景に無知だったり、日本人として自分を卑下しすぎると逆に相手に失礼になることがある。
かといって相対的に自己評価が高すぎると、どっかの国々の人達のように横柄になる。そうなると人として見下されるのは当然。
やられてたまるか
日本人が好かれるということに、日本人は意識してしまう。世界でイイコチャンになろうと、無理している気がする。不当なことをごり押しして通そうというのではないが、正当と思えることは堂々と主張し、対立することも耐えれる、精神構造が必要と思う。ともかく、日本は同調圧力が強すぎる。日本スゴイのテレビ番組のオンパレードも同根のような気がする。
名無しさん
一方的な日本礼賛に違和感を感じるのは確かにそう思います。
ただ一方で、世界における日本という現実を見た結果、「日本はこうなるべきだ」として主張されている内容は、逆に海外(主に欧米先進国)礼賛でしかない意見が多いと感じます。
海外各国のよい点は大いに参考にすべきと思いますが、うのみにするのは、一方的な日本礼賛と大して差はないと感じます。
名無しさん
アメリカにしばらく住んでいましたが、日本人は「希少種」のように扱われます。なぜなら、中国人と韓国人があふれているから。知識人からは、日本人は他のアジア人より信頼が高いと思います。また、中東、他のアジアの国の人達は、日本にとても良い印象を持っていて、「なぜわざわざアメリカに来るんだ」という感じです。日本の方が安全だし経済もいいし良いじゃないか、と。しかし、「最近、日本の会社は元気ないけど、何をしているんだ」とも言われることがあります。ヨーロッパはアメリカ以上に人種差別が未だに強いですから、評価を真に受ける必要はないでしょう。ですので、日本の影響力が低下してきている事実は踏まえつつ、日本人はそんなにnegativeな気持ちになることなく、どのようにしたら日本が発展していけるかを考えていけばいいと思います。
名無しさん
変な日本礼賛は気持ちが悪いけど、要は自信を持って行こうよ、という事だと思うけどね。 極東の国なんだから、キリスト教ベースの西洋諸国と価値観が違うのは仕方が無い。 同時に、多様性が叫ばれる時代なんだから、彼等との違いもちゃんと認識しないと。 「どっちが上だ下だ」でも無いだろうし。
名無しさん
《世界でバカにされる日本人》の「日本人」の部分は、どの国民にも当てはまることで、国民感情を逆撫でする扇情的なタイトルは、少しでも目立って販売部数を増やしたいという魂胆が透けて見える。
著者が思い付いたタイトルではなく、営業成績を上げたい編集担当の要請を断り切れず、不本意ながら了承したものだろう。
立派なことが書かれていたとしても、書名がその内容を下品なものに見せてしまう、ということを理解してほしいものだ。
少なくともそれが理由で手に取ろうとしない読者層もいる。例えば私のように。
名無しさん
「世界の美しい顔100人」というランキング。
ほとんどの日本人は知っていると思う。
このランキング、実は諸外国ではまったく無名で、騒いでいるのは日本だけらしい。私は昨日このことを知った。
つまり、とある外国人が個人的にランキングしているだけのランキングで、まったく権威のないものだそうだ。
なぜ、日本では大々的にニュースになるのか…?
それは、日本人は「外国で有名な日本の〜」とか「外国は日本の〜」などの話題が大好きだからだ。
日本も国際化しつつあるかな、と最近思い始めていたが、まだまだ日本人は世界の辺境にに住むイナカ者のようだ。

未来

sansan
英国の公共放送BBCが定期的に行う、各国の外国に対する好感度調査結果を見る限り「日本の好感度」は高い方だと言うデータがでている。
無論、これは「統計的データ」であって、個々人を見ると記事に有る様に「馬鹿にしたり」する人は必ずいる。これは、統計的に見てバラツキがあるのは自然な事だと思いますが。
一つ二つのサンプルや、個人の体験を基の記事を書くのはミスリードの危険があると思います。無論、個人がどのような感想をもとうと自由です。
名無しさん
日本に限らず全ての国に優れたところがあり、そうでない部分もある。凄いところは同じ国民として誇りに思ってもいいし、そうでない部分は自分がそうならないようにしたらいい。
名無しさん
チェコスロバキアていつの時代さ。著者が一番海外興味ないかも。
名無しさん
>原発で働く人々への冷徹な待遇とか事故を起こした関係者が処罰されないこと、被災者に対する支援が不十分なことでした。
こうしたことは現実的に、日本国内ではあまり積極的に報道されない部分だ。しかし、本来であればなによりも先に報道されるべきことでもある。ところが報道姿勢が変わらないこともあり、この時期に日本のイメージはとても悪い方向に進んでしまったということだ。
そりゃ「(するかしないかは)報道(する側)の自由」で言論(弾圧するのは自分たち)の自由を高らかに謳うつねに右を向いて文句を言う××ゴミと呼ばれる人たちのこと言ってるのかな?
だったらやっぱり日本人をディスってるの、奴らじゃないか。
頑固爺さん
一部の日本人かもしれませんが訪日する外国人に対する気の使いようは異常な気がします。
海外に出て、日本人だからとおもてなしを受けたことも不当な取り扱いを受けたこともありません。
なぜ他国の人の意見を日本人は気にするのでしょうか?
成り立ちも文化も違う。他人とは違うのは当たり前。
自信を持って付き合えばよいのでは。
土風鈍介
これは難しい話だが、大雑把に言えば、日本人と外国人(西洋東洋その他を問わず)とでは、他人を認識するときに、その所属する集団を意識する度合いが決定的に異なる。
それが日本人が概ね外国での振る舞いが良い理由だろう。
つまり「日本人の恥」と思ってしまうからである。
この傾向が悪い面はたくさんあり、ここで論ずることはできないが、そういった面を個人的に正そうとしたのが夏目漱石の「自己本位」であると私は考える。
なお、西洋人は西洋人同士は個人でとらえるが、東洋人に対しては集団でとらえる傾向があるように思える。
名無しさん
アメリカはひと昔前は軍に勤務していた頃に日本に居た経験のある人が多かった。軍人というとコワイ印象だが、白人も黒人も教養ある感じの人が多く、総じて日本に良い印象を持っている感じだった。
最近の若い子はアニメとかで熱烈な日本マニアが少なからず居て、バイトしてお金貯めて日本旅行に行くのが楽しみ〜とか言う子はかなり多い。原宿とかすごく楽しいらしい。
名無しさん
別に他国の目ばかりを気にする必要は無いと思う。
注目を浴びたら、浴びたで、必ず出る杭は打たれるで、後に悪く言われる事は世の常。ならば、変に注目を浴びるより、後ろ指を指されない国造り、行動を取る事が一番だと思う。
名無しさん
目立つ国民であれば、注目され褒められる反面、反感も持たれる。日本人はこうあるべきだなんて言える日本人が、本当にいるのか。過去の進歩的文化人の様に、自分だけ高みにおいて他を評価しそうである。何人だからとかいうより、その人間個人の問題であろう。テレビの番組はドクメンタリーではないから、ある程度の脚色はしょうがないであろう。そのつもりで見ればよい。

san*****

名無しさん
この記事に書かれているような「勘違い」を、多くの日本人がしているとは思えないんだけど???
「日本スゴイ」番組は、外国人を通じて日本人として逆に教えられる事が多く、楽しく観ている感じ。
例えば「竹垣」が好きな外国人がいて、彼を通して、その歴史を知るのが楽しいし、今更ながらだけど「盆栽」なんかもそう。
>あくまでワン・オブ・ゼム(Oneofthem)にすぎず、たくさんある国のなかのひとつにすぎないということだ。
今更言われなくても、そんな事、皆わかっている事ですよ。
名無しさん
日本人が実際に海外(特に欧米)、好印象に見られているケースは実際にあると思う。がそれは「安全パイ」として対等に見られておらず、舐められと庇護が混じった反応として、好意的に見られている(とこちらが思ってしまう)部分が、多分にあるように思う。
名無しさん
例えばアメリカには一定数の日本マニアがいるけど、
アメリカ全体で考えれば少数派でしかないわけで、
そういう少数派の意見にフォーカスして
日本のメディアが取り上げたり、
海外の反応系サイトが取り上げるから、
結果として日本礼賛ばかりになって、
勘違いする日本人がいるのも事実だわな。
名無しさん
そもそも欧米の人はお国柄の話題自体嫌いな人が多いです。
ドイツ人はソーセージとビールが好き、アメリカ人はハンバーガーを食べているみたいな次元の話でもう差別だと感じて激怒する人が一定数いますよ。
あの国はここがすごい、ここがダメ、というのは直接口に出してはいけないセンシティブな話題という扱いなのです。
なので欧米人が日本人をどう見るかといえば、一個人として何を考え何を持っていて何を主張しているかというところしか見ず、そこに日本人だから〜という考えは持ち込みません。
というより一般的に大っぴらに持ち込んではいけないという価値観があります。
名無しさん
別に他国のバカにどう思われていようと構わないし
日本人がノーベル賞を受賞したからといって
同じ国籍という以外、受賞者と何の共通点も接点もない人間が
天狗になるのも噴飯もの。
他の国もそうであるように、いいところもダメなところもあり
日本は完璧な国ではない。
日本人に足りないのは「自分は自分」という姿勢と
正しい意味での自尊心。
名無しさん
これも日本礼賛の裏返しのコンプレックスの感情によるものでしょう。経済的に3位で長い歴史や文化のある国で、これだけ観光客が来るということは肯定的に見られている部分が少なくはないと言えるでしょう。他の国の人の認識が少なくともヨーロッパの小国と同じようなものというのは違うでしょうね。
名無しさん
逆も同じだと思う。アメリカや欧州人が、皆、立派なわけでも無い。仕事出来ない奴もアホも山ほどいるし。でも、この国のメディア人は、欧米は凄い、日本はダメだ、と言いたがるんだよね。
名無しさん
欧米は基本無関心、ただしフランスは意外と日本に興味を持っている人が多かった印象。東南アジアでは日本に尊敬の念を抱いている人が多い感じ。ただしシンガポールは日本の文化には興味あるが、それ以外は内心多少見下している人が多い印象。
LiangGong_ChunRi
外国からすれば、日本と中国と韓国の区別が付かないってのが本当のところなのでは。
サウジとUAEとカタールの違いみたいなものだと思う。
Japanの名前は知られていても、中身がどんな国かはほとんど知られていない。

 

-ニュース ネットの声

Copyright© 出来事を考えてみよう , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。