ニュース ネットの声

中学教員4割が保護者にストレス 仕事は世界最長、OECD調査【ネットの声:意味不明のクレーマーが増えたからな】

投稿日:

 経済協力開発機構(OECD)は23日、2018年に実施した第3回国際教員指導環境調査の第2弾の集計結果を公表した。業務に関するストレスについて、日本の中学校教員の4割が「保護者の懸念に対処すること」と答え、参加48カ国・地域の平均3割より1割ほど多かった。「事務的な業務が多すぎる」も平均を上回った。

 昨年6月に公表した第1弾の集計結果では、中学教員の1週間当たりの仕事時間が世界最長で、書類作成のような事務作業時間も最も長いことが判明した。生徒自身と向き合う仕事以外で、特に重い負担がかかっている状況が改めて浮かんだ。

【関連記事】
このニュースに関するネットの声は次のとおりです。
出典元・映像元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200323-00000154-kyodonews-soci

 

che.rry.orz
息子が中学生の頃、家庭訪問にきた担任の先生に「もし間違ったことをしたら、うちの子はぶっ飛ばしてもいいですよ!」と冗談半分で「厳しい指導も問題にはしません!」という意思をお伝えしました。
先生は驚いて「いやいや、暴力は絶対にしません。ですが、お母様のお気持ちは分かりましたので息子さんとはしっかり向き合っていきたいと思っています。お気遣いありがとうございます。」と言われた。
その言葉の裏には私のような考えの保護者が少なくて先生も心の底から子供たちと向き合えないんだろうな。と思いました。
少し怪我しただけで怒鳴り込む、友人関係にも首を突っ込む、クラス替えにも口を出す、校長、教頭をうまく取り込んで担任にものを言わせない。
本当に大変な職業だと思います。
毎日毎日、ご苦労さまです。
返信0
名無しさん
今は意味不明のクレーマーが増えたからな。いやな社会になったよ。企業なども大変みたいだ。大きな企業ではクレーマー担当者がいると聞いた。クレーマーには、対処の仕方があるんだそうだ。クレーマーというのは、要するに自分の感情をコントロールできない人間だから、自動車の煽り運転をする人間と同じ。先生も大変だと思うよ。子どもの教育よりも、まず親から教育し直したいでしょう。
返信0
名無しさん
政府、官僚、公務員は、今やもう「人々の欲求不満のはけ口」みたいです。学校の先生もそれに含まれるかもしれません。「全体への責任を持っているこうした方々」が、「ほんの一部分の現象を捉え、その一部分にさえ責任を持たない人たち」からさんざん文句言われ、マスコミもそれに乗って袋叩きにする。そしてInternetもそういう人たちの不満のはけ口になっている。でも、見る人はちゃんと見ています。全体を見て、結果として一歩先、二歩先が腐ったものにならないよう、毅然と対応するところは毅然と。頑張ってください。
返信0
名無しさん
モンスターピアレンツには、「転校勧奨」という強い措置で、隣の学校への転校を勧めるような制度をつくって、自分がモンスターであることを自覚させるくらいの権限が学校や教育委員会に持たせるようにはできないだろうか。
返信0
名無しさん
保護者に………???
要はクレーマーです。
何かにつけてクレーム!これに対応するのが1番大変なんです。
保育士も先生も退屈とかじゃないんです。
それは、無理やりそういう風に仕向けられてるだけ!
本音はクレーマー対策が嫌で、保育士の資格を持っていても保育士として働かない、先生の資格を持っていても先生として働かない、そういう方々が多いんです。
もう、クレーマー対策法?みたいな法律でクレーマーを取締る所まで来ています。日本の教育現場は。。。
返信0
名無しさん
何が何でも、「教師を尊敬」とは言いません。
が、親が教員を下に見ている家庭でそういう話が出ているのか、はほぼ間違いなく子供もそういう子になってます。
大人なんだから、子供の前では年上・先生には畏敬の念を教え、どうしてもだめだと思ったら教員と大人同士の話をしましょう。(神戸のいじめ教員は別ですが)
子供は親の言う事を全て信用します。
「子は、親の鏡」という言葉、真実だと思っています。
あと、我が子の言う事は100%信用しているふりをして95%疑ってかかりましょう。
子供って、自分に都合の悪いことは言いませんから。
大人(親)なら、それ位の度量を持って子育てしましょう。
返信0
名無しさん
現場を離れて十五年以上たちますが、二十年ぐらい前から生徒の気質が変わったと感じていました。きつく叱るのではなく、ちょっとそれってどうなの?という指導の仕方でも行動を反省したり、考えを改める生徒が減っていき、自分の主張ばかりで部活動する日は教師は休むな、毎日でてこいという意味不明なことをいう生徒や、無断欠席をしておいて出席日数が足らなくなってから逆ギレしたりする生徒が出現しました。それ以前は親がモンスターなら子供はその調整役、子がモンスターなら親はその調整役とどちらかはまともなことが多かったのですが、今は双方がモンスター。教育現場は大変だと思います。そろそろモンスター対策を講じないといけないと思う。法律を使ってどうにかできないでしょうかね。
返信0
名無しさん
私のイギリス人の友人の娘さんはイギリスの小学校で教師をしていますが、わりと同じようなことがイギリスでも起きているようです。仕事時間は日本の方が長いし、仕事量も日本の方が多いと思いますが、やはり親との関係がストレスとなっているようで、彼女もそのことが原因で体調不良が続いていると言っていました。英語でもヘリコプター・ペアレントという言葉もあるくらいですから子供に干渉し過ぎ、甘やかし過ぎの親は欧米でも増えています。日本は特にPTAが各学校にとって大きな存在でしょっちゅう親が学校に出入りしているのでこれも先生にとってストレスではないでしょうか。
返信0
名無しさん
一億総活躍社会の発信で昔で言う専業主婦が働く様になり、最低限親から学んでたはずの生活習慣、心のあり方人を思いやる事を昔の子供に比べて失い始めている気がします。あと、高齢出産の為、グレーゾーンが増加しているのも歪まない。
つまり、今生徒が先生に怒られているのは家庭でしつけされていない部分。親ももう対応無理でしょう。共働きでお金があっても親がネオネグレフト状態もたまに散見。公立なんかは、生徒が勉強しようと言う姿勢に心を向けるまで今の先生はまず生活の事について教えている気がする。つまり、勉強は二の次に知らない内になっている時がある。
小学校で6年間それを醸造して中学に行く頃には、給食の時間なんか先生がこの年齢でも見ていないと弱肉強食状態。大学で教育を追求している教授の方々ちがいますか?
返信0
ムリミリbank
こんなことずーっと言ってるけど、改善しない。改善なんかする訳ない。文科省も教育委員会も学校に山ほどの仕事作るし。英語教育、道徳教育、プログラミング教育、ここ2、3年で小学校に降りてきたものを上げてもこれだけある。〇〇教育と名前をつけて学校にどんどんくれば、中学校だけじゃなく、小学校だって限界だって。これらに対応するのにどれだけ研修受けなきゃいけないか考えてほしい。
返信0
名無しさん
本来、教育は親がするもの。責任を持つのも親がやるもんでしょう。
教員の仕事は勉強を教えて、勉強が上手くできなけりゃ"勉強を"サポートする事だと思う。
保護者をよいしょする為に仕事をしてるわけじゃなく、将来子供達が勉強で困らないようにする為に仕事してる訳だしね。
将来、生活する上に必要な常識や知識で、子供が困らないようにする担当は親だけ。
教員に勝手に"教育を任せたつもりでいる"なら、その教員がどういう対応をしてもある意味しょうがない事だと思う。
どうにも上手く教育出来ないんだったら、自分の親としての技量不足を自覚して、覚悟を決めて自分でどうにか少しでもマシな親になるしかないのでは?
教師が…っていうのは苦しい言い訳だよ。
返信0
名無しさん
サービス業でも分かってくれないお客さんがいるように、保護者も人間なので、変わった人もいると思います。「保護者に方針を丁寧に話しても分かってくれない」という先生の愚痴を聞いているようです。でも、企業の人なら、そこはなんとか説得すると思います。
ただ確かに、その方針は本当に先生がやっていきたい、生徒のためになる方針でないような気もします。今の学校の制度は、お上が決めて従わざるを得ない事が多いでしょう。また学校も、変化させることを恐れて、昔のまま何も変更せずにやっていってはいないでしょうか。某学校で取り入れているように、担任を無くすなど、最終的に高校受験の内容を理解できるようにして、もっと各学校で独自に学校を作っていっては?と思います。こんなに世の中変わったのに学校は本当昔のまま。
先生も先生方の考えた方針ではないから、困っている事もあるとは思いますが…勇気出して、いい学校を作って欲しいです。
返信0
名無しさん
校長、教頭などがわが身大切で、担任の先生の後ろ盾になっていない。
最後の責任は校長、教頭が持つと言う姿勢を示せば担任は問題解決にもっと積極的になれる。
返信0
名無しさん
教員をしてましたが、自分は幸いにも保護者の方々には恵まれました。
もちろんお叱りを受けた事も何回かありますが、若かった自分の至らない指導も家庭でフォローして下さったり、結婚、出産の時にはわざわざお手紙や出産祝いを下さったり…良くして頂いた。
一方隣のクラスには、折返しの電話が10分以内にないと憤慨して関係ない他の教員を怒鳴りつけたり、保護者会で1時間以上担任を詰問したりする人もいて…本当に数人ですが、でもその数人が一度に何人もの教師の体力と時間を奪い、摩耗させているのも事実です。
でも、結局教師は人間関係が肝。生徒とも保護者とも、人間関係。
特別問題児でなくともモンペでなくとも合う合わないは絶対にあるし、誰に対しても「いい先生」、完璧な教員、というのは存在しません。
そのことを教員側も、保護者側も弁えていないと、拗れるよなぁ、と現場にいて思いました。
返信0
名無しさん
お客さんだと勘違いしてるからねえ。義務教育をはき違えてる人が多すぎる。権利じゃないし、当然お客でもない。義務。税金と同じ義務。
ガンガンいう親には、それこそ外部に対応委託すればいい。警察でもいいよ。
ようは、相手が手を出せないのをいいことに好き勝手言ってるだけ。ある種のいじめと同じ。相手の弱みに付け込んで自分の意見を通そうとしてるわけだし。
教師に制限と仕事をどんどん増やすのみでフォローなし。まあ、教育が駄目な国は将来性もないので今の国の現状は当然。今後はもっと悪くなる。
返信0
名無しさん
中学校の教員をしています。今、新学期に向けてクラス替えの会議をしていますが、保護者からクラス替えに関する意見やクレームが多すぎます。
中には自宅に担任を呼び出し、自分の子どものことに関係のない事まで口出しをしてきます。もう学年の監督みたいな人もいます。本来は、生徒のことを考えて公明正大に対応すべきなのに、一部の保護者の事で学校は、大混乱です。
返信0
名無しさん
まずは、親が自分の責任において躾をしないと
この様なことになります
それは、当の親が良し悪しが分からないから
そうなります
多種多様とか
人それぞれとか
いろいろな意見もあるとか
どうしようが個人自由とか
自分が都合のいい様に道理を決めるから
エスカレートはしても
気持ちのいい社会にはなりません
規律がありすぎるのもだめだと思いますし
自由な発想を制限しすぎるのもだめだし
結局この意見も、人それぞれにされちゃうのだろうな
返信0
(U・ω・)
生徒を叱ることができず、教師はなめられており、柔道だったかを習っている生徒は学校の先生より柔道の先生のが怖く、いうことを聞くと人に聞いたことがあります。
注意すれば文句言われるし、することは多いし、先生大変ですよね…。
返信1
名無しさん
私立だったらまだわかるけど、公立は保護者の無理難題は跳ねつけていいと思うけどね、むしろ謝り過ぎなんだと常々思う。毅然とした態度は時として大事だし、それでも収まらなかったら上の連中と話させればいい。
返信0
ぺんぎん
国民からガッツリとっている税金は、こういう所につぎこむもの。
教育に力を入れないまま育てられた人々が善悪も分からず判断力もないモンスターになったりする。
まず、教科と事務と部活の人員を分けよう。
教育できる人が教師になろう。
各国そうしているのだから。
そして、断るべきことは断っていい権利を保証するといいと思う。
返信0
mai
保育士をしていたのですが、保育園からしつけは保育園任せな保護者はいました。お金出してるから、預けるところがあるから保護者は育児を保育園に任せ、気に入らないと文句をいう相手がいるから文句を言うのかなと思います。
それは今の子育て支援のやり過ぎが増長させてるような気がします。コロナに関しても子育て世代の支援ばかりですし。だから子育てへの責任感が低い人がいる。
世間的に子供がいる人は偉い。子供がいない人は下だという風潮にもなってると思います。だから中学校の先生も大変なのかな?もちろんそれは一部の保護者であって保護者みんながという訳ではありませんが。
返信0
ぺんぎん
国民からガッツリとっている税金は、こういう所につぎこむもの。
教育に力を入れないまま育てられた人々が善悪も分からず判断力もないモンスターになったりする。
まず、教科と事務と部活の人員を分けよう。
教育できる人が教師になろう。
各国そうしているのだから。
そして、断るべきことは断っていい権利を保証するといいと思う。
返信0
名無しさん
これほんまに教員の仕事か?と思う業務が多すぎて肝心の教材研究に割く時間がないのが現状。授業の準備はサービス残業でするのが当たり前。残業代払えないのであれば仕事を減らしてくれ。それが無理なら金を出して欲しい。少なくとも給特法の時代とは仕事が大きく異なっているはず。法律も見直して欲しい。どーしたらいいのか。
返信0
kori
教員の話ばっかり鵜呑みにしていいんですか?どんな仕事をしていてもでも理不尽なことを言う人はいます。きちんとした対策を練って、丁寧に説明する、度が過ぎる理不尽に対しては毅然とした対応をする。それは、仕事として当然のことです。教師の常識は社会の非常識。最初から自分たちが偉い、間違っていない、という前提で生徒や保護者と接する
からクレ-ムがひどくなる。それに対応する能力も信念もないから病んでいく。「教師は聖職」なんて言われてますがそんなにえらいですか?
大学で教職課程をとれば誰でも免許とれますよね!私も教師ですが、医者や弁護士のようにすごく勉強したわけでもないし、お坊さんのように修行したわけでもありません。私のまわりには、挨拶もできない、時間も守れない、社会人としての身だしなみもできない、そんな教師がたくさんいます。教師の労働時間をみなおすと同時に、教師のあり方、資質改善も考えてほしいものです。
返信0
名無しさん
教育は、教育基本法にもありますが、学校、家庭、地域の関わりによって初めて成り立ちます。しかし、近年は、全てのことを学校に任せきりになっているように感じます。
スマホの使い方も然り。本来、家庭で指導すべきことですが、何かあれば学校。
児童生徒の登下校も然り。地域の協力により、児童生徒の安全を見守っていくはずですが、登下校時のマナーが悪ければ、注意もせず、学校にクレーム。家庭も地域もそうですが、叱ることできない人たちが増えたのだなと思います。叱ると怒るは違いますよね。
私の友人が教師をしておりますが、以上のようなことを嘆いておりました。このような現状です。当然、教師になりたい人も減りますよね?教員採用試験の倍率は年々下降傾向。
このような状況で社会を生き抜く力を持つ子どもになるのか甚だ疑問です。
返信0
....
中学は内申と進学の関係が密接すぎるので、親の必死さが学校にむくというのはあると思います。
入試がテスト一発勝負!であれば親の熱意は塾と子供にだけ向くので、結局だれかがストレスをかぶるのだと思いますけどね。
しかし周りを見ますと、保護者もかなり先生に気を使っていますよ。先生の機嫌損ねて内申下げられる可能性があるからです。子供も顔色をうかがうように親や塾から言われてる子多いですしね。
関係者みんなが疲弊してるようです。
都立高校でもよく言われていますし、うちの田舎でもそうですが、公立高校入試における内申比率を見直す必要があると思います。内申がダイレクトに合否に影響するので、先生と生徒および保護者の関係性にアンバランスさをもたらしていると感じます。
これだけではないとは思いますが、これも一因かなと感じます。
返信0
名無しさん
現役教師として。職員室を見ていれば、本校の生徒から見て、授業の上手い下手は、生徒の話を聞いたり、アドバイスをしたりする対応が良いなどの生徒対応で判断されているように感じます。ただ相手が保護者となると別で、保護者から見て授業の上手い下手は対外模試等の点数で判断されているように感じます。それなら塾だけに頼ればいいのに…と考えてしまうところです。学校は勉強だけをする場所ではないということを、いま一度理解してほしいな〜と思っています。
返信0
名無しさん
小学校の教師です。
色々な生徒がいるように保護者の方も様々な方がいますね。
クレームを言ってくる親御さんとは別に悪意がなくても疲れる保護者さんっています。
野次馬根性丸出し…と言ってはいけないのかもしれませんが出身校などの経歴、住んでいる場所、家族構成などその他諸々そういうのを聞きたがる親御さんは結構多いです。
私自身はそこまで気にしないようにしていますが嫌がる先生も結構います。
そんな私でも一番きつかったの奥さんの写真を見せてくださいとしつこかったお母さん。
相手は世間話程度の事だったのでしょうし世代も近かったので友達感覚だったのかもしれませんが何度も勘弁してくださいと断りきりましたが、凄く疲れました。
返信0
名無しさん
先生方が一人ひとりの子どもとしっかりと向き合えるような環境を整えるのが校長や教育委員会の役割だと思うのだが,現実は全然そうなっていないらしい。保護者が教員をしている子どものことで「『同業者』の親には気を付けて接しろ。」という校長。自分が教員であるのに,ちょっとしたことで上げ足を取るかのように学校に電話してくる親。学級担任には直接言わずに必ず教頭に電話をしてきて担任のやることなすことに一々ケチをつけてくる親。「なぜ自分の子どもに授業参観の時のピアノの伴奏をさせなかったのか」とネチネチ保護者会で尋問してくる親。教員をしている知人からこのような話を聞くと,その仕事の大変さに頭が下がる思いになります。一部にどうしようもない能力や資質に欠ける教員がいるのは事実だが,教員の悪事はマスゴミの格好のネタになるようで,学校や教員を叩く報道ばかりを選んで報道するマスゴミのやり方にも責任の一端があると思う。
返信0
名無しさん
教員です。共働き家庭が多く子どもとのコミュニケーションが昔より大幅に少なくなっている世の中です。互いに連携をとって子どもの成長を一番に考えなければならないのですが学校で指導した内容を伝えると些細なことでも何かしら文句を言ってくる保護者が本当に増えました。
正直普段から接している教員のほとんどは子どもが嘘をついていたり誤魔化しているのが子どもの言動からわかるものです。保護者も本来そのはずですが、そうですか。家でも指導しておきます。ご迷惑かけました。ありがとうございます。と言える保護者は一握りです。子どもだから悪さはします。次はやらないと反省し育っていくはずの子どもたちが保護者が指導に異を唱えることによってまた繰り返してしまうこともよくあります。
返信0
雄大
中学校の教員はとにかく請け負う仕事が多過ぎる。小生も部活動担当は外部の担当者に任せるべきだと思う。もともと中学校は授業が正課であり、部活動は正課外活動であったはず。市役所や役場の社会教育課などに委嘱して行うべき時代に入っているのに対処が遅すぎる。子供たちも、それぞれのスポーツ専門の担当者に教えてもらった方が技術的に伸びられるし、どれほど幸せかわからないはず。さらに教師も専門の授業の準備に時間をかけることができてゆとりを持って生徒指導に当たれるし、本来の中学校教育の実現できるのではと思うが。
返信0
名無しさん
教員以前に社会人として失格レベルの輩もいれば、保護者としてよりもただのクレーマー化したモンペアもいる。学校の対応にストレスを感じている親もいれば、親の対応にストレスを感じている教員もいる。抜本的な教育現場の改革が必要なんだろうけど、もう国家体制崩壊位のリスタートかからないと実現しないだろうなぁ…
返信0
名無しさん
中学=部活っていう風潮を辞めた方がいいよね。
小学校みたいに授業時間内にクラブ活動のようにしたらいいよ。うちは春から中学生になる子がいるけど正直やりたい部活はない、でも内申のために何か入らないといけないって困ってる。友人のところは中三の担任が介護休暇になり、代替教員も来ず校長が代わりにやってたと聞いて今の中学校事情は異常だと思ったよ
返信0
名無しさん
保護者に対しても、アンケート調査をして欲しい。
やはり、学校からの1本の電話で事は起きました。
「〇〇さんでも、出来る種目があります。」
担任からの電話でした。
娘は6年の秋に背中の手術をして、約1年間は体育が出来ず見学をしていました。
ところが中1の6月に、体育会の種目について上記の様な電話がありました。
術後9ヶ月が経過していたので、
「ボール投げなど、軽く投げるだけだったら、
良いですよ。」と言いました。
すると、担任は
「何事も全力投球でなければ駄目だ。」
「それでは、出場させません。」
「いや、一人1種目出場するのが、校則だ。」
これが教師と言えるでしょうか?
こどもの身体よりも、校則優先。
よくモンスターペアレントと言いますが、
この様な教師を形容する言葉は何?
返信0
名無しさん
ストレスの原因をちゃんと考えなきゃ改善なんか見込めない。
ストレスになるのは保護者からめんどくさい電話が掛かってくるからじゃなくて、めんどくさい電話が掛かってきたときに「それはお前の家の問題だろ」とか「お前の子供が悪い」とか思ってることを言えないからストレスになる。
じゃあ何で言えないかって考えると、保護者と揉めた場合に学校側が守ってくれないから。正しいか正しくないかで判断せずにただただ謝罪して問題を回避するような方針だから、だろ?
問題は保護者にあるんじゃなくて学校にあるんだよ。
自分たちで環境を変えていかなきゃいけない。
返信0
名無しさん
教師による部活の指導をなんとかして欲しいです。転んですり傷だけでも、保護者からクレームです。また授業以外の雑用も多いですし、生徒に雑用を手伝ってもらっただけでも、保護者からクレームあります。
返信0
名無しさん
中学生の子を持つ親です。
申し訳ありませんが、公立中学校の若い先生の対応レベルが低いように感じる出来事ばかりでした。
友だち先生…というか、教育をする立場にもかかわらず、子供と心で対話することをされない方が多かった。
その努力さえも感じられませんでした。
親としても、若い先生にあまり意見をするとイジメでいるように見られると思い、なかなか言いにくかったこと、黙っていたことが多々あります。
うちの学校は校長先生が人格者だったので、最終的には校長先生の介入により、様々なことが納まった感じです。
もう少し適性…人間性を考えて教師になって欲しい。
若いから、新任だから仕方ない…ではなくて、もう少し教師としての立場を活用してほしいと思います。
こちらの機嫌を取られていると感じると、本当にがっかりしました。
先生も様々ですが、保護者も様々です。
こちらも先生にストレスを感じることがあるのです。
返信0
名無しさん
教師の仕事はサービス業、役所で言ったら福祉の仕事と同じになっています。部活動は子どもが好きな教員ばかりなのでそれなりに返ってくるものもあります。子どもたちは好きで部活動を希望しているので教科の指導とは違ってよくついてきてくれます。しかし、教師も人の親です。自分の家族と過ごす時間を犠牲にして人の子を指導しています。子どもたちが楽しくないの言えば以前は頑張れと励ましてくれたのに、今の状況は指導者の指導力不足とクレームをつけてきます。教師は子どもが大好きなので部活動を持ったら中途半端に指導できない。休み時間もメニューを考えたり、対戦相手を探すために連絡を取ったり、大会の運営をしたりと時間も相当とられます。
今回の記事が出ること、そして同情する様々な声が上がることで教師は救われると思います。現場の言うことをくみ取ってあげてほしい。教員の定数を増やしてあげてほしい。部活動を外部に委託してあげてほしい
返信0
名無しさん
中学の教諭について書いていますが、小学校の教師も同じような状態
です。ですから、多くの教師は、自分の子供を教師にさせたくないよ
うです。問題のある教師は相当数いますが、彼等の中には「精神的」に
病んでいる人の割合が多いと思います。
その原因は、➀モンスターペアレンツによる道理を弁えない要求と非難➁先輩教師や管理職達による理不尽な指導と要求、及び管理➂能力以上の仕事量などがあると思います。
指導内容を例にとってみると、➀音楽➁スキー➂水泳➃パソコンの指導
➄英語の指導などがあります。➃と➄は、新学習指導要領に新しく追加
されたものですが、50歳以上の多くの教師は、大学時代に学んだ事が
ありません。この内容を教師自身が身につけなければならないですが、
はたして、忙しい教師が研修できるのか疑問です。
精通している教師に指導させていくか、専門(プロ)に指導をさせる
事が良いと考えます。
返信0
名無しさん
子供たちは国立大附属小中でした。教育熱心なあまり、かなり面倒な保護者も少なくなく、対応に苦労する先生たちをよく見ていたそうです。
大学では教職課程は選択しませんでした。
子供たちに向き合うだけなら教師になりたいけと、保護者と付き合っていくのがイヤだからというのが理由です。
返信0
内田良
名古屋大学大学院教育発達科学研究科・准教授
オーサー報告
あるベテランの教員は、こう言っていました。「教員のうつは、すべて1本の電話から始まる」と。
「4割」という数字が大きいかどうかはわかりませんが、学校の先生方が保護者の顔色をとても気にしていることは、まちがいありません。
OECDの調査は中学校教員を対象にしたものですが、私の感覚では小学校教員はさらに保護者の対応に気を遣っているように見えます。何か学校で起きたときには、できるだけ子どもが保護者に言う前に一報を入れる。鉛筆が1本なくなれば、それが何かの火種になるのではないかと気にして、電話を入れます。
じつは多くの保護者は、「そこまで気をつかわなくても…」と感じているようですが、一人でも保護者の不平不満が大きくなって収集がつかなくなることを学校は恐れ、事前に手を打つようです。
教員の長時間労働が知られるようになったいま、こうした学校が置かれている状況に対する理解が必要であると思います。
名無しさん
保育園で働いている時に挨拶を無視する保護者をたくさん見かけました。しょせん先生は下の立場なのだろうと思いました。子供が保育園に行くようになり、ほかの保護者に挨拶をしますが無視をする人はいます。対等な立場でもです。
挨拶を無視するような保護者さんがまともなしつけや教育ができるとは思えません。いったいどんな気持ちなのでしょうか?先生のご苦労が想像できるようです。
返信135
名無しさん
まずは部活を教員が担当することをやめて外部委託にすべき。
保護者対策は、専門のクレーム対策専任者を雇って対処しないと。
行政は教育委員会に任せっぱなしなのがさらに良くない。
公務員でここまでブラックだとストレス溜まって、生徒にやさしい気持ちで接することができないと思う。
返信76
東京都民中央区民
勉強を教える教師と
無くせば良いけど部活の指導者と
事務、雑事用の担当者が
それぞれいれば良いのだけどね。
返信29
名無しさん
学校に任せきりはともかく、口だけは
出す親が増えた。教育はまず親が、です。
学校に求めすぎてはいけないな。
返信26
名無しさん
冗談ではないレベルの本当に有った相談。
・うちの子の彼氏が他校生徒に取られそうなのでなんとかして欲しい
・箸の持ち方を教えてほしい
・携帯電話代が高いので学校で指導してほしい
返信48
名無しさん
自分は教師ではないのですが、家族に中学教師がいます。
間接的に聞く話は非常識なクレームや自分の子供だけが良かったら良いとする親が非常に多いということです。
大体、非常識な親の元で育つ子はそのまま大人になるわけで、わがまま、自己中の大人が出来上がります。
返信12
名無しさん
学校は、学問を教えるところ。
しつけや行動は、親が教える。
なんでも、人任せの人間は、親 大人じゃありません。
返信12
ドーントコーイ
地域柄がすごくあると思う
クレーマーって何故か同じ地域に密集している気がする
あと所得とか職業帯とか出すととても分かりやすいデータが見られると思うよ
返信10
名無しさん
今でもモンスターペアレントが解消していなかったのですね。
先生も人の子、大変ですね。
返信23
名無しさん
保護者が先生を尊敬する立場でなければ子供も尊敬しない。
よく考えてみてほしい。
先生だって人間だし、赤の他人の子を必死に教えてるんです。
あなたが逆の立場だったらを考えるべき。
そして保護者と先生がうまくコミュニケーションを取らないといけない。
返信16
名無しさん
子供に関わる仕事をしていますが、他の方も書かれていますが、挨拶しても挨拶出来ない、子供を叱らない、子供の言いなり。
自分の主張だけはする親が多すぎる。
常識無い人が親になるのだから、ストレスは半端ないと思います。
返信2
名無しさん
教育関係です。
毎年この調査がくるが、何も改善はされていません。むしろ仕事は増えるばかりです。最近はモンスターペアレントという言葉が出てきたので、保護者の方も気を遣っているが、一部は酷いです。
返信6
名無しさん
いま最も教育が必要なのは親世代。まともな教育を受けられず、精神的に未熟なまま成人してしまった。
子供が子供を産み、結果その子供はやはり子供のまま成人を迎えるのだろう。負の連鎖が始まっている。
子供の教育と同時に、親世代の教育が課題ではないかと思う。
返信7
名無しさん
部活よりも保護者対応が大変です。全ての物事において「いかに保護者に文句を言われない、言わせないか」が前提になっているのでとても神経を使います。子どもは可愛いんですけどね。やりにくい世界です。
返信5
名無しさん
まず、中学校・高校教員の部活が諸悪の第1位、次に授業以外の学校行事が多すぎること、第3にどうでも良いような事務仕事が多い。これらを削減して授業で勝負できる教師を作らないとだめ。現状では塾の指導力に勝てない教師が多すぎて本末転倒である。教師じゃなくて保護者のための何でも屋さんに堕している。
返信7
名無しさん
親にも親のトレーニングとかマナー教室とか子育てテストとか義務付けて欲しいと思う位悪質な親は増えています。
問題なのは親もだけど、その親に育てられた子どもはもっとひどいということ。
マナーがなってない親の子はマナーを知らない、礼儀を知らない、学ぶことをしない。
文句を言ってくる親の子どもは、必ず色々なことに対して不平不満を言ってきます。
悪いところをたくさん親から学んでるようです。
中学校が4割なら幼児小学校は8割位はストレスに感じるでしょうね。
返信3
名無しさん
教員です。小学校ですが…
子どもと向き合う以外の仕事は確かにはるかに多いです。
何をするにも、保護者への説明責任はつきものですし、教育を学校に丸投げの親もいます。
小学校でもこんな状態なので、
中学校は部活、進路指導など本当に大変だと思います。せめて、部活を外部に委託するなどしないと、肝心の授業、生徒指導に力を入れられないですよね。
返信1
名無しさん
親戚の女の子が小学校で先生やってるけどかなり精神的に参ってるみたいだ。
運動会の前日の夜に自分が担当してるクラスの生徒の親から電話がかかってきて「明日息子にお弁当作ってあげたいから、朝5時に電話して起こして欲しい」って言われたそうだ。
一昔前だと考えられないような事象だけど、ちょっと先生の事をなんか勘違いしてるバカ親が多い気がする。
イジメの問題があった時に、クラスの子達が「いじめっ子の子は普段からその子をイジメてる」ってほとんどの子がそう証言にしてるにも関わらず、いじめっ子の親子と話し合いの場を設けても子供はずっと「やってない」の一点張り。親は延々我が子がそんな事をするはずないおかしいのはお前らだと言い張って居たそうだ。
昔は先生と保護者は対等でお互い手を取り合って子供にモラルを教えていたけど、いつの間に先生ってこんなサービス業みたいなポジションになったんだろう。
返信1
名無しさん
元高校教員ですが、中学ならもっと忙しいことは理解できます。授業やその準備も多い上、部活指導、生活指導、進学指導等、業務があまりにも多過ぎます。予算的にも、人材的にも困難かもしれないが、外部の人材を投入して教科指導に力を入れることができる環境にしていただきたい。
返信2
名無しさん
以前、中学校教師をしている友人と金曜日に飲んでいたら、保護者から電話がかかってきて30分ほど席を外していました。しかも23時ごろにです。保護者の常識を疑いました。先生にプライベートがないとでも?しかも子供の相談。だったら自分の仕事休んででも先生の都合のいい時間に直接学校へ来るべきだと思いました。立派な時間外労働ですよ。生徒思いの先生への負担が大きすぎます。
返信6
おすすめ順新着順古い順そう思う順アルティメットさやか
教師には強く当たる、やむを得ない事情で休校になるのに自分の子供の食事作りが嫌だとか言う親が増えて日本本当に大丈夫か?と不安になる
人の親になる時に覚悟とかしないのだろうか?
子供は自然に勝手にできるものじゃないんだから考えて計画して作って欲しい
教育関係者や無計画無自覚の親の元に産まれた子供さん自身がかわいそう
返信3
わんこ
教員や学校にあれもこれも求めすぎ。
返信0
名無しさん
萩生田文科相、トップが部活動は「教育課程外」教育を全く理解していない。子どもの感染を考え「全国の小・中・高等学校春休みまで休業」宣言した直後「選抜高校野球、無観客試合で実施」文科省より高野連が上って明らかな矛盾。春休み実施とはいえ公立学校大会参加チームは練習まっただ中。これは大変な問題を秘めている。高校野球は当然アマチュアであり学校教育の延長の部活動。部活動は学校の教員が勤務時間外をボランティアで見ている全員顧問制。しかし専門の野球など顧問につける人は1~2割ほど他は専門外を強制的に見させられている。高校野球はじめ部活動は教員の善意で支えられてきた。しかしこの全国、全ての学校休業から選抜実施は部活動がスポンサー重視・勝敗のみで、学習面をおろそかにして突き進んできたことがここでハッキリした。教育課程外の部活動顧問。今までの教員の善意が悪い面に出た弊害。この4月から教員は皆顧問を断った方がよい
返信4
名無しさん
保護者は先生の業務の大変さをよく考えた方がいい。
先生に対処してもらう前に保護者がやらなければいけない事が多い。
ただでさえ休日返上で部活動の指導、試合の審判、協会の役員などなど
やらなければいけない授業以外の仕事が多過ぎです。
これらはほとんどボランティア同然です。
返信1
名無しさん
再開してくれるなよーと思った教員、たくさんいたんでしょうね。
でもそれが本当の気持ちなんでしょう。
はたらきすぎはよくないです、大人も子供も。
返信0
名無しさん
無理難題を持ってきたり、我が子を特別扱いしろ的な要望とか、常識では考えられない保護者も一定割合でいることも確か。昔は学校の先生と言えば、一目置かれる尊敬される職業だったが。
返信0
名無しさん
例えば、今日のような事態。特に共働きやひとり親家庭にとっては、どれだけ学校が、教員がありがたいか分かってもらえたのではないでしょうか。いわば、教員がベビーシッターのようなもので、だから保護者は仕事ができるわけです。そう考えると文句を言われる筋合いは教員にはほとんどありません(もちろん、変な人も教員にはいるから「全くない」とは言えません)。イヤなら、違うとこへ行けばいい。また、学校の先生は、なんでも許してくれると思ってるかもしれませんが、先生も人間です。保護者と同じ喜怒哀楽があります。そのあたり理解してもらいたいです。高校教員でした。
返信1
名無しさん
いっそのこと部活動は民間が行うことにしましょうよ。学校の先生が担当になることない。あの夕方の時間に事務作業できれば定時であがれるんじゃないの??
保育園でも放課後に体育の有料サービスやってますよ。そっちのほうが民間の経済もまわすことができる。
返信4
名無しさん
教員の負担軽減の話をすると真っ先に上がるのが部活なんだけど、部活を短縮・廃止すれば教員の負担が軽減できると思われているのではないか。
実際には本来家庭や地域が担うべき役割も全て学校が背負っていそれの負担が大きい。今回の臨時休校で多少は分かったのではないかと思うが、そちらの解決策も必要。
返信1
CAS
本当に教師は雑務が多すぎる。
テストを作るとかいうけど、教育の進度は決まってるんだからテスト期間をしっかり設けておけば理解度テストとかは使いまわしでいい。
あと、中間/期末テストの丸付けと点数管理は臨時事務員とかそのあたりで雇えばいい。
部活もそう。所定労働時間以外は手当を出すべきだし、土日に練習とか…
やりたいならお金出して外部のスクールに通えばいい。教師としては部活指導は正直管轄外。
教師に土日も指導させたいならちゃんと給料払ってあげてくれ。
お金出ないなら適当でいいやってなるよ。人間だもの。ただで働きたくないわ。
返信1
名無しさん
他にも書いていらっしゃる方がいますが、モンスターは、中学校だけではありません。
中学校は高校受験が関係してくるので「4割」なのでしょう。特に進学も就職もかかっていない幼保小だと、教員も学校も中学校よりさらに下に見られてしまいそうですね。
「親も我慢している」と聞いたこともありますが、先生も毎日忍耐、忍耐で、最近は体を壊す前に、メンタルやられる前に辞める人も多いよそうです。
「言われて嫌なことは人に言わない」、こんな当たり前のことでも、コメントの返信欄見たら、いい大人が批判合戦です。人に使う言葉でない、と思うような言葉を平気で使っていて、こういう人たちもいつか親になってしまうのですよね。日本の教育の結果がこれだと知らされるだけで、現役の先生方はどっと疲れることでしょう。
返信1
名無しさん
教員です。
部活よりも、保護者対応の方が圧倒的に負担です。
部活大変な人は、自分で大変にしています。上手く調整すれば、世間が考えているより負担が少なく、生徒の成長に貢献できます。当然、授業の準備はできます。
しかし、保護者対応は全ての業務がそこに集中して、時間の終わりも見えなくなるので、負担感が凄まじいです。さらに言えば、保護者対応に終わりはありません。なぜならば、自分の思い通りにならない場合は納得しないからです。
学校の方針、社会の常識ではなく、保護者の考えがあるので、平行線をたどります。
上は守ってくれない、保護者からはつめられる。苦しいです。
返信3
real
わかるわかるわかる、でもこれから保護者のストレスは増大する一方と思う、祖父母も一緒になってモンスター化しています、若い先生もあっさり退職しますし、病気休職も沢山、教育学部の後輩にリアルな話をすれば誰も先生になってくれない現実
返信0
名無しさん
私は習い事の講師ですが、一時期まで保護者のストレスはかなりありました。
時間になっても来ないのでお家に電話をすると、「もっと早く連絡くれますか?」とか、「終わってもいっとき預かっててもらえますか?」とか、「振替はここしかダメなのでこの時間に合わせてください」とか。
私も教え始めてある程度年がいき、疑問に感じるご家庭は破門にしたり、はじめの段階でお断りするようにしました。
これらは習い事だから出来ることですが、学校の先生はそうもいかないので、本当にご苦労が多いだろうなとお察しします。
返信0
名無しさん
教師ってね。
教員免状を取った時とか、教員に採用された時から、教師になるわけじゃないんです。
いや、社会的責任としては、その時点から教師でなくちゃいけないんだろうけど。
でもね。
教師って、「先生」と呼ばれ、慕われ、頼りにされていくうちに、教師であることの責任の重さを主体的に受け止めていく中で、本物の教師になっていける仕事なんだと思います。
いや、厳密に言えば、それはどの仕事でも同じ。
ただ、それを理解している保護者は、とても少ない感じで。
本当は。
保護者だって同じなんですよ。
子供を産んだり産ませたりしただけで親になるわけじゃない。
自分しか頼る者のない存在に応えようとする中で、本物の親になっていくんでしょ?
なんか、責任論ばかりで。
そういう親とか教師の成長に対する視点が、社会的に置き去りにされてる気がします。
親も教師も大変なですから。
助け合っていきましょうよ。
返信0
現役世代には減税を!
お客様は神様です、クレームは宝を本来の意味でなく広めたコンサルタントや経営陣の責任も大きいと思う。それが流行のようになってから何でもかんでも無理が通るようになってモンスターを作ったような気がする。金さえ払えば何でも許されるみたいなやつ増えた。あと教師も不祥事多すぎてどんどん地位が下がった。元来学校は集団生活をさせ、勉強するところで躾やマナーなんてものは親が教えることなのに何故か学校が教えるみたくなっている。
返信0
名無しさん
大多数の教員はホント基本的に良心的だし、守秘義務もあるから表に出ているクレーム以外に山ほど信じられない実態があると思います。そして一つのクレーム解決のためにプラスアルファ何十時間も費やしているのです。罵られても。
返信0
名無しさん
学歴や収入などで人を判断する親がいる。
お金を払ってるのだから世話をするのが当たり前だという態度の親。自分の子しか頭にない親。
本当に激務な職場で先生がどんどん辞めていく。
保育園に入る前に 自分が子育てできないから変わりに育児をする保育園に対して常識を超えたクレームをつけたり要望をした場合は園を辞めて貰うような契約書を作る方が良い。
園も親の鵜呑みにするのではなく弁護士をつけてモンスターとしっかり戦ってほしい。
返信0
ddd
モンスターペアレントとかのドラマも問題かな。ハケンのなんちゃらも。この少子化の時代の方がやりにくいって何でかな。今は保護者+ジジババも一緒になって甘やかすからな。現場の事は現場に聞いて改善したら良いのだが。もっと学校側に力を持たすべき。義務教育制度がダメなのか。
返信0
名無しさん
保護者がねぇ・・・子育てが楽しみになり過ぎ。
入学式や運動会や卒業式を、「親が見たい」んだよ。
親が欲望に従って行動しているだけ。
だから、学校が「親へのサービス業」になっちゃってるんだ。
家庭連絡の類のプリントも多いしね。
ちったぁ、親が欲望を抑えるべきだ。
あと、最近の先生の方にも問題がある。
なんでもかんでも、やってあげすぎ。
だから、準備に時間がかかる。時間かけてるのが良い授業って誤解している。
基本、子供らができるようにするのが教育なんだから、本人らにやらせないと・・ね。
ぶっちゃけ、授業なんか、教科書と板書だけでいい。それで分かるようになっていかなきゃなんだから。。
教わらないとできない子だらけだ。新人社員になっても同じ傾向。。
書いてあることを読もうともしない。
返信6
wmj.a
林先生が言ってますね。
予備校は勉強だけ。学校の先生は勉強、生活指導、部活の顧問。保護者との対応。
先生の仕事が多すぎです。。
返信0
名無しさん
保育園もです。自分が気に入らない保育士を次から次に退職に追い込んでいるモンペが本当にいます。
返信0
名無しさん
自分が小学生、中学生の頃は先生の方にものすごく権力があって、優しい先生、怖い先生など、ハッキリしていました。
特に中学生の頃など、宿題を忘れると皆の前で正座させられたり、テストの点が前より下がるとむちで打つ先生や、生徒の髪の毛を引っ張る先生など沢山いましたね。生徒数も現代の子供たちよりすごく多かったですしね。
こんなことが現代起きると、もう保護者は先生に謝罪させる。そういう時代に変わったのですね。
現代の中学の先生は、自分たちの時代の先生とは違って、立場が弱く、保護者にも頭が上がらないと言えるのではないでしょうか。だからストレスが半端じゃないんでしょうね。
返信1
xyz
中学だけでは無いでしょ
小学教師も高校教師も、下手したら大学の講師の人達もフラストレーション溜まってると思う
いつの頃からか教育より保護者生徒が上になり
教師は奴隷の如く扱われ
厳しくすればネットに上げられたり
確かにろくでもない教師も昔から居たし口うるさいPTAや保護者も居たが近年極端と言うか教師に負担かけすぎでは?と思う事もある
あくまでも勉学を教えるのが教師であり人としてどうこう教育するのは親の役目だし最低限のサポートする位で良いのに
何でもかんでも教師に押し付けてはそりゃ教師も人の子、心も身体も蝕まれる
学力も道徳も人としても、根本は家庭にある
教師はあくまでも他人だし、そこまでする義理も責任も本来無い
ドラマみたいに生徒を矯正する事も劇的に変える事も期待してはならない
返信1
名無しさん
元公立中学校教員です。
当時、部活動をバリバリ仕切って学校自体も引っ張っていた体育会系・生徒指導部長の先輩教員から、「俺はプライベートを削ってなんぼだ」とある時に言われました。
頑張ることが全てだと信じていた自分は、それを鵜呑みにして、体調悪くても病院に行く時間すら作らずに自分を削って頑張っていました。
保護者対応も大変だし、事務仕事も多すぎるし、生徒たちは毎日のように生徒指導案件持ってくるし、授業準備もあるし、部活動の運営もあるし、、、
あの時の自分の精一杯だったけれど、今振り返ると恐ろしいほどの仕事量でした、、、

どんどん先生方の働き方が良い方に変わっていけばいいなと思います。
返信0

verdad
日本は教師と家庭が近すぎる。親の仕事までも教師がやるから文句も親は言いやすくなる。日本の学校のやり方をかえる必要がある。学校は勉強だけを教えていればいい。日本の学校は家庭化している。
返信1
名無しさん
少なくとも義務教育である中学生まではあんだけの教育を格安で受けさせてもらってる段階で先生に文句言うな、だったら自分1人だけで教えてみやがれ。
義務教育って、子供に教育を受けさせる義務だとか言うからおかしくなる。
しつけは親の義務、最低限のコトできるようにしてから学校に行かせろ、それもやらないで先生に押し付けるな。
別に専業主婦が偉いとは思わんが、彼女達の献身を見て見ぬふりを決め込む人々はどうかしてる。
それでいて、コロナ騒ぎで 子供と一日中家にいてストレスたまりますー、会社に行けなくて給料下がりますー
なんじゃそりゃ。
こちらは学校にも社会にも迷惑かけないようちゃんと子供をしつけて、税金もサラリーマントップクラスで納めて、それでいてこれまで補助金なんかもらったことない。
あぁ、私は母子家庭出身ですが、母にはちゃんとしつけられました。
そこから頑張りました。
人のせいには絶対しません。
返信0
名無しさん
教員は、授業担当・部活は外部・生活面の指導担当(朝の会~帰りの会)など分ける方が良いかと思います。独りの教員に全て負担がかかりすぎていると思います。各、プロフェッショナルを育て子供の教育・生活面で手厚い指導を受けてほしいと思います。
返信0
名無しさん
教職をしていて自分の子どもがいるものですが、保護者と教師の意識の乖離が凄いと感じました。
保護者側は、子どもに関わる時間も余裕もなく学校には生活指導もしっかりして欲しい。
教師側は親なんだから保護者は◯◯して当たり前、生活指導は家がやるべきで学校は勉強をするところだ。
今後ますます乖離は拡大していくと思います。
家庭の格差も凄まじい。
やはり教師の人数を増やすことから始めないといけないかなと感じます
返信1
名無しさん
この調査を受けて、
何かしらの「働き方改革」に向けた
アクションを国が起こしてくれるならば
現場の教員は救われます。
でも、「先生たち、大変なんだな」って
お決まりのパターンで終わってしまうの
でしょう。
保護者対応も仕事のうちです。
だったら、勤務時間内で対応できる
システムを構築してもらいたいです。
現実は、勤務時間を過ぎて部活動指導が
終わり、その後に翌日以降の様々な準備
を始め、保護者から連絡があると場合に
よっては1時間以上対応します。
もちろんそれも子供たちのためです。
だから「4割」なのでは、と思います。
返信0
名無しさん
コミュ障害な大人が増えていると思います。
本来は保護者間で解決しないといけない問題も先生を介さないとできない保護者もいます。
いじめのような大きな問題は別として些細なことまで巻き込まれたら先生も大変だと思います。
返信0
名無しさん
教員はあくまで子どもたちに教育や社会的規範を身につけさせる仕事。保護者のクレーム対応や部活動の指導、まして子ども躾などをする仕事ではない。先生だからなんでもしてくれるでしょという価値観は明らかにおかしい。
返信0
ほたる火
子供の頃、いじめにあった。親がPTA役員をしている子供だ。学校の先生に言いつけたが先生もPTA役員には頭が上がらないようだった。
時がたち、私も教職を取るべく、教育実習に行った。授業をするのは氷山の一角、部活の顧問、山のような事務作業、父兄対応、残業。
実習は途中でやめた。教員資格を諦めた。
教室でふんぞり返る生徒に教える熱意はない。そんなガキを育てた親からのクレームなんか、まっぴらだ。先生を目指す人が、もっと熱意が持てる働き方を真剣に考えてほしいと思う。
そんな世の中だから、サラリーマン先生や、ことなかれ主義の風潮になって、クレームをつけてくる父兄に負けちゃうんです。とりあえず、すみません、てね。そりゃストレス以外のなにものでもない。
返信0
名無しさん
先生がやっている雑用を外部に委託し、先生自身が本来の授業に専念できるようにしてほしい。部活動は、外部指導員に(引退選手や定年退職者、カルチャースクールの講師等)生徒の悩み事は、スクールカウンセラーに。家庭環境の調査と家庭訪問は、スクールソーシャルワーカーさんに、一任する。生徒が暴れたり、問題を起こした時は、スクールポリスに対応をお願いする。
返信0
名無しさん
15年位前中学生だったけど、親達がこんなにも干渉している様に感じなかったな。逆に親は関わるの面倒だから学校の言うようにやりなさい位だった。部活の手伝いとかしてくれたが。
知らないとこで、ややこしい親いたのかな。。
思い通りにしたがる人が増えたのか?
自分が生徒だったら、しんどいなー。
返信0
名無しさん
親と子が友達みたいなの多いからね。
まあひどいよ。
それなりに礼儀や躾けに厳しく育てられた世代が今の親なはずなんだが、不思議で仕方ない。
今後ますますひどくなるかと思うと優秀な人間も馬鹿馬鹿しくて教員にならんわな。親が自分で自分の首しめて日本をおかしくするっていう滑稽な状態。
返信0
名無しさん
俺が学生の頃は親なんて3者面談の時にしか学校には来なかった。
今では奉仕作業や部活動に関わったり、何かと学校に出向く機会が多い。
保護者を学校行事に関わせるから口うるさい親もいるのも事実。
これじゃ気持ちの弱い先生はやってやれんわな!
返信0
pjmke
日本の歪んだ権利意識、人権教育が元凶ですね。
日本の個人の権利意識は本当に異常。
過度なクレーム、過度な要求に対しては、毅然と断れる法律などが必要。
まず、訳の分からない要求をするような保護者に対しては、逆に心療内科に入院させるなどの保護措置が必要だと思う。共産圏が行なっているような、親の矯正教育も必要。
子どもの権利条約なんてものは、悪の極み。子供が付け上がるだけ。
返信0
名無しさん
不祥事は別として、トップが腹据えて「現場のミスは責任取ってやる」という気合でやってくれないから教員はミスした時の保護者への説明責任の材料としていろんな計画事の資料作成を迫られている。これが無駄。年間で1回読むかどうかの年間指導計画の作成(行事予定表ではない)とか、学級経営案の作成とか。教育委員会に提出し、教育委員会はこれを受け取ったことで良しとして中身のチェックは行わない・・・そういう事務処理やめてくれたらどれだけ楽か。週案の提出も授業の計画というよりも「何かあった時の説明責任の材料」として捉えている教員も多い。生徒の状況を細かくびっしり書いている教員が「熱心」とされており、本来の週案の意味をなさない。殴ってよしとは言わないが、もっと伸び伸び働いてもらわないと。我々の世代だから我慢できた待遇も、今の若い教員にはつらいと思う。
返信0
名無しさん
保護者窓口の担当弁護士を置いて、先生が保護者とお話しするときは必ず弁護士も同席するとかしてよいと思います。学校の隠ぺい体質も無くなるし、保護者も無茶は言えなくなるし、先生のストレスも減ると思う。同じ保護者でも関わり合いになりたくない強烈な人っていますし、先生たちだけでどうにかしようとする時代は終わったんだよ。
学校は、最低限の勉強と集団行動を学ぶ場だと思ってます。子供に対しての細かな気配りや個々の性格に寄り添うのは保護者の役目であって先生たちの役目ではないと思う。親が出来ないことを他人である先生に押し付けてはいけない。子供に対して責任を持つのは親しかいない。
返信0

 

-ニュース ネットの声

Copyright© 出来事を考えてみよう , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。