ニュース ネットの声

新型コロナ肺炎を警告していた中国の医師死去【ネットの声:34歳で・・・眼科医で・・・何か違和感を感じる】

投稿日:

 中国メディアによると、湖北省武漢市の病院で6日夜、眼科医の李文亮氏(34)が新型コロナウイルスによる肺炎で死去した。

 李氏は昨年末、市当局が「原因不明の肺炎患者発生」を発表する前に「重症急性呼吸器症候群(SARS)の再来」をネット上で警告し、警察に一時拘束された医師の一人。

 李氏は1月12日に発熱などを訴えて診療を受けた。2月1日に新型肺炎と診断された。

 

名無しさん
なんてお気の毒に。彼の意見を真摯に聞いていたら今のパンデミックはなかった。ちゃんとした治療を受けられていたのだろうか。国に殺されたも同然じゃないか。勇気のある医師だっただけに、本当に残念だ。ご冥福をお祈りします。
返信25
異論は認めない。
正しい行いをした人が犠牲になるとは、あまりに切なすぎる。
ご冥福をお祈りいたします。
返信12
名無しさん
一時逮捕拘束された医師がこのタイミングで死亡するなんて、銃殺とかロシアのような毒物とかを“新型肺炎”と偽っているのではないだろうけど、発症患者の飛沫飛び交う中に放り込んで半ば死ぬように仕向けた可能性はあるんじゃないかな?
返信19
hvdexpr9
本当に新型肺炎で亡くなったのか疑問
初動の遅さと隠蔽体質の生き証人だっただけにね
10日で病院を建てたとかアピールした裏で
発表してる何倍もの亡骸を埋める穴を掘ってたとしても不思議で無いし・・
返信8
名無しさん
他に持病のないまだ30代の医師が重症化して亡くなるものなのかかなり疑問だな
もし一部で言われてるように今回の肺炎が政府研究施設からのウィルス漏洩なら政府に不都合な人物を人為的に感染させることも可能なんじゃないかね
返信3
名無しさん
せっかくの「貴重な警告」を政府やWHOが軽視したばかりに、世界に感染が広がったのみならず李氏の命すら奪う事に成ろうとは…家族の方々にはお悔やみ申し上げます。
返信0
あーだべると
警告しただけで拘束されるなんて怖い国。
理性ある国なら先ずは調べ、問題が無ければ医師に注意を促すだと思う。
拘束期間に拘束した側の何らかの行為により、医師の体力が著しく低下した末の死亡と言う結果では無いと良いけど。
返信1
sai*a*dekir*h*o
NHKスペシャルで、5G技術の世界制覇や一帯一路計画を見たけど
やっぱり中国は信用できない、しかもファーウェイ5G計画では”バックドア”を仕込んでいるのではないかとも言っていた。
返信8
名無しさん
適切に診断と治療がされたか検証する術がない。
ご本人が何か自身の症状記録を密かに残しているなら別だが。
本当に中共の責任は大きい。この先生一人で誰かが助かったさもしれない。いや多くの患者が助かったはずだ。
ご冥福をお祈りいたします。
返信0
名無しさん
今までが今までですから、中国当局の作為や悪意を疑いたくなりますね。
この国において不都合な真実を語るのは生命の危険を伴い、どこぞの国の左巻きの方たちの戯言とは比較になりません。
それを十分認識されていたであろうこの方の高潔な勇気を忘れてはならないでしょう。
ご冥福をお祈り申し上げます。
返信2
名無しさん
警告しただけで拘束され、
今このタイミングでその新型肺炎により死去とはどうも信じ難いのですが。
34歳という年齢もあり中国政府の陰謀がカナリ感じられるのですが。
政府に消されたんじゃないかと思うんですが。
返信1
名無しさん
体力のあるはずの、36歳という若い医師が亡くなったのは、よほど免疫力の落ちる過酷な環境におかれたか、ろくな治療もせず放置されたかでは。
お気の毒でした。
返信4
ミランダラー
昨日の「ひるおび」では、「そんなに心配いらない」、「クルーズ船に入れっぱなしとか意味ない」と言っていた。
おかしいやろ。
返信0
名無しさん
中国共産党に殺されたって言っても過言じゃないな!この医師は正しいことをした。デマだと拘束されていたけどしっかり中国政府が調べて調査もしていたらこの感染拡大を防げたって思う。正しいことをした医師のご冥福をお祈りいたします。
返信0
ハガネ君
確かアフリカのエボラウィルスの感染ルートの遮断を必死に訴えた病院の医師も、無視されたかたちで亡くなりました。小さな病院で患者を治療し、看護師さんも多数犠牲になりましたね。
その時もWHOの対処は遅かった…。無念でなりません!
返信0
名無しさん
このような優秀な医師の死に対して、
中国政府はどのように責任を取るのか。
彼の警告を無視したばかりか、拘束してしまったとは。
都合の悪いことは揉み消そうとする独裁政治の恐ろしさ。
日本も長期政権のおごりが見え隠れしているから注意が必要だ。
返信0
名無しさん
なんかきな臭くないでしょうか︎
また中国何か隠蔽やら企んでいるんではないでしょうか。
鳥→鳥インフルエンザはその後経過はどうなったのか気になりますし、またWHOの忖度による後手後手の対応だけはやめてほしいですね。
返信0
名無しさん
本当に肺炎で亡くなったのか疑問。初期の状況を知っているが故に、葬られたのではないかと…。
知ってはいけないことを知ってしまったのかも。
若いし基礎疾患などなさそうだし、医療知識もあり眼科医だから粘膜感染も予防していただろう。
とても気の毒です。
返信0
名無しさん
命に優劣は付けてはいけないという建前はあれど、中国としてはこの方を国の威信をかけてでも救うべきだったと思う。
抗HIVワクチンで回復とか、まだ色々ギャンブル的要素はあるのだろうけど、救う道はあったのではないかと思うと、この方を救わなかったことが中国の答えなのかな、と勘繰ってしまう。
返信0
名無しさん
この方がいなければもっと世間に広まらず事態は深刻化していただろう。お気の毒だ。34歳は若すぎる。
新型肺炎で亡くなっている方は高齢者や持病を持つ人がほとんどと聞いたことあるがそんなことはなさそう。若いから大丈夫だろうと思っていたが、一層規則正しい生活と手洗いうがいを徹底しようと思う。
返信0
名無しさん
武漢には生物兵器研究所があり、発生源とされる場所と30kmしか離れてない。日本のマスゴミは報道しないけどアメリカでは大々的に報道されてる。
返信0
名無しさん
あくまで噂の話ですが、武漢のウイルス研究所から誤って広まってしまったことを隠蔽するための口封じではないのか?とも思ってしまう。
市の発表前ということは、この医師が接した患者は、かなり初期の感染者なわけですし・・・。
返信0
名無しさん
発表前、中国、一時拘束。
公安に殺されたとしかおもえない。
やっぱりバイオテロなのかもね。
失敗して自国で広まってしまったのか、
西側諸国にやられたのか。。
返信0
名無しさん
彼は眼科の医者ですが、無実なデマを流したと政府に批判され、新型ウィルスの現場対応に行かせられました。眼科医なのに。
1/10日頃から症状があったのに、検体キットが渡されるのが遅く、2/1にようやく陽性と確定されました。その日に彼はウェイボーで、あと半月もすれば肺機能が正常になり退院できそうだ、と書き込んでいました。
そして6日朝10時頃から重体になっていたのに、心肺停止から3時間後にようやくecmoを使用(夜21時以降)。日中も危機的な状況なのに担当医が必要な措置を遅らせたとのことで、おそらく上層部からの指示だろうと、同病院のスタッフがウィチャットで話していました(中国語のスクショが流出、スタッフたちも怒り心中です)。
彼の両親も感染していましたが、今は退院しています。幸いなことに妻とお腹の中の子供は他の省の実家に帰省中で感染されていません。彼の子が無事に生まれ、成長して欲しいと思います。
返信1
名無しさん
34歳の体力のある男性が亡くなった事に
驚いた。
1月12日に発熱などを訴えて診療を受けて
2月1日に新型肺炎と認定されている事は
それなりに手厚い治療を受けたと思われるのに
発症から1ヶ月近く経ってから
亡くなっている事を考えると
症状が重い場合だと3~4週間後に
死亡率が格段に高くなると想像できる。
今後、中国で現在発症している2万人以上の患者が
今月末以降で亡くなる方が
大幅に増加するのではないかと
ちょっと心配になった。
返信1
名無しさん
まだ若いけど既往症があったのだろうか?説明によれば若者は死なないはずだが。パンデミックを防ぐために頑張ったのに隠蔽されてしまって…。日本も渡航禁止措置などの対策が遅いし、彼らの努力が無駄になってしまう。
返信0
名無しさん
・インドの大学でHIVの遺伝子が組み込まれていることが確認
・感染しても免疫ができず、二度目以降の感染がある
・肺炎(日和見感染?)が主症状
・抗HIV薬と抗インフルエンザ薬の併用で治療可能
以上の事実だけでも、人為的につくられたウイルスの可能性が高いのではないか?
さらに疑われているのは
・武漢市に2ヶ所の生物実験室がある
仮にもこれらを事実として踏まえると非常にマズイ。
HIVが飛沫・接触感染し、風邪レベルで簡単に蔓延していることになる。
HIVの感染初期から無症候期、発症期までを数週間で迎えるとなると、、
武漢で発生してから、1〜1ヶ月半後に爆発的な感染者を出したのも納得がいく気がする。
返信3
********
彼の意見を聞いていればこんなに流行しなかったのに。
気の毒過ぎる。
こうして対応している医療現場の医師が命を落としていく。
日本は楽観論が多いけど、英語のネットでは悲観論が多い。
日本政府、マスコミはチャイナよりだからかもね。
返信0
名無しさん
34歳。しかも医者。
疾患がある人が亡くなるのではなく、もともと疾患があって入院していた人はカウントしやすかっただけなんじゃないかな。
フィリピンで亡くなった人は44歳、香港もたしか30代。
返信0
名無しさん
死者は高齢者や持病がある人が殆どだと公表していたが嘘っぽいかも…
HIV治療薬が効くとなると健康な人でも抗体を弱める特徴がありAIDSのように死に至るとか…
WHOは武漢のウイルス研究所を調査すべきでは?
返信0
マル
ウイルスの強さや拘束によって処置が遅れた可能性も否めないが、どうしても故意に逝かされたと言う不信感が芽生えてしまう。
返信0
名無しさん
とてもショックです。
医師として、いち早く警告してくださっていたのに。
政府が、この方の警告をもみ消すのではなく、警告として真摯に受け止めて迅速な行動に移していたら、この様な事になっていなかったかもしれないのに…。
さぞかし無念だった事と思います。
ご冥福をお祈りいたします。
返信0
ros-8kagami
〉インド・ニューデリーの研究者らが投稿
新型コロナウイルス(2019-nCoV)にHIVウイルスと酷似した4つのアミノ酸残基が含まれていることを発見したとしています。抄録ではこの類似を「自然界で偶然、起こるとは考えにくい」と主張していました。
投稿後二日で撤回された論文だが、
今の時点では、人工的に作られたウィルスであると決めつけるのも、否と決めつけるのも時期尚早だと思う。
現場の医師は、武漢市の病院がパンクしかけた時に感染症の施設がある市外の病院に患者の受け入れをしてもらえないことを不思議に思っているのではないだろうか?
返信0
名無しさん
この方の正しい情報を聞き流し、拘束した結果、これだけの犠牲者を出してしまった。
本当はもっと早くコロナの存在が確認されていて、新型コロナの存在を隠蔽する為に拘束されたのでしょうか…
この方が亡くなったのが悔しくてなりません。
返信0
名無しさん
武漢ウィルス最初の感染者とされる女性が新築の病院に転送された祖王ですが
その方は一か月以上入院なさってることになります
長いですね
当初高齢者に犠牲者が多かったのは体力が無い分早く亡くなっただけの事だったのかもしれません
返信4
名無しさん
本当に、新型肺炎での死亡なのでしょうか? 信じられません。真実を知りたいです。
彼女は医師として、勇気を出し、武漢から情報発信をした方なのに。
心からお悔み申し上げます。
返信1
名無しさん
新型肺炎ではなく、中国当局の暗殺でしょ? 何をわかりきったことを。。こういう輩は、次の生物兵器実験でも同じく警告しちゃうから、先に葬っているだけだと思う。
返信0
名無しさん
持病・高齢者が死亡すると思ってたが・・
若い人が死ぬ怖いウイルスなのが良くわかった。
蔡英文総統の指揮は正しい事を証明した台湾国民の選択は正しかった。
返信0
名無しさん
勇気を出し正しいことをして
適切に提言したのこの結果は残念です
彼のような若い男性が亡くなることも
このウイルスの危険性を教えてくれました
ご冥福を祈ります
返信0
名無しさん
この医師が眼科医でありながら、感染するのは普通考えられない。おそらく眼科医でありながら熱のある患者もみて感染したのだろう。でも医師なら優先してでも診療してあげるべきでは、優先順位なんてという批判は覚悟の上でもやはり医師なら治療して回復すればまた、多くの人々を救えるだろうから。それとも、上の指示でもあったのかな。診療は公平にすべきとか。
返信1
名無しさん
このお医者さんの体験を私も読みました。具合悪くなってから20日経って、やっと検査が陽性になったんですよね。
亡くなられたなんて、とても残念です。ご冥福をお祈り致します。
返信0
名無しさん
人類全体に及ぶかもしれないような危機的状況のとき、必要なのは、嘘、隠蔽、体面、保身、イデオロギーではなく「真実」である。勇気ある声をあげ、「真実」を伝えようとしたこの若き医師に敬意を表し、ご冥福をお祈りいたします。武漢で防護服を着たまま疲れ果てて仮眠をとる医療関係者の画像にも人間として心が痛む。ほとんど人災といえるこのような災厄を招いた全体主義国家は、生まれ変わらなければならない。
返信0
名無しさん
武漢の共産党の会議開催を成功させる為、患者数を操作し、宴会が終わったとたん患者数が急増した。この間の時間のロスが今の惨状の元凶。責任者の武漢市長は粛清されるべきだね。
返信0
名無しさん
治療にあたってた医師が感染する可能性は非常に高い。しかし彼の場合は相応しい治療を受けれたのか謎。
返信0
名無しさん
今回の新型コロナウィルス、大したことないっていう話ではないの?
おそらく持病もない、若い方ですよね。
酸素マスクをつけている写真をみましたが、それほど重篤な感じしなかったのに。
ウイルスが大したことないのが嘘なのか、
彼の死の原因がウイルスだけではないのか、
釈然としませんね。
返信0
名無しさん
1月12日に症状を訴えて2月1日に新型肺炎の診断って20日以上も適切な治療されなかった??
それにまだ若いしこんな長い時間治療しても亡くなってしまうんだ。毒性弱いとは限らないのでは。
中国の体制の犠牲者だと思う。御冥福をお祈りします。
返信0
名無しさん
彼の声は正しく微博で皆に届いたと思うが、あまりに早い彼の死はこの感染力の凄まじさを表現するだけではなく、あまりに人類が無防備だと気付かせるに充分すぎる出来事です。
返信0
名無しさん
医療のプロでもか。
エイズウィルスの改造説も否定できない。
感染しないに越したことはない!
返信0
進HG
ご冥福をお祈りします。可哀想な妊娠中の妻もコロナウイルスに感染され入院中だった、本当に中国人としてこのニュースを見て信じがたい、とても残念しか言いようがない。政府当局はお亡くなられた李さんに正式に謝りと家族の面倒をきちんと見てもらいたいね。
返信0
名無しさん
重症化しちゃうと危険そうだね。
危篤になって生還した人もいたけど…

日本では感染を防ぐことはできていないけど、比較的早期に発見できてそこまで重症化する前に高度な医療を受けられているから、悪化していないのかな。

まだこれだけの人数だから手厚い治療を受けられているとも言える。
返信0

名無しさん
勇気ある告発に敬意を示します。ご冥福を。しかし、いつまで隠すつもりなのか。ある程度証拠がアメリカ等に押さえられているのに。武漢の研究所の周辺の慌ただしい動向も予行訓練も。はからずもこれで自国民を犠牲にしてデータが取れたって事か?
返信0
名無しさん
李医師は緑内障をわずらう女性患者の治療を行っていた。この女性が、新型ウイルスに感染していることは知らなかった。
眼の粘膜からもウイルス感染すると言われているが、予防策として報道されるのはマスクや手洗いばかり。
眼科やコンタクト・眼鏡屋も感染ルートになるから注意すべきだと思う。
返信0
名無しさん
大勢の患者を診察した結果、感染してしまった眼科医。まだお若いのに重症化して死亡。
複数種類のウイルス感染による重症化を疑ってしまう。
返信0
名無しさん
この肺炎て致死率は低いから怖くないとか、高齢者で持病がある人だから死亡しただけ。とか言っているけど、実際若くて有望な人も亡くなっているということはやはり恐ろしいウイルスに変わりないということですよね。
昨日のNHKのニュースでも空港内で働いていた男性が肺炎で病院に来たけど医師がこれまでの肺炎の治療で改善されないから国にコロナの検査をしてほしいと連絡しても武漢の滞在が無いから断られたと話していました。
私も気管支が弱っていて両親も高齢なので万が一を考えるとすごく心配になってきます。
返信0
名無しさん
武漢の肺炎は一つの病院で一日に70人亡くなるレベルで、医師や看護師も多数亡くなっているとのこと。毎日大変な人数が亡くなっている。
公表されている死者数は無価値です。
心ある医師の警告を真摯に受けとめ、中国はもちろんだが日本は防疫にもっと尽力した方が良い。
返信0
名無しさん
いまの中国は完全に機能不全。
習政権になって独裁化が進み、そして古老の反対意見にかれは耳を貸さない。
その結果習と個人的につながりがあるかないかで対応が全く異なってくるという最悪のパターンになっている。
武漢の州政府の書記長は習とのパイプがあまり無かったことが今回の被害拡大のもとになったとか。
この医師は完全な犠牲者である。
いまの中国は共産の意味を完全に忘れている。
こんな風にするために鄧小平は改革開放を断行したのではない。
もし彼が生きていたらなんと言うだろうか。
返信0
ONEWORLD
えっ、あの英雄と称されていた方、亡くなったのですか。ご冥福をお祈りします。
医療関係者は普通は色々な抗原に暴露されているので免疫力が強いですし、まだ34歳と若いのに…
推測ですが中国武漢周辺でしか重症患者が出ていないということは、医療レベルの問題だけでなく、強い原因微生物を持ったコウモリなどがスプレッドしているのではないかと思います。原因を退治しない限りまだ死者は増えると思います。
返信0
名無しさん
何でこんなに重症化率が違うんだろ。疲労とかそんなもんが原因とは思えない。
病院や街にウイルスが蔓延していて、感染・発症後も多数のウイルスに暴露し続けるから重症化していってるんじゃないのか。
いっそ病院じゃなく風通しのいい高層マンションに隔離していけば勝手に治る人も増えるんじゃないのだろうか。
返信0
名無しさん
やはりコロナウイルスは軽視できない。変異するんでしょ。いくら持病がなくても過労で体力なければ重症化するおそれもある若者は大丈夫とは言い切れないのでは。
返信0
田嶋春
34歳の若さで死亡とは…一時拘束されたことで治療のタイミングを逃して悪化してしまったんだろうか。中国政府は猛反省してほしい。
今になると『感染しても軽症が多く鼻風邪程度』と言われているけど、ウィルスが人に感染しながら弱くなっているというか人と共存できるように変異しているってことなのかな。
返信0
名無しさん
致死率が一桁前半の疾患で、老人などの抵抗力が低い人が中心に亡くなっている中で、34歳の若さで、食べ物にも一応困らない収入の眼科医師が亡くなる確率はかなり低いと思われる。偶然なのか否かと問われれば、中国の特性を考えると自ずと真実が見えてくる。
返信0
名無しさん
いち早くこの危険を察知して警鐘を鳴らしてくれようとしたのに。。気の毒で仕方ない。
しかもまだ若い。志半ばで…。元々持病のない健康な若い人は死に至らないんじゃなかったの?
このお医者さんに何があったんだろうか。。
ちゃんとこの人の声に素直に耳を傾けていれば良かったのに。
返信0
名無しさん
酷い話だよ・・・この方の死に政府側の意図が働いてなかったか勘ぐってしまう。ご両親はご無事なんだろうか。無事だったとしても息子の悲報を聞かされることを考えると胸が痛む・・・。
返信0
Haru
他のソースでは、まだ彼は生きているとのこと。何度か心停止したが蘇生措置により息を吹き返しているらしい。回復に向かうことを祈ります。
返信0
kawa
医師なら死ぬまでキチンとした予防と感染後発症しても治療を受けなかったのか?となる。もうダメな状態の時に釈放されたのではないでしょ⁈。となり、そのところが分からないので、何とも言えません。記事ならもう少し書いて欲しい。読者の想像にお任せか?となるからね。
返信0
名無しさん
若く優秀な医師が亡くなった。
習近平はどう責任を取るのだ?
それから国境なき医師団は中国へ入っているのだろうかと気になる。
何らかの発言があっていいはずだ。
国連人権委員会も習近平に対し、責任を問うたらどうだ。
まさかWHOと同様、共産党の下部組織ではあるまい。
返信0
通りすがり
ご冥福をお祈りいたします。
それにしても死因については、額面通り受け取れないですね。
若年層で悪化するケースが少ないし、
SARS再来の早期発信が中共政府のメンツを潰して都合が悪かったとも…
真相は闇…
返信0
名無しさん
1月29日のニュースでこの8人を再教育したとのこと。2月3日にウェィボーで李文亮が警察に提出した反省文をのせた。闇を感じますね。まさかとは思うけど。
返信0
名無しさん
パンデミックですらないのに、パンデミックと言う人が多いな。
スペイン風邪みたいなのが来れば、あれこそパンデミックだけど。
今はまだ、世界的な流行にはなって居ない。
当局に消されたとしても、何ら不自然さを感じない。
フェイク動画だろうけど、中国と思しき国で治療を担当する様な保健担当の職員が、自動小銃片手に街を散策しているのが先週だったかな?
英語のタイトルで出てたので見たけど、あり得んのを装備した職員って感じで、感染者を殺しまわっているんじゃないかと言う感じだった。
後は、実際の死者数は万単位で、感染者数は10万人をとっくに超えて100万人単位だったとか。かの地でも、色んな方法で楽しみを見出して難局を乗り越えようとしている感じだった。
何で別の病気の抗薬が効くんだろう。
発言訂正しちゃってるけど、操作で組み込んで出来たウィルスだとか言ってたな。
返信0
gnuman@cars
34才という若さ
しかも新型ウイルスの治療に当たるとも思えない眼科医という職
なんか不思議
返信1
名無しさん
え、34歳なんていう若さで亡くなるって不自然じゃないですか?だって新型コロナはお年寄り以外重症化しにくいんじゃないの??無念でしょうね…。この方の言う事を中国が信じていれば多くの命を救えたかもしれないのに…。亡くなってもこの方がした警告の意味の重さは無くなりません。ありがとうございました。
返信0
桜を見る会@税金私物化クズ政権@忘れない
これが事実であるならば、新型肺炎は日本が報道しているような、楽観できるものではないと思うのですが。
返信0
名無しさん
え、えーっ!?亡くなったんですか。
本当にお気の毒です。
この方の警告を無視するどころか、彼を犯罪扱いした中国のせいで、世界が危険に晒されてしまいました。中国のやり方、許せません。
ところで、この眼科医師方の情報見ましたが、緑内障のコロナ陽性患者と接触した後、1月10日頃咳、翌日発熱、その後入院。何度検査しても陰性で、1月30日頃やっと陽性となったらしいです。
ということは、潜伏期間相当長くないですか??
20日以上ある…。
最長でも14日というWHOの情報怪しく思います。
ましてや、日本は10日の隔離でいいとかいってるし…。怖すぎます。
返信0
名無しさん
ネットがなかったら、完全に隠蔽されていた話。世界中が大迷惑。もしこれが、どなたかが書いている通り、生物研究所関連の人為的なものなら、大問題だ。
返信0
kigheruooo
この病気で完治した人の経緯を発表してほしいよね
どれくらい健康なら完治しやすいのか
医療レベルも国によって違うし
怖いって思ってるだけじゃ駄目だろ
返信0
あああ
身を挺してパンデミックのリスクを訴えた方が犯罪者扱いされ、まだ34歳だったのに病魔によりはや亡くなったのは残念だし衝撃ですね。
これを期に天安門事件のような民主化運動につながるかもしれませんね。
返信0
名無しさん
中国当局が始めからこの医師の警告を真摯に受け止めていたら
パンデミックに落ち入らなかったと思う
当局は大いに反省すべきだと思う。ご冥福をお祈りします。
返信0
名無しさん
ショックです。最初に新型コロナウィルスを警告していたお医者さんが亡くなるなんて。国に無理やり拘束されていなければ、このような結果にならなかったのではと疑わずにはいられません。ご冥福をお祈りします。
返信0
名無しさん
持病を持っている高齢者だけが重症になるだけで、若者は軽い症状でおさまるんじゃなかったのか。
やはり日本国内の患者さんの様子だけが信用できるのかも。
返信0
名無しさん
ご冥福をお祈りします。
隔離だけして治療していなかったのでは?
突貫工事で病院って、鉄格子のついたプレハブつなげただけでは?
あって欲しくないことがあれやこれや思い浮かんで嫌になる。
都合の悪いことは穴掘って埋めるんだもの。

 

-ニュース ネットの声

Copyright© 出来事を考えてみよう , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。