ニュース ネットの声

犬がエリザベスカラーを嫌がる理由と対処法【ネットの声:エリザベスウエアの方がいいと思うけど・・・】

投稿日:

首元にアンテナのようなカバーをつけている犬を見たことはありませんか? これは「エリザベスカラー」といい、手術や治療をした後に一時的につけるものです。今回は、エリザベスカラーの役割や嫌がる犬が多い理由、嫌がるときの対応策についてご紹介します。

エリザベスカラーの役割とは?愛犬が嫌がるときの理由と対処法

エリザベスカラーの役割とは

動物病院で手術後やケガの治療後などに、犬の首もとに装着される「エリザベスカラー」。これは、犬が患部を気にして噛んだりなめたり、足で引っ掻いたりするのを防ぐための保護器具で、一時的に装着する場合が多いです。このほかにも、皮膚疾患や結膜炎などの眼科疾患を悪化させないために装着するケースもあります。

関連記事:犬が自分を舐める理由はなに?急に舐め始めるのはどうして?

エリザベスカラーの役割とは?愛犬が嫌がるときの理由と対処法

エリザベスカラーを嫌がる理由とは

実はこのエリザベスカラー、嫌がる犬が多いといわれています。では、どうして犬はエリザベスカラーを嫌がってしまうのでしょうか。

情報収集の妨げになるから

犬は、目や鼻、耳、足の裏など五感を使って情報収集しながら生活する動物です。エリザベスカラーをつけていると、音が反響して周りは見えにくく、ニオイも嗅げなくなるため、情報収集が満足にできずストレスを感じやすくなってしまいます。

行動しづらくなるから

エリザベスカラーは「ベル型」と呼ばれるアンテナのような形が主流です。しかし、これは犬の顔よりも大きな径で幅が広いため、犬がいつも通りに生活していても壁や家具などにぶつかったり、いつもは通れる場所も通れなかったりと、行動に制限がかかってしまいます。自分がもし、首にアンテナのようなカバーをつけて生活をしなければならなくなったら…こう考えると、嫌がる犬の気持ちも理解できるでしょう。とはいえ、患部を守り、症状を悪化させないためにもエリザベスカラーは欠かせません。そこで飼い主さんは、愛犬がエリザベスカラーを嫌がった際に、うまく対処してあげる必要があります。

エリザベスカラーの役割とは?愛犬が嫌がるときの理由と対処法

エリザベスカラーを嫌がるときの対処法

ストレス軽減設計のものを使う

最近では、エリザベスカラーを嫌がる犬のために、ストレス軽減設計のものが販売されています。たとえば、主流の「ベル型」でも、ぶつかったときに大きな音が出て犬が驚かないように、柔らかい布やスポンジ素材を使ったものや、視界を遮ることなく周りの様子を判断できる「ドーナツ型」などがあります。

ただし、これらは犬のストレスが軽減される一方で、従来の「ベル型」に比べ、患部に届きやすくなってしまうものもあるといわれています。

人の目が届くときは外してあげる

そもそも、犬が患部をなめたり噛んだり、足で掻いたりしなければエリザベスカラーをつける必要はありません。そのため、常に誰かが犬の様子を見ていられるときや、犬が散歩や食事など、ほかのことに集中しているときは、エリザベスカラーを外してあげるのも一つの手です。

行動範囲にある障害物を取り除く

エリザベスカラーをつけていると、家具や壁などの障害物にぶつかりやすくなります。そこで、犬の行動範囲内にあるぶつかりそうなものをよける、散歩は広い道を選ぶなど、飼い主さんが配慮してあげることも大切です。愛犬がエリザベスカラーを嫌がるからと、飼い主さんの自己判断で外してしまうのは、治療が長引いたり症状が悪化したりするおそれがあり、結果的に愛犬のためにはなりません。今回ご紹介した方法などを参考に、愛犬の性格や状況に合わせた柔軟な対応を取ってストレスを軽減させてあげてくださいね。

出典元・映像元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190811-00010049-inumag-life&p=2

このニュースに対するネットの声は次のとおりです。

 

名無しさん
エリザベスカラーに何度かお世話になりました。
うちの子は、顔のエラ部分の皮膚が弱くなってて、季節の変わり目とかに後肢で引っ掻いて出血までしてしまって、引っ掻き防止に。
装着当初はあっちこっちにぶつかってビクビクしてましたが、2〜3日で慣れて自由自在に走ってましたし、ぶつかっても「あぁ、コレかー」って動じなくなりました。
スヌードで覆えば、、、と試してみましたが、器用に脱いじゃってダメでした。
ソフトな素材のカラーも最近はあるんですね。
次回は主治医に相談してみようかな。
名無しさん
犬はすぐに慣れる。
人間が可哀相という理由ですぐに諦めるから犬も慣れる時間が無い。
理由があって付けないといけないのに、外してしまっては不自由で可哀相なだけだったものが悪化してより可哀相な事になる。
名無しさん
絶対に、エリザベスウェアがいいと思います。以前は、幼児用の腹巻きを調整してはかせていましたが、ネットで探してウェアにしました。
○△□
丁度我が家のダックスはエリザベス装着中です。
名無しさん
我が家は猫ですがエリザベスカラーは毛づくろいも出来ずご飯もうまく食べられずストレスになったので、エリザベスウエアーにしました。通販でぴったりのサイズを購入して抜糸まで快適に暮らしました。
j
今はストレスの元になるエリザベスカラーなんかより、ずっと快適なエリザベスウエアがあるのに言及がないなんて。
名無しさん
エリザベスウェアというものができたのに…。
名無しさん
避妊手術の時にはエリザベスウェアとマナーベルトにお世話になりました。
名無しさん
胴部の保護なら、絶対に術後着がいい。人間の赤ちゃんのロンパースのような服。
この春、愛犬が大手術を受け、腹部全体に傷ができたが、医師は「直接舐めなければいい」とエリザベスカラーでなく術後着にしてくれた。自分でも洗い替えに3着買ったが、本当に術後着にしてよかったと思っている。
背中開きで脱ぎ着させやすく、とても伸縮性のある生地でどこにも締め付けがないがぴたっと全身に沿う。洗濯後も乾きが速い。
ネットでいろいろ売っているので、探すといいと思う。
結局、傷が完全にふさがるまで2ヶ月半。これだけの長期、エリザベスカラーをつけ続けるなんて考えられない。ただでさえ治癒に体力が要るのに、寝るにも寝にくいし、ストレスで治る傷も治りが悪くなってしまう。
エリザベスカラーが当たり前ではない。病院側も飼い主も、他にもっといい手段はないのか、犬のためにちゃんと考えることが大事。

 

-ニュース ネットの声

Copyright© 出来事を考えてみよう , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。