ニュース ネットの声

イランが主張撤回 ウクライナ機の撃墜を認める【ネットの声:認めて哀悼の意を表したことは評価できる】

投稿日:

イランが撃墜認める、主張撤回 ウクライナ機「人的ミス」

 イラン軍は11日、首都テヘランで8日に墜落したウクライナ機は軍が誤って撃墜したものだと認める発表を行いました。

 イラン軍はこの発表の中で、人的ミスが発生して撃墜したものだと強調して、決して故意ではないとのころでした。

 イランが、国防に関わる主張を撤回し謝罪するのは極めて異例であることから、客観的で明確な証拠が存在していて「事故」との主張を維持できないと判断したものと考えられています。

【関連記事】ホルムズ海峡を運行中のタンカー2隻に攻撃 日本関係の貨物【ネットの声:安倍総理がイラン訪問中なのにどうなっているの?】
このニュースに対するネットの声は次のとおりです。
出典元・映像元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00000070-kyodonews-int

名無しさん
イランは漸く事実を認めたか……。
元陸上自衛隊高射特火将校の知人は撃墜されたとされる機体の映像を視て
「視聴出来る情報の範囲だとミサイルによる損傷にしか……」
と、言葉を選びながらもミサイル説を支持していた。
現役時代、複数回アメリカへ実弾訓練に行っていたベテランの生の話は信憑性が高く感じられた。
返信0
名無しさん
イランが民間機の撃墜を認めたのは、客観的な証拠が多数あって言い逃れできない状況というのもあるだろうけど、米国との対立が先鋭化する中、国際社会を敵に回して孤立したくないという政治的な思惑も強いと思う。
それともう一つ。米国が自軍の基地を攻撃したイランに対して軍事報復を行わなかった事で、なんとか両国が対話で問題を解決できる状況が保たれてるから、状況を悪化させて対話の道を閉ざしたくないんじゃないだろうか。つまり、イランは米国と対話での問題解決の道を残しておきたいんじゃないだろうか…と思いたい。
いずれにせよ、イランが旅客機撃墜を認めたのは対米関係と繋がってるんじゃないかと、何となく思う。もし米国とイランが対話を模索してるなら、日本は両国とも友好国なんだから、何かできないだろうか。
返信0
名無しさん
さすがに撃墜直後の映像があれだけ流れたら、否定するメリットが無いと見たか。幸いアメリカもこの件を利用する気は無さそうだし、この保証込みで一段落かなぁ。
問題は責任を誰に押し付けるかと、イラン国民の感情がどう変化していくかくらいかな……
返信0
名無しさん
イランはよく認めたことだ。普通我が国の隣にいる某国は自己の主張を押し通すだけで過ちを認めようともしないのにイランは正直に認めた。この点が全く違う。確かに誤認で撃墜をしてしまったのはイランに責任があるが紛争中だったので米国にも責任があると思う。このようなことにならないためにも紛争中は民間機の飛行を禁止するべきだ。今後民間機が誤って撃墜されるようなことがあってはならない。戦争中もしくは戦争に準ずる態勢になったら航空各社も飛行を自粛する対応も必要だ。今回の事故も紛争中だったのに飛行するとは危険極まりないことなのに飛行したとは異常だと思う。航空会社は何を考えていたのかと思う。乗客の安全の為に飛行を自粛するべきだった。イランも民間機の飛行を禁止にするなど、何故対策をしなかったのか!認識が甘すぎると思う。戦争で民間人が犠牲になることは極力避ける必要がある。そのような認識が軍や政府には必要だ。
返信0
名無しさん
最初否定していたのにでっち上げと言わずに認めたという事は「こっち」サイドの責任じゃないって事ね。
指示ミスと言うより「あっち」サイドの恣意的攻撃だから「人的ミス」なんだろうね。トランプも目立った声明を出そうとしないしイラン政府の主流側の責任じゃない事は理解した。また、認めた事によってますますイラン政府内が一枚岩じゃない事まで理解したよ。
返信0
名無しさん
トランプ大統領の言った通り、撃墜はイラン側の誤射によるものだったとイランが正しく過ちを認めたことは評価できる。今後の犠牲者、遺族へのイランの対応次第で国際世論がうかなり左右されているかもしれない。イラン政府による犠牲者、遺族への手厚い賠償を期待したい。
返信0
名無しさん
「破片撤去、証拠保全せず」のニュースを見て、認めないんだろうなと思っていました。ちゃんと調査して、認めたんですね。亡くなられた方は本当に無念ですし、許されないことですが、それでもこの対応のほうが救われると思います。
関係が悪化しているこの状況でもきちんと調査をして、イラン国民、犠牲者の遺族に謝罪の意を表明したことは大いに評価すべきことだと思います。
これをきっかけに、関係が改善されるとよいのですが。
返信0
名無しさん
交戦規則を意に介さない「革命防衛隊」の輩連中による暴走だな。
正規軍だったら、しっかり教育を受け、統制が取れているから
無確認、無警告撃墜はしない。
以前、ペルシャ湾でアメリカ駆逐艦によるイラン旅客撃墜とはまったく違う。
その場合は、危険海域で航路逸脱をして向かってきた旅客機に定められた周波数などでの問いかけや警告を
イラン側旅客機側のパイロットが怠慢で見逃した結果だった。
今回は、首都テヘランの空港を離陸したウクライナ機を『無警告』でいきなり撃墜した。
返信1
名無しさん
ウクライナやカナダを敵に回したくない。
イランは世界からの制裁が怖い。アメリカもこれ以上危険な事はしたくない。しばらくは沈静化に向かうしかない。
次は北に向かうのかも注目。調子に乗ると北に向かう。またロシアが漁夫の利からイランに武器や核開発を協力する。ロシアは叩いておく必要がある。
返信0
名無しさん
このような被害が出てしまったことはとても残念。米軍基地に向けてミサイルを攻撃した時、予めそのことを通告をしていたとはいえ、イラン軍は極度に米軍の報復を恐れていたのだろう。しかし報復を想定していたにもかかわらずあのように民間機を飛ばしていたというのはかなりの違和感を抱く。イランでは国家安全保障のような包括的な危機管理体制がほとんど整備されていないことの証になってしまうのではないか。あと、当時ウクライナの飛行機以外の民間機も予定を変えずに飛んでいたのだろうか。米軍機が出動するような報復行為があった場合、さらに恐ろしい結果になっていた。
返信0
名無しさん
誤射を認めるのは当然として、それだけの緊張状態ではあっても無関係の民間人を巻き込んだことによるマイナスは大きすぎる。
謝れば済む話ではないレベルのできことではある。
返信0
名無しさん
一見イランが窮地に立ったように見えるが、革命防衛隊の暴走を鎮静化させるには好都合だったんじゃないかな。彼らにも今すぐこれ以上軍事行動を拡大させることは国際的な賛同を得にくいと感じるだろう。犠牲者数から言ってもイランの非の方が大きいからね。まさか故意とは考えにくいけど。
返信0
名無しさん
不当に侵略してくる国がなければ、このような誤射も悲劇もなかった。
イランからすればそう言うことだね。
しかし、イランは自己の非を認めたのだからそれでよろしい。
これからはそういう侵略してくる国との向き合い方や、国交という概念をあらためたらいい。日本もそう言う時代になったと思う。
返信0
名無しさん
報復とは言いながら戦争状態は怖いですね、誤認とはいえど民間機をミサイルで撃墜するとは
許されない行動です、謝罪ではすむ問題ではないから、国と国の問題なので一朝一夕に解決は話し合はできないでしょうが、やはりこのような悲惨な事件が起きないためにも双方の首長が心から解決の道を探すのが大事なのでは、関係のない民間人を巻き添えで犠牲にしないためにも
返信0
股金塔主席
誰もが思ってた通り。
後は民間機撃墜開き直り傲慢国家のロシアに懲罰を加えれば一件落着になると思う。
一旦は内部で隠蔽派と実直派で混乱してたんだろうけど、コレを見て分かる通り
イランは北朝鮮やロシアより話し合えると分かったところで、
米国は核合意破棄以前の前提に立ち返ってもう一度
イランとの関係に取り組むべきで、
そうしたらアメの利益にも世界の利益にもなって、
トランプも得するだろ。
返信0
名無しさん
不幸にして、撃墜された飛行機の乗客乗員は、戻ってはこない。しかし、イランは、早い段階で自国軍の過ちを認めたことは、大いに評価されるべきことだと思う。悪く言えば、もう言い逃れはできないと、腹をくくったのかも知れない。それでも、良識ある対応をしたことは、私は素晴らしいことだと感じた。
そもそも、紛争地帯である中東地域では安全な場所などない。飛行機に乗るのも、命がけだろう。それでも乗らなければならない人たちがいる。
この撃墜の現実は、悲しむべきことではあるが、早く中東地域の紛争がなくなることを望む。
返信0
名無しさん
とは思ってましたが、
人為的なミスではなく、意図的な可能性も感じます。ウクライナ航空に自国民が乗ってることは自明の犠牲者と考えたのでは。不特定多数の民間欧米人を標的にし、さらに言えば、アメリカ人が搭乗していないことを把握した可能性すらあります。最初は機体トラブルといい、次に人為的ミスと言えば追求は済むからです。
アメリカが無人機を飛ばす合理性はなかったはず。
返信0
名無しさん
今ニュースでみたが、認めて哀悼の意を表したことは評価できる。しかし続けて、アメリカ軍の緊張から事故が起きた。などと発言すべきではなかったと思う。乗客には各国の人々がいる。要らん一言が仇にならなければいいが。
むしろ、革命軍の動きを自制させ、争いを早期に終わらせたいなどと発言すべきだった。
イランは矛を収める判断をしてほしい。
返信0
名無しさん
認めた事は評価出来ます。さて、これから防衛システムの改善。そして保証できるものではないけど、保証問題などあらゆる面で良くなっていく。素晴らしい国になっていく事を望みますし、期待します
返信0
名無しさん
遺族は本当に気の毒。戦争って何百年経っても結局、罪の無い市民が犠牲になるんだよな。レシプロのボーイングB-29から70年が経ちB737NGなりMAXなり進化しても、人間に悪意があれば、技術革新に意味は無い。
お花畑でもいい。とにかく、これ以上の無駄な争いせずに、知性で技術や経済を発展させてほしい。量子コンピュータやらAIは良いけど、人間の頭と心には敵わないはず。
日本でも撃墜だ整備ミスだと騒がれたまま真相が謎の事故がある。自分は報告書通りの整備ミスだと信じたい。過去を学び未来を変えられるから。やはり、ミサイルなら残骸に痕跡が残って隠せないと思うんだけどな。
返信0
名無しさん
認めるだけまだマシだ。
我が国の隣には、未だに日本機が威嚇してきたと言い張ってる断交したい団体がいるからな…
返信221
名無しさん
あの映像残ってれば、否めないよな。
当初は撃墜否定してたけど、素直に認めない国が多い中、事故から3日目で素直に認めた事は評価すべきですね。あとはどう責任を取るのか今後の政策に期待したい。
返信144
シュウ
良く認めた…素直に驚きました。
国際問題に発展するだろう。
返信104
Hayabusa360km
日本の近くのとある国はレーダー照射認めませんからね。
イランの方がよっぽどまともって事。
返信41
名無しさん
イランの軍事力は、国際的に上位だが、民間機を誤射してしまう程度の精度だと知らしめた。
ただ、これは誤射では済まされない問題。
返信40
名無しさん
やっぱりか…。
旅客機には当たり前だがイラン人の他に世界各国の人々が約半数を占めて乗っていたので更に最悪の展開。
イランはこの後どう出る気なのだろう。
他国の遺族の人達は気の毒過ぎます…
各国への早急な謝罪と対応が求められます。
返信22
名無しさん
結果的にイラン側が一般の方を巻き込む形に
なってしまいましたね、、
今回の問題は誰が正義なのかわからないけれど
これ以上一般の方に被害が広がらないことを願います。
少なくとも武力による応戦はもうこれでやめてほしい。命を落とされた皆様のご冥福をお祈りいたします。
返信11
名無しさん
イランへの風当たりが強くなっても仕方ない状況になってしまいましたね。
これがアメリカ軍機だったとしたらと考えると、、、もう明確な交戦宣言。
原油価格への影響を懸念します。
返信44
名無しさん
認めたところで、亡くなった人達は帰ってこないけれど、少しでも無念を晴らせたらいいなと思う。
返信4
名無しさん
戦時的脅威での、誤攻撃ですね。
この状況では、自国内上空の飛行禁止処置にするべきでした。
関連国、航空機会社等の非難、補償等の問題に対応せざるを得ないでしょう。
返信5
名無しさん
自国が撃墜したと政府として発表したイラン政府は、その事実は残念であるが国家としての自覚や責任を感じます。
かたや極東アジアの半島にある某国家は、火器管制レーダー照射という敵対行為を行なったにも関わらず相手の軍用機が低空飛行で威嚇したからという虚偽の弁明をして無能を晒しました。
イランのウクライナ機撃墜は残念でありますが、認めた事は国家としての矜持を感じます。
返信2
名無しさん
ここまで客観的な証拠が明らかになっている以上、認めて謝罪した方が得策と判断したのでしょう。トランプですら助け船を出していたのだから。補償をどうするのかが今後のポイント。
返信0
名無しさん
こりゃまた荒れるなぁ…
素直に誤射を認めた事だけは評価出来るけど、イランの世界的な立場は更に苦しい物になったね。
日本の外交も難しい舵取りを求められますね。
返信0
名無しさん
イラン側がもう少しごねると思ったけど、決定的な証拠もかなりでたのかな?
イランが攻撃受け、被害国面してたけど、これが、きっかけで立場が厳しくなりそう
返信2
名無しさん
グズグズにごねた挙げ句逃げれなくなって、「撃墜だった」と言うよりも
撃墜した事実を三日で認めたのは軍事衝突を避けたいと言うイランの意志の表れだと思います。
認めたからと言って撃墜した事実は変わらず、亡くなった人々が戻って来る訳ではありませんから、この様な悲劇が繰り返されぬように、全世界の人々が軍事兵器の恐ろしさを忘れてはならないと思います。
返信1
名無しさん
イランの防衛システムはロシア製ですよね。
北朝鮮が同じロシア製を使っている可能性もあり、日本の民間機も気をつけないと。
政府は調査してるのかな?
返信3
名無しさん
スティンガーミサイルであれば歩兵でも旅客機を撃墜できる。アメリカ軍基地に弾道ミサイルを撃ちこんだ後のイラン軍は当然、報復攻撃に備えていた筈で、そこに運悪くウクライナ旅客機が飛来してきたものだからビビったイラン兵が先制攻撃とばかりにミサイルを発射したのではないか?
返信8
名無しさん
素直でびっくり。
国際政治の世界で、意地を張らないのはとても珍しいし、それ自体は素晴らしいことですね。Kとは大違い。
亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。
返信4
^^
こういう危険地帯を飛行する飛行機は世界の航空路線にどれくらいあるのだろうか?
それがわかっていればその路線を利用しないのも一つの手段ですね。
返信3
名無しさん
30年前にアメリカのイージス艦がイラン航空機を誤射で撃墜したことがあった
今回撃墜されたのはアメリカ機ではないが立場が逆転してしまったのか
返信4
JYOちゃん
このような軍の操作ミスから戦争が勃発する可能性があるのでこれからの動向が気になります それにしても今までのイランの対応はマズかったかなと思います。
返信0
名無しさん
撃墜時の映像が残っていること、
撃墜現場にロシア製のミサイルの残骸が残っていたこと、
その残骸を跡形もなく回収したことなど
シラを切りとおすには限界があると判断したんだろうね。
返信0
名無しさん
この事を教訓に戦争が無くなればいいのに。
でないと、亡くなった人達が気の毒すぎる…。
返信1
名無しさん
最初から認めたらいいものを・・・。わざとらしくエンジントラブルだとか。あとから免れない映像出されたもんだからもう逃げれなくなったんだね。映像があってよかったよ。なければずっと撃墜を認めなかったかも。
普通に飛行機に乗っていた人たち。いきなりミサイルで撃墜され、わけがわからないまま亡くなっただろう・・・。搭乗していた方のご家族はまさか自分の大切な人がミサイルで殺されるとは思ってもいなかったはず。どうやってご家族に説明できるの?大量殺人でしょこれ。
返信0
名無しさん
ロシア製だったからウクライナ機を敵と認識したのではないかって誰か言ってたな。
とりあえず泥仕合は避けられたけど、大変なことだ。被害者や遺族にとっては原因なんか問題ではない。
返信1
ネコ命!
ヴィンセンスの時、アメリカは色々とやりましたが、今回は国家として事実を認めた事だけは評価していいと思います。
あ、ソ連=ロシアに関しては、まだ何かを隠していると確信しています。
返信0
アングリー庶民
あれだけ証拠があるとね。
まあもっとも、あれだけ証拠があっても認めそうにない国が日本のお隣にはありますけどね。
何にしても多くの命が失われたのは動かない事実。
取り返せるものでも、フォローできるものでもないけど、ご遺族の方の気持ちが少しでも救われることをお祈りします。
返信1
名無しさん
まあアメリカ軍も過去にイラン旅客機と撃墜してますし
ウクライナでも民間機が撃墜されていますからね
これでイランが委縮してくれればこのまま終息してくれないかあ。
イラン機が撃墜されても国際問題には発展もしなかったですよ。
アメリカはしないけどイランにはさせるんですかね。
返信1
名無しさん
通常民間機は、民間機用の信号を発信していてレーダーで分かるようになっていると思うが、単純な人的ミスなのかどうか疑念が残る。
イランの防空システムが不具合だったのか、本当にシステムを扱う戦闘員が誤認したのか詳しいことは発表しないと思う。
イランの空は民間機にとって安全ではない。
返信0
名無しさん
国営イラン放送によると、イラン軍は11日、首都テヘランで墜落したウクライナ機について、軍が誤って撃墜したとの声明を発表した。撃墜ではないとしていた主張を撤回した。
→もっと初期の段階から、真実の確認と真実が判明した段階で国としてのコメントをすべき。
最初から事実の確認もしないで自己弁護や他のせいにするのは国としての信用失墜になる。
証拠保全をきちんとして、他国や関係者も含めて真実に基づいた調査等をし責任所在等を明確にしてもらいたい。
今後、同様な事が起きないような国際ルールや対策等をしてもらいたい。
返信2
名無しさん
あの映像を見たら言い訳もできないでしょう。
今回、トランプが暴走して司令官を殺害したかのようになっているが、
そもそもはイランが一年間アメリカを挑発し続けてきた結果であり、
アメリカ民間人が死亡した事件が契機となっている。
そこにきて民間機の撃墜はありえない。
どう責任を取るつもりなのか?自分たちがけしかけた戦争をどう終わ
らせるのか?
白旗上げて核開発を放棄する以外に道はないと思うが…。
返信1
sica****
戦争はこの様な悲劇が本来の目的から外れて高確率でついて回るものなので可能な限り回避するべきものだと個人的には感じます。主張の撤回を経ての声明ではあるけれど真実に触れたという意味では一定の評価をしたいと思います。
返信0
名無しさん
アメリカが偵察衛星の写真やデータをイランに突きつけたんだろうな。トランプが墜落事故についてイランを名指ししなかったけど、裏ではイランに証拠を突きつけ自主的認める猶予を与えたんだと思う
返信0
名無しさん
始めからきちんと謝っていればまだ良かったのに・・・。
これで国際社会のイランに対する非難拡大は明らか。経済制裁にも表立って文句は言えない。
結果的にアメリカのイラン軍司令官殺害も「正解」という結果に・・・。(何の罪もない民間人をイラン軍が殺害してしまったのですからね・・・。)
記者会見した、イランの閣僚大臣は責任をとらなきゃダメでしょう。
「自信を持って、ミサイルで撃墜をしていないと断言できる。」と言ってましたからね・・・。
亡くなった方たちや航空会社、そして関係国への謝罪など、取り返しのつかない事態になってしまいました。
返信0
名無しさん
なんか基本的に勘違いしてる人多いけどこのウクライナ機はイランのテヘラン空港から飛び立ったもの(イラン側が間違いなく飛行許可してる)でウクライナ側には何一つ落ち度がない だからアメリカとか関係なしにウクライナが国際問題にしないとは思えないんですが
返信0
名無しさん
認めたのは評価するが、「人的ミスでした、ごめんなさい。」で済む話ではない。亡くなった人達や関係者にどういう誠意のある対応をするのか、良く見ていきたい。
返信1
名無しさん
高度情報化社会の功の部分が出ましたね。衛星監視もしてる、スマホで動画も撮られてSNSに上げられる、各国の指導者から疑いの目が向けられてることを世界中の一般人がネットニュース知る。一昔前なら証拠隠滅で最後まで否定しただろうに。ツイッターでイランとアメリカの指導者が本音のやりとりをして着地点を考えてる。一昔前ならお互いの疑心暗鬼から悲惨な結果を招いた可能性もあるだろうに。
すごい時代になったものだ。
返信0
名無しさん
これで軍事的なことは避けれる。
認めていなければ、本当の意味で中東で戦争が起こっていただろう。
トランプさんは渋るだろけど、カナダ、それに続くイギリスほか、アメリカ主導ではない完全な国際組織を相手に戦争は世論的にみても、イランの敗北が決まったような感じだしね。
これからが本当の意味での中東の正念場という感じかな。
返信0
名無しさん
いちばん気の毒なのは、乗ってた乗客やね。アメリカとイランの政治的な駆け引きのとばっちりを受ける形で命を落とすとは。。。暗殺がなければ報復もなかっただろうし、こんな危険な状況下で飛行機に乗る予定ではなかったかもしれない。
年末年始、何かと中東付近は慌ただしいですね。
返信0
名無しさん
日本のお隣さんよりはマシ。
しっかり認めたからね。
隣は認めることすらせず逆ギレ国家。
今後の対応次第で良くも悪くもなる。
まずは亡くなられた犠牲者の皆さんに誠意を尽くしてなぜ誤発車したのか、誰の指示だったのかなど含めて原因究明をしてもらいたいです。
返信0
波hey
隠し続けても今のご時世すぐに暴かれるしずっと国家での隠蔽と言われ続けられることは目に見えていたからな
認めたとしてもそれを良しとすることはないだろ
隠していた事実は変わらないし
第一亡くなった人は絶対に戻ってこないのだから
返信0
名無しさん
でしょうね。撃墜は許される事ではないし、イランを擁護する気もないが、よく正直に公表して撃墜を認めたと思う。お隣さんは実害も無かったレーダー照射すら認めない。ある種、イランより始末が悪い。
返信0
福来る令和
多くのコメント投稿者が映像を見て当初から誤射と予想されていましたが、早々に認めましたね。
この時期に旅客機を飛ばすこと自体がリスクだと思います。
民間機であろうが関係ないです。
戦闘とはそんなものですね。仮に北の試験発射しているミサイルが日本へ落ちても、誤射で済まされるかわかりませんが怖いですね。
返信0
名無しさん
きちんと認めたことはとても意味のあることだと思います。
イランの正義を見た感じがします。
犠牲になられた方々への追悼をすることしか、現時点ではできないかもしれませんが、対国同士での対話交渉はしてあげて欲しいですね。
僅か1歳のお子さんもおられたと聞きます。
ミサイルを打った側にも、拳を振り上げた側にも、お互いお孫さんがいるはずです。
自分の家族を亡くす辛さを一番わかっている筈なので、どうかこの結果をもたらした二国間でも、鉾を収めていくよう願うばかりです。
返信0
名無しさん
幾ら誤射とは言え、イランの民間飛行場を飛び立った
民間機を打ち落としてはイケナイでしょう。
それと、今回の撃墜はイラン国軍なのか革命防衛隊なのか
それと両軍の関係など、イランには不明な部分も多く
不気味でもあり、その辺がイランにとっても不利だと思う。
無論、アメリカを肯定する気も無いが。
返信0
名無しさん
そうか、イランが撃墜したか。だが真相を、自分のミスであった事を素直に認め、謝罪した事はイランが軍事衝突を回避し、戦争になだれ込む事を避けたいと国際的に宣言しているのと同じだ。カナダはやるせない気持ちが大きいだろうが、アメリカをはじめこのイランの発表を好意的にみているのではないか?いや、それは個人的な希望かもしれない。
個人的には、今回のイランの潔さは人として尊重したい。
返信3
名無しさん
イランの防衛システムにより民間機を敵と誤認したと言うなら、今後同じ状況で間違いなく再発する。
イラン政府はそもそもそのようなシステムの仕様を把握していたのか?仕様を改修出来るならまだしも、そもそも改修出来ないものであるなら、事前に空港を閉鎖して民間機を守るべきだった。その辺りの懸念要素の把握や適切な回避誘導をしなかったイラン政府の責任は免れないだろう。
今後の対応として、遺族への賠償金の支払いのみで幕引きを図るべきでは無い。しかしイランは国名に「回教共和制」とある通り政治と宗教がイコールの国。簡単には謝罪しないだろう。原因究明についても軍事機密の名の下に有耶無耶にしようとする可能性があると思う。
返信1
名無しさん
軍が厳戒態勢にある中外国籍の航空機離陸を許可した管制官とパイロットの危機意識が低い事に驚く。また、管制官と防衛軍とのリスク回避の為の連絡体制すら機能してなかったのではと疑われる
こんなズサンな相互連絡体制でありながら米国と戦う事の無謀さに虚しいものを感じてしまう。
返信0
名無しさん
対米報復攻撃の後で厳戒態勢を敷いていたなら。
この地域上空を民間機飛行禁止にするべきだった。これを教訓に、飛行ルートを決定する関係機関は撃ち落とされる危険があるルートは民間機が通らないようにしてもらいたい。
誰だってそう。
誤射される飛行機に乗っていたら、間違って打っちゃった!では済まされないよ!!と思う。
返信0
より良い社会
レーダー照射はしていないと主張した国があった。
日本の航空機が威嚇してきた等と出鱈目なことを繰り返す国に比べれば国家として機能している。
然し、日本も何時までもアメリカ合衆国に頼りっぱなしでなく憲法改正し一人前になるべきだ。
返信0
名無しさん
隠しきれないと判断したのだろう。当初撃墜を否定して、ボーイングやカナダの調査チームを歓迎するとまで言っていたが、おそらく証拠がそろい過ぎて、ごまかしきれなくなったのだ。だからこれ以上の否定はかえって立場を悪くし、アメリカやその他の西側諸国の印象も悪くなり、下手をすると攻撃の口実にもなりかねないと思ったのだろう。
返信0
名無しさん
事実上「戦時下」と言ってもよい状況の下での人的ミスは、起こるべくして起こったとも言えます。
その責任を問うとしても、最初に仕掛けた米国は、たとえ口先では色々言ったとしても、最後は「知らんぷり」を決め込むでしょうし、その他の国々もイランを非難することは出来ても、それ以上のことは出来ないでしょう。
これらを踏まえて考えると、まだ早い段階での「撃墜を認めるべき」とのイランの判断は納得出来ます。
いずれにしても、戦争からはよいことは何も生まれません。
返信3
名無しさん
最高指導者のハメネイ師がここで謝罪の声明を出すのかが気になります。
面子を気にしてそれができなければ宗教指導者としてはもとより、この国の最高指導者としても失格です。
独善的な独裁者としての認知が定着するでしょう。
返信0
名無しさん
これはミスで済むのだろうか?
戦闘行為を起こした中での事態ならば、戦争犯罪とは呼べないのだろうか?
ミサイルを発射したイランはミスと言えば正直に答えたように思ってるのかもしれないが。
撃墜されたウクライナ機側の被害者とその遺族にとってはミスでは済ませることはできないだろう。
国際的な司法の場でイランの行為が問われるべきではないか?
そして、それはアメリカが同様の行為を犯した場合も同様であるべきだと思う。
こうして戦闘行為を起こした側による誤射などは、ミスではなく犯罪行為として責任が国際的な司法の場で追及されることで、戦争行為そのものが抑止されるという一面も生じるのではないか?
返信0
名無しさん
少なくとも国内向けのためには何が何でもシロと主張するものと思っていました
この姿勢もふくめて、イラン側の態度は十分に欧米に発信できたと思います
これで幕引きとなることを願います
返信0
djkmpg
イランイラク戦争の時、米軍もイラン民間機を誤射で撃墜しています。当時アメリカ政府は犠牲者に賠償金を払ってますが、アメリカ軍は過ちを認めていなかったと思います。軍からの謝罪は今もされていないのでは。
なので今回、イラン軍が謝罪したのには感心しました。犠牲者の中には多くのイラン系カナダ人が乗っているなど、身内が多かったからかもしれません。アメリカ民間機の撃墜ではないので、前例のあるアメリカ側もそれほど問題にできないのでは。
今後は犠牲者遺族への賠償金をしっかり支払うなどしていただきたい。
返信0
名無しさん
イラン軍がなんぼ認めても視点を変えてみれば軍事衝突観点からしたら安堵する部分もあるかもしれないけれど巻き込まれて亡くなった全員は本当に予想もしていなかっただろうし、墜落迄息があった人は怖かったでしょう。
大切な人を空港であるいは家で待っていた遺族となった方々、悔やんでも悔やみきれない。切なすぎます。お悔やみ申し上げます。
もうこの世は、あらゆる情報を発信したり拾ったり分析したり、どこかで軍事行動は抑えられないのでしょうかね。欲がある以上難しいのかもしれませんが、民間が巻き込まれるのは切ないです。その軍も民間の子ですけどね。
返信0
名無しさん
認めたんだね!ブラックボックスを渡さず独自に解析をすると言い張ってたから隠蔽されるかと懸念してたが、素直に認めて謝罪したか。それには評価。
無関係な遺族の方には悲劇でしかないけど、今後は誤射がないように冷静な判断をしてほしい。互いに理性のある判断があれば、こういう事故を免れたかもしれない。
返信0
名無しさん
今も昔も厳戒態勢の中だと
民間機だろうが
撃墜されるリスクがある
かつてトルコは
そんな状況下でも危険をおしてまで
飛行機を飛ばし日本人を
助けてくれたことがあったそうだ
返信0
名無しさん
なんか、認める認めない論になっているが、
一番怖いのは、一般の旅客機が軍のミスで撃墜された、あり得ない事実。
今の軍事システム上、本当であれば、死亡した乗員乗客やその家族は浮かばれない。
他国に対する政府の政治的な対応云々より、亡くなった人たちを考えるべきではないかなぁ。
返信2

 

-ニュース ネットの声

Copyright© 出来事を考えてみよう , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。