ニュース ネットの声

「チョコフレーク」生産終了で勘違い多発 生産終了は森永 シスコは販売継続

投稿日:

森永製菓の「森永チョコフレーク」生産終了の報道をめぐり、勘違いが広がっている。それは、日清シスコ「チョコフレーク」が生産終了との誤解だ。

このため、日清シスコに問い合わせがあったり、「メルカリ」では、「チョコフレーク」が高騰しているようだ。

「チョコフレークの棚が空っぽに」

森永製菓は、2018年9月28日に、1967年発売のロングセラー商品「森永チョコフレーク」の生産を来夏までに終了することを発表した。

その影響もあってか、日清シスコの同名商品と混同する人が続出したのだ。

また、混同する原因は、商品パッケージが似ていることもある。森永製菓が生産終了を明らかにしてからのインターネット上では、両者を混同したような書き込みをするユーザーが続出。さらにツイッターには、

「森永のチョコフレーク買いに来たら 日清シスコのが売り切れてた」
「スーパー行ったら日清のチョコフレークの棚が空っぽになっていた」
「むしろ勘違いなのか代替えで買っているのか 日清シスコのチョコフレークが品切れになりまくりなんだけれども...」

広告

との報告も続々と上がっている。

実際、J-CASTニュース記者が30日に自宅近くの菓子専門店を訪れたところ、確かに日清シスコのチョコフレークが在庫なし状態。商品の陳列棚には、ぽっかりと空きスペースができていた。なお、この店では森永のフレークは扱っていなかった。

通常の「5倍」で買うユーザーも

さらに、フリマアプリ「メルカリ」上では、生産終了の方を受けて森永チョコフレークの高額出品が相次ぐなか、なぜか日清シスコの商品をプレミア価格で出品するユーザーも続出している。

日清シスコのチョコフレークは、希望小売価格120円(税別)。にもかかわらず、1袋300~500円程度のプレミア価格を付けた出品が相次いでいるのだ。どうやら、勘違いしたユーザーを狙った出品のようだ。

日清シスコ「販売を継続してまいります」

さらに担当者は、同社のチョコフレークについて「ここ数年 2桁成長で好調に推移しており、現在はチョコフレーク市場の約75%のシェアー(自社調べ)となっております」と好調ぶりをアピール。続けて、

「チョコフレーク市場は順調に成長している元気な市場なので、これからもチョコフレークが皆様にご愛好いただけるよう、改良を続けながら販売を継続してまいりますので、ご安心してお召し上がりいただければと思います」

とも訴えていた。

-ニュース ネットの声

Copyright© 出来事を考えてみよう , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。