ニュース ネットの声

高校駅伝で鉄剤注射 体に悪影響 警告後も継続 【ネットの声:学校名を公表すべき】

投稿日:

 日本陸上競技連盟が2016年4月から、「鉄分が内臓に蓄積し体に悪影響がある」として使わないよう警告している貧血治療用の鉄剤注射を、高校駅伝の一部強豪校が警告後も使っていたことが関係者への取材でわかった。

  これらの高校は使用をやめたというが、陸連は他でも使われている可能性があるとして、陸連主催の全国高校駅伝大会(23日)で改めて警告し、来年の同大会からは出場選手に血液検査結果の報告を義務付ける方針です。

 鉄剤注射は本来、鉄分不足による重度の貧血治療用だが、陸上関係者によると、持久力が高まるため、貧血になりやすい女子長距離選手を中心に2000年頃から全国に広まりました。

 陸連は15年、鉄分過剰で肝機能障害などを起こした事例を把握し、16年4月に警告した。

このニュースに対するネットの声は次のとおりです。

出典元:ヤフーニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00050139-yom-spo

 

名無しさん
そういう高校の学校名を公表するべきである。これから入れようとする父兄も気にするところだろうと思う。個人的には、競走馬ではないので辞めるべきである。学校の監督のエゴとしか考えられん。
名無しさん
高校生の競技でもクリーンではなくなってるとは悲しい次第だ。高校駅伝は楽しみにしているひとつなので、指導者には責任を持った対応をして欲しい。
名無しさん
速くなりたいと言うきもちはわかるが、将来のある若者が健康を害するようなことをするのは反対。
名無しさん
生徒の体より駅伝で優勝をする事が重要なのかと思う。
高校生という時の体作りに、そういう内臓に障害が出るような事学校がさせて良いのかと思う。
そういう学校は学校名を公表すべきだし、ある種ドーピング違反に当たると思う。
もし、そういう高校があったなら、高校野球と同じで処罰すべきだと思う。例えばい一年間全ての陸上競技大会への出場禁止とかにしないと、勝つために体を壊しても良いという訳のわからない事になる。
本当に、体作りに一番大事な高校生時代に、こういう事をさせる高校が有ったら、そんな指導者は指導者ではない。
薬を使って強く成っても、体を壊したら大変な事になる。
名無しさん
鉄剤注射と言うと静脈注射剤があるけど、つまりそれは医師が処方して投薬し施術したと言う事になるよね。
と言う事はその医師も本来不必要な鉄剤静脈注射を処方し、投与したと言う事になるわけで医師法的にもどうなのって話になるのでは?
また、もしその薬剤と注射器を不正に入手し、監督や本人自らが注射していたならばもっと悪質。その薬剤は医師が横流しした事になるだろうしね・・・。
何れにしても、この学校名と監督と関わった医師は公表すべきだろう。
学校は文科省・医師は厚労省が立ち入り調査なりすべきだと思う。不適切な理由で必要のない薬剤投与が組織的に行われていたって事だし。
それで健康被害が出たとしても、副作用保証制度では救済されない可能性だって有るんだしね。
(例え医師が処方してても違法な処方の有効性が疑われるし)
名無しさん
警告しても、使用していると罰があるのですか?出場停止とか?
高校生の身体に悪影響があるなら、使用禁止にして、使用した学校は
出場停止とか、使わせた監督、コーチは永久追放にするとかしないと
「警告はしました。」で罰も無しなら、使用しちゃうのではないの?競技に有利に働くのでしょうから…女子駅伝の足を骨折して、這ってもタスキを繋いだ娘と同じ、アスリートは少しでも強くなる、勝てる、勝たなければと思ったら、禁止されない限り、上を求めて無理を承知でやってしまうと思うし、監督、コーチにやれと言われれば断れないと思うし…誰かがはっきりとやめさせるジャッジをしないといけないと思いますけど…本当に、若者の身体壊してからでは遅いですよ!
名無しさん
クソ指導者の為に一生をパーにしてしまう選手もいる。こういう事を勧める指導者は本当のクソだと思う。まず、そうならない為の栄養指導や、体調管理からはじめていかなくては、将来いい選手や指導者にはなっていかない。
強豪と言われる高校で、伸び代を全て使い切られその先ケガに泣きダメになって行った陸上選手なんて沢山いるからな。プロスポーツでは無いから以外とその辺りが世間からは注目されないけど、中、高で終了って選手は本当に多い。
名無しさん
マラソンなどをしていると口の中が血の味になることはみんな経験あると思う。
あれはマラソンなどで足の裏の刺激によって壊された赤血球がヘモグロビンを放出し唾液にもその成分が混じるため起きます。
つまりその分「鉄分」が多く使われているわけです。
なのでマラソン選手に貧血が多いのです。
豆知識でした。
名無しさん
高校の部活は勝利市場主義はもうやめるべきで警告を守らない高校は処分されるべき。
野球もそうだけど高校生が部活で選手生命が消費されるのは長い目で見ると生徒のためではないと監督は自覚すべきで、そのような監督はもはや指導者ではない
名無しさん
選手にしたら強くなりたい,良い成績を残したい,と言うことだろうし
学校にしたら有名になり,生徒を集めたい,と言うことだろうし
監督にしたらこちらも有名になり,報酬アップを図りたい
と言うことだろう。
みんな,高校スポーツをねたにした,金儲けだ。
需要と供給が一致していたと言うことだろう。
被害を受けるのは生徒だが,
生徒やその親が気づくまでは止まらないから。
パラ次郎
将来のある若者が健康を害するようなことをしてまで勝ちたいのかね
名無しさん
真実を伝えるサマリー 鉄の魂 大八木弘明監督 編
《非凡!王者駒澤大学 ULTRA兄弟たち陸上部 学生&OB》の主体性や自主性を教育するにあたり、貧血を選手本人よりもいち早く見抜き栄養摂取の仕方で対応してきたのが大八木弘明監督!
まだ、鉄剤注射が現在の様に取り沙汰されていない時代にそれを実施し強い身体を作り能力を引き出すにあたって、(食事から対処していくのは結果が直ぐに出るわけではないだけに)私は指導者としての大八木弘明監督夫妻にしかできない事だと伝播。
仮に同じ事をマネしたとしても、普段の生活を通し、選手本人に応じて耐える力が備わっていなければ相乗効果なし。
厳しいことも言わなければいけないわけです。
食事に関しても、親御さんもあきらめてきた事、注意してこなかった事も時に言う必要も生じるわけです。
なかよしこよし和気あいあいの雰囲気だけでは待つのがその本質、教育とは言えません。
名無しさん
陸連の対応がまずい
血液検査の報告の義務化ではダメだという事がどうして理解できないののだろう。
血液検査は陸連が立ち会った状態で血液採取を行い検査すべきである。
名無しさん
高校でも、全国のトップレベルの争いとなると熾烈ですもんね
監督も意地があるのは分かりますが、選手を壊す恐れのあることをするのはのは監督とは言えない
もちろん、ドーピングなんかも絶対にいけないですし、ドーピングにしても、鉄剤にしても選手が引退したあとの生活にも影響を及ぼしかねない
勝ち負けだけではなく、選手のことを大切に思い、しっかりと考えて指導にあたってほしいです。
名無しさん
成長期にある高校生なのですから、指導者は特に気を付けなければなりませんね。
選手は監督、コーチから言われれば断われ無いでしょうし…
名無しさん
陸上の長距離経験者です。
選手の気持ちとして、貧血は一番怖い。練習が全て無駄になり休養期間も長くなる。
だから勝つために、メンバーに選ばれる為に出来ることとして選手も後ろ向きでなく受け入れる。
そもそも注射でなく鉄分錠剤の経口摂取は当たり前なので。
行う側も警告する側も、どちらもバランスが肝心。
個人的な意見でした。
名無しさん
10年近く前、ある高校の優勝に貢献した留学生が退学処分になった事件を思い出す。日の当たるメジャースポーツは周りの目が厳しくなってきたからこういう勝利至上主義的な部分は少しずつ減ってきているけど、いわゆる失礼ですがマイナースポーツに属するものはまだまだ勝利至上主義的なものが当たり前としてあるのかと思う
名無しさん
生徒の将来より自分の学校の成績を重視するのは良くないですね。指導を守ってもらいたいですね。
柿の種に飽きてしまいました(泣)
最早、高校クラブではなく養成所では?
と、いう感がする。
生徒はプロをめざし監督は自身の実積を得るために。
本来、学校のクラブ活動の目的というのは他にあったはず。
一時の私利私欲の為に副作用や後遺症が出る恐れがある薬物を生徒に投与する。
それで好成績を残せたとして、生徒達の心に生徒達の身体に一体何が残るのだろうか?
名無しさん
高校生にも、薬物依存が浸透して残念、身体を犠牲にしての栄光に何の意味があるのだろう。教育者が積極的に未来を奪う行為を率先しているのが本当の教育なのか。厳しく罰則規定を作るべき。
名無しさん
そこまでして伝統を守りたい、スポーツ精神を離脱している。プロじゃないのだから、毎年入る生徒により学校の成績が違ってくるのが自然でよい。学校のエゴを子供たちの健康まで犯して良い成績を勝ち取ったとしても、何の意味がない。
名無しさん
そこまでして勝ちたい気持ちが分からない、まあコーチや監督は名声と金を貰えるし、生徒はいい学校や企業から声がかかるかも知れないが、身体を壊したら意味が無い、何故禁止になってるのか良く意味を考えて欲しい、最近は特に勝つ為なら何をしてもいい風潮があるからこれからが恐ろしい。
名無しさん
中学高校から過度な体重管理など陸上以外でも聞く話。道具も技術も必要とせずひたすら肉体の限界にまで練習で追い込む競技は栄養剤やドーピングに走りがち。技を磨く指導ではないね
どこまで選手を肉体改造出来るかが監督の手腕
練習での疲労を伴う怪我は選手側の立場では防げない。
最新の科学技術を
過度な肉体改造にではなく個々の学生に合わせた怪我のない鍛え方に向けて欲しい。
名無しさん
高校陸連も警告は出してもいけないとした禁止行為なので、中途半端な対応に見える。陸上競技の上位の選手は健康診断の血液検査で禁止薬物などが無い限り良いと思う。禁止薬物とするなら記録取り消しなど対応を明確にするべきです。
名無しさん
対応が甘いと思います。全国大会での義務付け、とありますが、その予選である都道府県大会で検査義務を課さなければ、予選を突破する目的で使用するチームが無いとも限らないと思います。
名無しさん
強豪校は実力だけではなく、科学の力に頼ったロボットを作り上げている。こういう学校は参加させるべきでない。ドーピンク類似として対応すべき。私立が多いかもしれないが。
名無しさん
スポーツがおかしくなりつつある。
最近は指導者の、不祥事ばかり。まるで、戦前の軍隊のように思えてゾッとする。
一部の脚光をあびる人はそれでもまだいいかもしれないけど、多くの若者は体を酷使して一生棒にふる可能性もある。学校名をどんどん公表するべき。
名無しさん
どこの学校だろう?
学校の知名度アップを優先し、生徒の健康を無視しているんですね。
学校名を公表するべきだが、監督はきっと連盟の役員さんで、うやむやになるんですね。
名無しさん
最近は昔に比べ練習が科学的になってきた反面、どんな手段を使ってでも優勝したいという風潮も強くなってきている気がする。これは指導者が教育よりも名声や利益を重んじるようになってきているためだと思う。
名無しさん
私も高校の時陸上やってて、数ヶ月に1回くらいの頻度で鉄分注射やってました。今考えると、たしかにドーピングみたいに感じます。でも貧血だと全然走れなくて練習もまともについていけないので、鉄分注射して少しでも走れるなら…。としか考えてなかったなぁ。
名無しさん
自分も中学時、1500mや3000m走ってて貧血になり、鉄剤処方してもらい回復しました。と同時に、ほんとに新記録出ました。でも常時飲むのは違うかなあ〜、ドーピングという気がする。体に悪いよ。
名無しさん
難しい問題ですね。
禁止すると、本当に治療が必要な子は無理して続けるか選手生命断たれると言う事になる。「じゃあ辞めた」と言う子は良いとして、それでも続けた子が本当に貧血で事故が起こった場合が懸念される。
名無しさん
高校ももはや性善説は通用しなくなったか・・・。
このような高校の指導者のせいで、真摯に競技に取り組んでいる者までとばっちりを受けるわけだ。
含糖酸化鉄注射液の適応は、経口鉄剤投与困難な場合の鉄欠乏性貧血である。
治療のためにある。
当然、処方せん医薬品である。
指導者は勿論問題だが、どうやって入手し、どうやって静注した?
診断があり、カルテがあり、処方せんが存在するはずである。
記事にある頻度不明の肝機能障害の他、長期使用で骨軟化症等の副作用も知られている。
鉄欠乏性貧血という診断があっても、駅伝に出場するような高校生、しかも複数(だよね?)が経口鉄剤が内服できないとは思えない。
ここが大問題と感ずる。
東大パパ
勝つためにはここまでするのか。人の命にかかわることを平気でしている高校も頭がおかしいだろう。このような高校は、校長は退職したあて職。理事の力が強い。学校法人の経営はかなり金儲けになる。一族など遊んで暮らしているのも多いよ。自分のコンサートに来ることを義務付けている私立高校の理事もいたよね。
名無しさん
法律で規制できないグレーなゾーンなのかな?
オリンピックとかでこれはありなの?
ありだとしたら結局認めざるを得ない気もする
こーゆーことしないで戦うものであってほしかったけど、血液検査の正確さ的にも時間時期量計算したら完全になくすは厳しいだろうね
Macintosh
貧血の治療薬として使っているなら問題無さそうだけど。。貧血じゃないのに持久力が目的で使用するのは問題。持久力アップの為に注射をやってる医者が1番問題。
もちろんこれを黙認または推奨しているコーチも大問題。
名無しさん
どうしたもんかな過剰摂取で体に負担がかかるのだから実力勝負すればよし勝ち負けも必要だろうが体を犠牲にしてまでやるスポーツは無い優勝ばかりねらわずに地道にが一番必要
名無しさん
>来年の同大会からは出場選手に血液検査結果の報告を義務付ける方針だ
大会運営側で血液検査した結果「黒」が出たらいろんな人に火の粉が降りかかるっしょ?
そーゆーのに巻き込まれたくないんだよね?わかるよね?
だから血液検査の結果”報告”だけにしてるんだよ?
各自で「黒」判定がでたらわかるよね?ごまかして「白でした」って報告してくるようにするんだよ?
そうしたら仮に「黒」だったとバレた場合でも運営側は責任問われないで済むからね
・・・なーんて運営側の心の声が聞こえてくる気がする
名無しさん
警告後にも使用は悪質。生徒の体よりも勝利あるのみの監督が問題だと思う。捉え方に依ればこれも体罰だと思う。
名無しさん
血液検査の結果提出を義務化ね…
警告後も使用してる学校なら偽造くらいするのでは?
生まれつき数値の高い人は疑われるだろうしね。
名無しさん
体のことを思って鉄剤注射をしているのか、それとも、ドーピングのように選手をマシーンのように仕上げたいのか。それによってコーチ陣の罪深さは変わると思う
freezwater23
ドーピング検査と同じように抜き打ちで血液検査しないと、何月何日にという通知をしてからでは隠蔽できてしまうかもしれないし、医師会の協力が不可欠だから周到に準備をしてほしい。
letathiefcatchathief
なんでも過ぎたるは及ばざるが如しだなあ。
鉄分与えたい気持ちはわかるけどね。
女子は生理もあるし、やせ形のスポーツ女子は特に貧血になりやすいし、なかなか食事からだけでは足りないんだよな。
でもせめて、マスチゲンどまりにすべきだよ。
私のコメントが勝手に削除されるのなぜ?
学校、特に強豪校にとっては名誉が最優先でその為の“駒”である選手の健康のことなど考えている筈も無い。
名無しさん
日本の伝統誇る高校駅伝でしたが、明らかに売名行為と思われる外国人を起用する高校が増え魅力もなくなりました、明らかに体の違いが判る差、サラブレットとばん馬の違いである、教育の場に入ってきた不純、そのような高校が優勝しても視聴者はいい評価をしますか?私はできません
名無しさん
確かに長距離を走っていると貧血になることがあります。
鉄剤注射はあんまりだが、病院に行ってサプリメントのような薬は大丈夫なんでしょうね。
身内の中学生がそうなっています。
名無しさん
警告ではなく、使用した学校名は公表すべきです。勝つためにはルールを逸脱することを戒める為にも必要です。
名無しさん
ドーピングじゃないか。
これは。
やめなさい。
健康増進の目的のスポーツが、
これでは、目的から、
大幅に外れているでしょう?
スポーツは基本が大事。
スポーツで体を壊しては、
何も果たされないでしょう。
名無しさん
高校スポーツ選手が鉄分注射?とんでもないです。スポーツは戦場での白兵戦と違います。フエアプレイ第一。健康第一。でやつてください。連盟は違反した選手が判明すれば出場停止に「個人とチームも?」スポーツ選手べきです。
名無しさん
覚せい剤ではないのはいいとしても、結果的に健康にデメリットになるくらいだったら絶対に止めるべきだと思う。

 

-ニュース ネットの声

Copyright© 出来事を考えてみよう , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。