ニュース ネットの声

光線過敏症を発見 富山大学 三澤講師 日本人特有?【ネットの声:周辺にこの病気は結構多い】

投稿日:

 日光を浴びると皮膚に異常があらわれる「光線過敏症」の新たな原因を世界で初めて解明したと富山大学の研究チームが発表した。
この「光線過敏症」は日光に当たると、皮膚がかゆくなったり、赤くなったりする病気で、遺伝子の変異によって発症することが知られていたが、今回、富山大学大学院医学薬学研究部、皮膚科学の三澤恵講師などの研究で、遺伝子の変異がなくても特定の遺伝子があると発症の原因になることが分かった。

 三澤講師は「日光に負けやすいなという方に、潜在的にこの病気の患者さんが隠れているのではないかと思っている。そういった患者さんを見つけて診断するということに役立てられればいい。」と述べた上で、「光線過敏症」の原因となる遺伝子がある人は、日本人が欧米人の10倍に上るということで、今後、臨床医と協力して新たな診断法や治療法を生み出したいとした。

このニュースに対するネットの声は次のとおりです。

出典元:ヤフーニュース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-00000001-bbt-l16

 

名無しさん
私もこの病気です。
かれこれもう20年近く症状に悩まされていますが、出産後さらに酷くなり、1度顔が腫れ上がり呼吸困難になる事態に…あの腫れ上がり方は異常で恐怖を覚えました。子供の運動会で1日中外に居たのが原因でした。
以後、真夏のどんなに暑い日でも全身日焼け止めを塗り、ストール、アームカバーにサングラス、日傘で対策しています。哀しきかな太陽は敵です。
真夏に思いっきり太陽を浴びて半袖で出掛けるようなことはもう一生出来ないのです。
このような研究が進み、この病気を根本的に治療できる新薬が開発されるのを心待ちにしています。
サンショーウオ
娘の担任の先生がこれだと思います。運動会で肌を露出しないようにしていて、まるでメーテルみたいでした。薬の副作用で顔がパンパンになったり、具合悪くなるそうです。とても辛そうです。治してほしい!研究宜しくお願い致します!
名無しさん
母が日光アレルギー。日に当たるとブツブツができて痒くなる。
私も夏場は常にヒリヒリするのでに完全武装で外出。
美白しすぎと揶揄されるのが嫌だったけど、遺伝だったんですね。
Circle
同じ日焼けでも、かなりひどくなりやすい人とそうでもない人を見ていると、やはり体質の違いはあると実感する。
だけど、そういう人が夏でも長袖とか帽子、薄手の手袋などを使っていると、同性からも
「あそこまでしなくても」
とか、陰で言われていたりする。
こういう認識が広がって、そういったスタイルにも理解が進めばいいのだが。
OL
まいってる
人が多いと思うよ
bxxnxxx
私がもしかしたら光線過敏症かもしれない。
夏場は手のひらとかは大丈夫だけど、腕は数時間日光に当たると赤く湿疹みたいなのが出て痒くなる時がある。
夏場は日焼け止めプラス腕カバーしないとならなくて結構大変。
太平洋無敵〜御意見無用
皮膚だけではなく、目にも注意が必要
特定されていないが、白内障と関連があると言われる
紫外線を防ぐため、サングラスやつばのある帽子を着用したい
rin
私は光線過敏もあるけど、寒暖差のある時にひどくなるタイプです。寒暖差アレルギーというのかな?
夏は、試合の観戦のように長時間じっとしていない限り、外を出歩いたり通勤したりは大丈夫です。日焼け止めは必須ですが、さすがに長時間外にいると日焼け止めを塗り直しても無駄、蕁麻疹で大変なことになります。
一度若い頃に、海外リゾート地で強烈な日差しを浴びた時はめまいと蕁麻疹と真っ赤な体がひどくて、試しに震えながら水風呂に浸かってみたらマシになりました。(冷やすことに有効性があるかは分からない、偶然かも。)現地の外国人は余裕そうでしたが、遺伝子の違いなんですね。
冬は、日差しがポカポカしてる日に少しでも太陽に当たったら最後、蕁麻疹でひどいことになります。
ここのコメントで私よりも大変な思いをしている人や同じように悩んでいる人がいると知りました。早く有効な治療が見つかって欲しいです。
8720168
私も光線過敏症で、冬でも直射日光に数時間あたってしまうと、赤く腫れて湿疹が出来痒みも凄くなり、ステロイドを塗る羽目になってしまいます。
周囲に説明しても、結局「美白信仰が過剰な人の武装の言い訳」と思われているフシがあり
切ないです、、、
名無しさん
日光というか紫外線なのでしょうか。室内でも蛍光灯の光やパソコンの電磁波に過敏に反応して顔が腫れたり赤くなります。見えるところだと人の目線が気になって本当に辛いです。皮膚疾患は原因不明と診断されることも多い。もっと研究が進んでくれることを願います。
名無しさん
女性はまだ紫外線気にした格好も取りやすいだろうけど、男だとより地獄。不審者っぽく映るし。
歳取った今は割り切った生活も出来るけど、
思春期の頃はホントしんどかったなー。
ただ生きてるだけで体がボロボロになってた。
こういった目に見えない、他人に伝わりづらい症状で悩んでる人に理解ある世の中にもっとなっていったらいいな。
名無しさん
18歳の時から、40年以上この病に取りつかれています。仕事にも恋愛にも友人関係にも支障をきたしてきました。ほぼんど外に出れないのですから。よって独身です。仕事は日光に当たらないでいいような自営業で、食べていけるようにはなりましたが、人生を奪われたような気がします。とても深刻な病です。若い人が同じことにならないよう実験台にもなりたい。
crom
自分はアトピーですが、
アトピーの人はこの病気も併発してる確率高いと思います。。。
名無しさん
高校生の時、運動会の練習で長時間太陽にあたり、小さな水ぶくれのような蕁麻疹がびっしりと出来、全部皮がめくれていった。泣きたくなる程、見っともない姿だった。その後、頻繁に喘息が起きるようになり数十年苦しんでいる。
こんなアレルギー症状に苦しむ人を救えるならば、私を実験台にしてくれて構わない。
名無しさん
今まさにこの症状が出始めたところです。
外回りのため、日焼け止めとカバーで武装するしかない…
是非解明してほしいです!
名無しさん
アトピーの症状とは違う?すっごい当てはまるんだけど・・・。皮膚科ではアトピーだからねって感じだった。(自分もずっとそう思ってた)途中から出た症状ではあるけど。親も肌弱め。
この時期はもう日傘とストールは欠かせない。夏は日傘・帽子・長袖・手袋・ストール、極力昼間は外出ないし、道を2回渡ってでも日陰を歩く。完全に不審者><よく失笑される。何より暑い!
私がこれであってもなくても、治療に繋がると嬉しいなぁ!治る人がいるなら。
あともうおばちゃんだから、治験でも実験台でも出来るならやりたい。若い子が悪化するのは可哀相だし。おばちゃん(私)は見た目は悪化しても平気だから。痒みと爛れも治まればOK。治まらなくても、その後もちゃんと診て貰えるなら良い。でも自分も症状軽くなるだけでも嬉しい。
名無しさん
私も小学生の頃から症状があった記憶があります。
母が言うには幼稚園にはすでに出ていたそう。
我が家は女性だけ引き継いでいる気がします。
父・兄に日光疹は無縁で、母については発疹はないものの日光に弱いです。
母方の祖母が日の下に出る際は完全防備で、日に当たる事を嫌っていたので同じ症状があったんだろうなと思います。
日光疹以外に体内で炎症が起きやすい体質もセットで引き継いだと感じています。
一度発疹が出ると、激しく消耗するみたいで1日動けなくなりますし、夏には他人からの見た目もですが、快適な涼しい格好で過ごしたいです。
中学時代には体育の授業で長袖長ズボンを教師から注意され、理由を言っても理解はされなかった。
社会人になって少数ながら同じ症状をもっている人がいると知りました。
コントロールできる薬が開発されると嬉しいですね。
願わくば、子ども達に一生この症状が現れませんように…
名無しさん
自分の周囲に日光過敏症の人が数人いる。赤く炎症を起こし、抗ヒスタミン剤軟膏や服薬にて対処されているが、完治するのは諦めているとのこと。
アレルギーは他の症状で自分にもあるので、本当に悩んでいる。これからの医療に期待するも、そもそもその原因を突き詰めてほしいのが本音である。
素人の患者として、体質や遺伝などと云うアナログ診断ではなく、ハッキリと複合的要因を前提にそのメカニズム解明と的確な処置法を示すと同時に、改善対象が社会環境や食物由来の化学物質、薬剤、合成物などに言及する強いメディカル・コンプライアンス・アラートを発信してもらいたい。これは産業界と厚労省の重要な任務ではなうのか!
名無しさん
昔から日焼けすると赤くなるたちでしたが、子供の頃はある程度焼けてくると少しだけ黒くなりました。
そしてすぐに皮が剥けて、剥がれた下の皮膚は赤くなっていました。
かかりつけのお医者さんに診てもらったところ、軽い火傷の状態と同じとのことでした。
オゾン層が破壊されて紫外線が強くなっている事と、火傷が怖くて日にあたらなくなってきたこと。出産などにより体調が変化したこと。加齢によって皮膚が弱くなっている事などで、より赤くなるのかなとわかってきました。
あまりあたり過ぎてもよくないけど、日に当たらないと免疫も落ちてしまうので、日焼け対策をして外出するか、紫外線の強い時間を避けて出るようにしています。
蒙古斑などの特徴的な遺伝子を持っている日本人ならば、紫外線に弱いというものも持っているんでしょうか。更に詳しくわかって、より良い対策が発見されるのを期待したいです。
名無しさん
47歳の私も小学校の6年生の時に発症し、20代中頃まで辛かったです。日光を浴びるとすぐに赤く腫れあがり痒みが酷く、就職も日光を浴びることの無い室内から出ることが無い仕事に就いていたのですか、結婚をして何年かした後、妻の実家の家業を継がなくてはならなくなり、その仕事が建築板金、いわゆる屋根屋で、当然日光を浴びない時間はなく、辛い日々が続きましたが、徐々に快癒し、30歳になる頃から発症しなくなり、今では趣味にマラソンをしてるぐらいです。私はたまたま発症しなくなりましたが、良い薬ができ、あの辛い思いをしなくてもいいようになる事を祈ります。
名無しさん
母がそうで、子供の頃から日に当たると顔等が腫れ上がって苦労したそうです。知人にも日光蕁麻疹の方が2名います。うちの子もそうで、乳児の段階から外に出るたびに肌がただれ、ステロイド系の薬の世話になっています。今も一年中長袖長ズボン・日焼け止め、フラップ付きの帽子が欠かせません。
一番つらいのは、日本では日光=健康のような信仰が根強い事です。皮膚科の医師でさえ、子供=日に当たった方が丈夫とか健康とか言う人もいました・・・。
日焼け止めも日よけのための衣類(ポリエステル)も保険適応外、医師に相談しても「ひどくなったら来てください」と言う扱い。夏でも肌を露出しないようにし、医者に相談もできず、皆ひっそりと生活しています・・・。一刻も早い原因究明と治療法の確立を願います。
名無しさん
保険適用のちゃんとした日焼け止めの塗り薬も認可で出して欲しいし、ステロイド以外の速乾性の薬も開発して欲しいです。
私も28年前に発症しました。その5年前までは海水浴も日焼けも大丈夫だったのに、サッカー観戦後にムーンフェイス状に顔が腫れ上がり、日射しが当たった体には細かい湿疹と腫れと痒み。それと共に米や小麦の食物アレルギーまで併発して、それまでの日常生活が激変し、退職から引きこもり生活まで陥りました。
そこから約7年かけて、完全除去食から米、小麦は徐々に食べられるようになりましたが、光線過敏は治りません。
この28年もの間、日光を浴びない予防対処しかなく、湿疹が出たら主にリンデロンを塗る事も変わらず、治療に進歩を感じていません。
けれど今回、希望のある記事内容だったので、嬉しくなりました。研究成果の実用化に向けた更なる進歩を切実に願っています。
名無しさん
初めて発症したのが出産後3年位から。直射日光が当たる部分だけぽつぽつ赤くなり始め、ボッコボコの蕁麻疹状態に。顔は薄いメイクや日傘で大丈夫ですが、その他は10分位しか日なたにいられません。11~3月位は大丈夫です。ずっと日光対策してきましたが、ここ何年かはもしかしたら治ってきている気がします。私の家系に同じような人はおらず、子供も今のところ無症状ですが、私にもそういう遺伝子があるのでしょうか?
名無しさん
同じ症状の方沢山いるんですね!
私は高校生の頃、カリフォルニアの強い太陽に浴びて腕にとびひの様にブツブツが沢山出ました。
そこからアレルギー症状の始まりでした。
その後、体育の授業でウォーキングをした時、太もも内側が異常に痒くなり過呼吸になりました。太もも内側に縦の線のような蕁麻疹が沢山出来ていました。運動して体温を上げるだけで蕁麻疹が出ます、寒暖差アレルギーですね。
未だに早歩きさえ沢山は出来ないんです笑
あとは、特に冬に出やすいのですが、身体が冷えているのにお風呂に入るとブツブツが出ます。
私も周囲には軽ーく症状の事を話していて夏は完全防備。それでも我慢出来るのは、美白主義だから。シミ対策の為だから我慢出来てる笑
症状の対策としては、薬を必ず持ち歩くor事前に薬を飲んでおく事。症状が出た部分を冷やす事。
私はこれで乗り切っていますが、独身だから出来る事、子供が出来たら難しいのでかな?
motto185792
日光に当たらないとビタミンDの生成ができないはずなので、日光に適度に当たることはいいことだけれど、日本の天気は昔から快晴というより花曇りだったはずで、成層圏が一部破壊されたりするとこのように直射日光が当たりかまわず直撃したり、反射してきたりするわけで、恐ろしいのは反射してきた屈折太陽光だと思う。
過敏症というより、その時に体調によってそうなるわけで、痩せていたのにその時だけなぜか6キロ水太りになり、その夏は確かにやたら汗をかくし、自転車にで買い物に行き帰りは荷物があるので自転車を引いて歩くと、それだけで肌に水膨れができて、しばらくすると元に戻っていたけどね。
点滴の針を看護婦さんがへたくそで血管に届かなかったときも、皮膚がゴムボールのように膨れ上がって、針を抜いてもらったら、あっという間に修復した。
運転中などに日差しを免れ得ない場合は、確かに肌がひりひりするが、今は痩せすぎているsi.
名無しさん
日本人に多いとは、意外ですね。海外住みですが、こちらは日本に比べて陽ざしが強烈です。晴れの日も多い。そして大きな麦わら帽子に全身長袖長ズボン顔も布でグルグル巻きの人は大抵アジア人(日本人ではないと思いますが)で、笑いのネタにされます。でももしかしたら、こう言う事だったのかもしれないでしね。
名無しさん
私も30年程前から日光蕁麻疹の診断を受けました。
日光蕁麻疹には紫外線に反応するものと可視光線に反応するものがあるとお医者さんから言われて検査したところ紫外線では反応は無く、可視光線で反応するようでした。
紫外線によるものならば日焼け止め等を塗ればある程度効果が有るみたいですが、可視光線の場合は日光に当たらないようにしないといけないそうです。
どちらにしても早く効果の有る薬を開発してほしいと願っています。
名無しさん
高校生で発症してから部活は室内競技、外でのトレーニングは欠席、、ただ、周りに単純に日焼けを気にする日傘、長袖がマストの女子が結構多く、同じ部類に見られてただけでした。
大学生活でも海に行けば他のみんなは赤くてヒリヒリしてますが、私だけは蕁麻疹でボコボコ、、かゆくて気が狂いそうになることもしばしば。
それでもみんなと海に行きたくて少し泳いではすぐに日陰に逃げたり大変でした。
社会人になってからの社員旅行のハワイでは海用のトレンカ履いてユニクロの長袖羽織って。
変なアジア人に見られてるんだろうな、、とは。
色々大変ですが、その都度周りに伝えて来ましたし、自分なりに工夫しながらも楽しく参加してきました。
30代になった今では同年代よりシミが少なく肌が綺麗!って言われるので、日焼け対策は面倒だったけど結果オーライ、って捉えてなんとか生きてます。
名無しさん
私は日光でも、真夏の暑い日の日光に症状が出ます。特に腕です。腕が日光で熱を持つとプツプツと、毛穴が浮き出して赤くなり痒くなります。春や秋、乾燥していたり、あまり暑くないと症状は出ません。
子どもの頃は大丈夫だったのに、高校生から症状が出てかれこれ30年です。
名無しさん
素晴らしい研究成果ですね。是非研究を進めて治療法を確率してほしいです。母も私もこれですね。成人してから発症しました。手の甲が一番顕著に出るので長く外にいる時は手袋かかせません。もっと酷い症状の方々もいるんでしょうけど、やっぱり同じように辛いし苦しいです。何も出ない人に「弱いわね~」って言われるのも地味に悲しい…。
名無しさん
わたしも光線過敏症と高校のときに診断されました。夏はもちろんですが、日中は冬でも外にいると、夕方には顔中に湿疹ができます。ひどい時は熱が出たりもしました。毎日極力日に当たらないように過ごしています。
名無しさん
大学の頃までは普通に外で何時間も太陽浴びても平気だったのに、社会人になった頃から、外にしばらくいると赤いぶつぶつが出来て数日治らず痛痒くて大変になった。色白でもないし外見にもあまり気を遣わないタイプなのにアームカバーやつば広帽子で紫外線対策してるので周りからは「なんで?」と思われてそうでつらい。治療法があるなら知りたいけど遺伝子レベルの体質だから無理なのかな…
今は室内で過ごす時間がほとんどだからいいけど、子どもが大きくなって公園遊びとか運動会とか始まったら対策が大変だ…気が重い。
Tokyojoe
俺もこれかもしれないな
10数年前から、半袖で外出すると腕がただれかゆみが出る様になった。脚にも出たこともある。
長袖のシャツでも着ればいいのだろうが、汗疹でやられるのでそれもイヤ。
あるとき思いついて、子供向けの日焼け止めを塗る様になってからは、症状は出なくなったが、重い人は色々苦労が絶えなかろうね。
名無しさん
私もかれこれ20年以上この病気です。アメリカに駐在に行って、ゴルフを始めて数週間で突然発症。現地の大学病院まで行きましたが、紫外線に反応しているまでは分かりましたが、症状は変わらず。ある友人の助言で、塩抜き、食事で塩分を減らしたら良くなるみたい。と言われ、やってみると症状は改善されました。まだ、完全では有りませんが、SPF50PA++++を塗ってカバーすれば何とか肌を出しても良くなりました。PA+++では効きません。何故か。
誰か何とかして下さい。
名無しさん
私も母が皮膚が弱く夏もずっと長袖を着ていて、私は子供の時は大丈夫だったけど、妊娠してから出産をしてから完全に日光アレルギーになりました。
夏は長袖&日焼け止めをかかせず
夏は長袖で暑いけどカーディガンを着ていて暑いです。でも焼けたら湿疹が出来てかゆみが酷く病院に行くようになります。
以前テレビで日光アレルギーをどうしたら良いか?ってしていたけど
結局長袖とか日焼けをするしか対処法がないみたいでガッカリしました。
早く対処法が見つかったら良いな
名無し
前にいた会社でこういう方がいました。
子供のころからそうだったらしいです。
天気の悪い日だけしか外で遊べなかったと言ってた。
外仕事で、曇りの日でも顔真っ赤になってました。
日焼けはしないみたいだけど、服の上からでも赤くなるみたい。
その方、急性の白内障(朝起きたら、目が見えなくなってた)になって手術して見えるようになったので良かったんだけど、医者にもこんな人は初めてだと言われたらしい。(白内障は通常だと徐々に進行して、順番待ちで手術するということです)
この人がこの病気かどうかわからないけど、白内障と関係があるのかも。
世間的にもっと理解が広がり、改善策や治療法など早く見つかるといいですね。
名無しさん
光線過敏症の方、結構いらっしゃるんですね…!
仲間がいてよかった…(*´∇`*)
まだまだ認知されてないと思います…。
家族にも理解されません…。
先日、晴れの日にアンクル丈のパンツを履いて出かけ、数日後に「何かかゆい…(・・;)」と思ったら、足首部分見事に症状が出てました…。
今までは5月から対策し始めて間に合ってたのに…。
年々ひどくなってきてるような…。
私も特に夏は露出する部分には日焼け止めをくまなく塗り、腕にはアームカバーをし、日焼け止めをバッグに入れ、日傘をして外出します。
以前、職場で「日傘して女子力高いわね!」と言われたことがありますが「そういうのじゃないんだよな…。」と感じました。
めちゃくちゃ暑いし、日焼け止めはベタベタして汗ですぐに落ちるし…。
これからの季節は憂鬱です…。
名無しさん
病院で処方される湿布で
光線過敏症の恐れのある物が
積極的に配布されているのがおかしい
同じ湿布でも光線過敏症を気にせずに
使えるものがあるので
そっちを優先的に処方して欲しい
殆ど効果は同じなのに、なんでわざわざ
光線過敏症の可能性が高いモーラステープなどが
処方されるか?と言えば製薬会社と病院の癒着かな?
と思ってる
そんな事の為に光線過敏症になってる人がいれば
完全に被害者だよ
名無しさん
皮膚炎に対して新薬は作られてはいるんだけど、
症状が酷いと塗らない方がいいという困った仕様だったりしたな。
まぁ塗る時点で対処療法寄りなんで根本的に解決させてほしい。
アレルギーは日光含め色々患ってるんだけど、
花粉症の対策から聞いたヤクルト200は飲むと若干症状が軽減された。
ここにいる人達も体質は色々だろうけど、
問題ない場合は様子見ながら数日飲んでみてもいいかもしれない。
ぶた
十数年つきあっているが…歳のせいなのか…ここ数年だんだん症状が酷くなって来ています。でも、根本的治療はないし、完全に紫外線をシャットするのは難しいし、毎年夏が近づく度に憂鬱です。更なる研究をよろしくお願いいたしますm(__)m
名無しさん
あきやまひでき先生が書かれた『かびんのつま』という漫画があります。
先生の奥様のかおりさんが、太陽光や電磁波、シャンプー、食品添加物…と様々な化学物質の過敏症を発症していきます。
少しでも楽になるよう工夫する奥様に、ご自分の生活が不便になることがあっても、理解を示し協力したあきやま先生。
願わくば、この漫画もたくさんの人に読まれ、普通の人には「こういうので!?」と思うようなことでも体調が悪くなるアレルギーがあることを、世の中にもっと理解して欲しい。
(自分の前の職場に、某洗顔石鹸を使って小麦アレルギーになった方がいます。その方はそれ以降強い香水等でも具合が悪くなったりで匂いに神経質になりましたが、周りからは病的に神経質になってるだけみたいな陰口言われてました)
名無しさん
僕もこの症状に毎年悩まされてます。男ですが、日焼け止めバンバンに塗って、アームカバーして対策してますが、毎年ブツブツが出来て痒みに悩まされてます。子供の頃は、こんなことはなかったと思うので、それだけ紫外線が強くなって来てるのかな?と思ってましたが、他にもいろいろ原因してるんですね。早くいい治療薬が出来ることを願っています。
名無しさん
私も、腕と手の甲だけなのでかなり軽度なほうだけど、これです。
皮膚科では日光アレルギーだと言われたのでこの記事で初めて正式名称を知りました。
あまり知られていないのか、友達に日光アレルギーだと言ったら何それと笑われてショックでした。もっと知られてほしいな
名無しさん
日光が怖いのわかる気がする。若い頃昼夜逆転生活してて腎臓にくるくらい過労して食生活は深く考えてなかった。いつしか、夕方以降しか外出しなくなり、昼はサングラス無しでいられない。直射日光に30分も当たると赤くなってヒリヒリ。そんな20代でした。30代産後更に悪化。子がアトピーで、食生活にとても気を付けるようになった。加工食品はほぼ使わない。合成化学物質は極力家に使わない、入れない。化粧もシャンプー剤も柔軟剤もやめました。調味料はまともなもの。色々考え方と生活を変えました。
10年経って、気づけば、サングラス無しで外出できてます。日焼け止め無しでも赤くなりません。(真夏は塗ります)
遺伝子もあるかもしれないけど、症状を助長する原因が、現代の「ベンリ?」な生活にあるように思います。合成洗浄剤やめると体臭も口臭も変わります。臭い消しの必要無し。
jwadt'g
私も高校生の時に発症して以来、夏場半袖で外に出ると、後から水泡が出て痒くなって掻きむしってました。すぐ氷で冷やすと水泡がでないことが分かったので、冷やしてます。
あと意外とローズヒップオイルを後から塗ると腫れにくいです。日焼け止めはあまり効果がなく、とにかく日陰で長袖で過ごすのが一番!
海で泳ぐなんて命がけ…
早く原因が特定されたり治療できるようになると夏を満喫できるでしょうにね。
名無しさん
テレビでもっと紹介してほしいと思ってます
電車内でも日焼け止めを塗り直す必要があったり、夏でも長袖しか着られなかったり、窓際の席を避けたりするのは、美白に気をつかっているわけではない、とか
紫外線で皮膚炎や目の痛みが出る人が沢山いることを知ってほしいです
RON
この病気の人が三人います。おうちに伺うと部屋の窓を全て光が入らないよう蓋をして蛍光灯の光もダメ。 唯一使える特殊な電球があるそうです。 なんとか治らないかなぁ?一人のかたはお勤めをしていたのですが体調を崩してから発症してしまい20年近くほぼ暗い自室とトイレの移動範囲です。 骨が脆くなり骨折もしやすく夜間に病院へ行くもこの症状で苦労をされている。理解のある町医者や大きな病院があるから良いものの医師が知らなかったり理解のない人のなかでの発症でさらに苦しむ人もいるはず。 どうぞ良い治療法を見つけてたすけてあげて下さい。
名無しさん
中学時代、日射病と熱中症と風を併発してから、直射日光を浴びると発疹が出て、すぐに肌が赤くなるようになりました。以来、日に当たらないようにした結果、直射日光にあたるとすぐ疲弊するようになったうえ、肌も病人並みに青白く見えるらしく、周囲には一時、末期の病気だと思われていたようで…現在は改善のためなるべく外に出るようにしていますが、やっぱり日差し対策は欠かせません。
不運が重なってアレルギー体質になったのかと思っていましたが、これも遺伝子のせいでしょうか?
名無しさん
現在55歳のおっさんです。二十歳頃は海に行ったり釣りをしたりでアウトドアを楽しんでおりましたが30歳くらいから急に発症しました。
現在でも暑い夏場であっても長袖は必須。さらに着る服の素材は汗を吸収する綿(コットン)じゃないとダメなんです。
早く特効薬を開発してほしいてす。
名無しさん
わかりにくい病気ですがたくさんお仲間がいますね。私もある年突然なりました。手の甲に湿疹みたいなものができだんだん腕が真っ赤になって皮膚科に行き診断されました。
症状の程度は毎年同じではありませんが、日焼け止めと真夏の長袖は必須です。
好きなTシャツで外で過ごすことは春先から無理です。日焼け止めも常に持ち歩きます。
私は軽いほうだと思いますが、いつ悪化するかわからないので治療法ができること期待してます。
asb.mnbは
二十代から徐々に拡がり二十五年痒みに悩まされてます、小さな水膨れがブツブツと現われ、掻くと分泌物を出し触れた箇所が爛れて拡がっていく感じ、市販の薬で治らないので専門医で塗り薬を処方します、日光湿疹の他にも汗による湿疹、時計、金属類、革等も全く駄目で、最近ではヘッドフォンをかけていても耳の裏側の皮膚に熱や汗が溜まると湿疹が拡がります。
名無しさん
わたしも物心ついた頃には光過敏症になっており、日光に長時間あたると皮膚に痒みや赤みただれ腫れ等がでるようになっていました。ひどいときには発熱もあり、肌が弱い為日焼け止め等はぬれず、薬にも反応してしまうので長袖を着たり、陽が出てる間は外出を避ける等して対応していました。そんな中、生命の作用を知り、半信半疑で始めましたが、今ではすっかり光過敏症が治りました!!今では半袖も着れるし、太陽の元、外出ができるようになりました(^^)もちろん美白対策は怠ってませんが、外出ができるようになったせいか、健康的な肌色になってきてしまいました笑
名無しさん
私も夏場の肌を露出する季節になるとこの赤い発疹症状が出てきます。以前、宿のアルカリ泉質の温泉に浸かったところ湿疹が退いていきました。それからは家でも夏場アルカリ泉質の入浴剤を入れていますが湿疹がおさえれる効果を感じています。体質によるかもしれませんがね。
名無しさん
私も光線過敏症です。
火傷のような水ぶくれになったり、まぶたが腫れ上がり目が開かなくなったことも。
今は完全遮光の日除けグッズがあるので皮膚はそこまでひどいことにはなりませんが
たった5分でも日に当たると、完全防備していても数時間後に発熱やひどい倦怠感で動けなくなります。
一生こんななのかなぁと思うと憂鬱です…
名無しさん
光線過敏症で検索してみたが、どれも経験的・統計的な話ばかりで、いまいち科学的な分析が足りない感じがする。
字で書けば『光線』だが『日光・太陽光』限定の話のようで、室内の人工照明には影響されないらしい。・・とすると、特定の波長(紫外線など)が関係していると思えるのだけど、それについては書かれていない。患者が大勢いるのなら、影響のある波長ぐらいは実験すれば簡単に見つかると思うのですが・・。
また、波長ではなく光線の強度が原因であっても特定は難しくはないよね。
名無しさん
色々な病気があって本人は苦労されているのだなとおもうが、日本人で一番特徴的と言うか、問題なのは副鼻腔炎(蓄のう症)では無いだろうか?
花粉の季節ではなくても、あちこちで鼻をズルズルしている姿は普通に見られる。
良く、外国で日本人を揶揄するのに出っ歯があるが、これも鼻づまり→口呼吸になる→寝ている時も口が開いているのサイクルが多いのでは?
睡眠時無呼吸症候群の原因の一つでもあるし、薬で一時的には治っても中々完治しない。
ある意味で国民病じゃないかと思う。
名無しさん
一年前に紫外線吸収剤を使用した日焼け止めを使って、初めて、ひどい肌荒れと湿疹になり治るまで半年以上かかりました。
いままで、紫外線吸収剤不使用のものしか使わなかったのに、春先の南国旅行に行く前にドラッグストアで選択肢があまりなく、しかたなく買ったもの。
大手メーカーの子供用で、紫外線吸収剤の肌への浸透をブロックという謳い文句でしたが、ダメでした。
南の島も、日焼けも、いつものことだったので、原因はいつもと違う日焼け止めだったと思います。
名無しさん
多少の暴露は大丈夫だけど、ベースに膠原病があるから紫外線は極力浴びない様にしてます。
回りからすれば異常なまでの美意識と思ってるでしょうが、別に迷惑かけてるわけじゃないから気にしません。自分の身体を守るのに、他人の価値観で生きてるわけじゃないし。
結果、歳をとっても肌は若いし、生まれ持っての体質だと思えば苦痛はあまり感じない。
8236954
私も30年来のアレルギー。
子供の頃は外で遊んで日焼けしても赤くはならずすぐ真っ黒になるタイプでした。
発症の原因はわかってて、夏の甲子園の応援。
スタンドで火膨れするほどの日焼けをしたその年から陽に当たると湿疹が出るようになった。
出産で体質が変わるとがあると治る事を期待もしたが治らず現在に至る。
子供が小さい時は海やプールに連れて行くのが辛かった。
まだ今ほど流行っていないラッシュガードを着れば、「服着て入らないでください」と言われたりバスタオル被ってじっと座っていたり。
今は春先(この時期)から長袖・長ズボン・日焼け止めは欠かせません。
忘れちゃいけないのが耳。
耳なし芳一の話の結末の様にうっかり塗り忘れりと耳だけ痒い。
研究が進むんで治療法が見つかって欲しい。
名無しさん
私は日光だけでなく、紫外線でも細かい水ぶくれがうゎーっとできて、見た目も、痒さも本当にイヤになります。皮膚科では、火傷みたいなものだから、当たらないようにするしかないよ、と言われましたが、当たりたい・・・。てか、気にせず歩きたい、外出したい。ちょうどオゾン層の破壊が、と言われ始めた頃から特に酷くなった気がします。辛いです。
名無しさん
光線過敏症になると、朝出勤する際に外に出て太陽の光を少し浴びただけで顔が真っ赤になる。赤い顔のまま、電車に乗れなくなるし、おはようと職場に出勤も出来なくなる。働いている人には深刻な病気。でも治療法は全く無い。
ある日突然になる人もいる。
営業マンで外出が多く、外の紫外線を浴び続けて突然発症した人もいる。
明日は自分かもしれない。
早く治療法が見つかり、患者さんが救われますように。
名無しさん
皆さんのコメントを読んでいてすごく勇気づけられました。悩んでいるのは自分だけじゃないって思えました。
自分は男ですが、女性に多い膠原病の気があって、皮膚限定で何も対策なしで紫外線に当たると大変なことになります。皮膚や頭皮は腫れ上がり、痒み→掻く→液体が出る→痛くなるを繰り返します。それを繰り返すうちに皮膚は色素沈着をしてしまい、必ず「そこ、どうしたの?」って聞かれます。
日光、紫外線が本当に怖く、本当に辛いです。
なので、一年中日焼け止めはかかせませんし、どんなに汗ダクになる夏場でも長袖長ズボン、日傘で外出です。きっと知らない方々から見たら暑苦しく見えるだろうなって思います。
紫外線にあたっても大丈夫って人がうらやましい。
半袖、ハーフパンツにビーサン履いて海にも行きたい。でもいまは叶わぬ夢です。
早く治療法が確立され、この病気で苦しむ人達がいなくなることを祈っています。
名無しさん
北海道で生まれ育ち、今は関東にいます。
北海道にいた頃は真夏に1時間でも日光に当たると真っ赤に日焼けして発疹が出たりしていたのに、関東に来てからは真っ赤になりにくくなり、発疹が出ることはなくなりました。
その代わりに花粉症と喘息、食物アレルギーを発症しました。
これなら日光に弱かった時の方が生活しやすかったなぁと思う今日この頃。
名無しさん
私もこれです。
子供のころは気づいてなかったけど運動会は毎回頭痛との闘い。
子供を出産してからは陽に当たると赤いプツプツも出来るように。
子供との公園は帽子必須です。
車でも窓から目に陽が当たってると頭痛がします。
いい天気で日の当たる場所への外出は頭が痛くなるのですごく疲れます。
アウトドア好きなのに悲しい。
娘もまだ小さいけど同じじゃないかな。
すごく眩しそうにするし、外に長いこといると疲れて寝てしまう。
ケアしてあげなきゃなぁ。
名無しさん
白人は少なくとも日光浴し健康を維持しようとするが反面紫外線を浴び過ぎると皮膚癌になりやすい、彫りが深い眼は光を避けるように出来ている、青い眼は黒い眼に比べ紫外線に非常に弱い、肌の黒い人種、茶褐色、黄褐色人種より、そのためオゾン層破壊物質の規制するルールを先頭に立って策定し続ける
マジ卍
屋外作業で夏は真っ黒になるけど、そんな症状はなかったけど、近年、ポツポツと湿疹が出るのはこの記事と同じものなのだろうか?
妻や娘や孫は日焼けを気にするけど、男って気にしないんだよ。人によるけど‥。
でも年には勝てない。
日差しが強いときの目のチカチカ。
UVカットとブルーライトカットのメガネはしてます。薄い色のサングラスが良いとテレビで言ってたけど、お客様(施主)と話す機会が多いからマナーとしてサングラスは躊躇してます。
名無しさん
オーストラリアでもこの症状を見かけたことがある。
当時、紫外線を浴びすぎることが発症のきっかけになるのではないかと思ったものだが、原因が遺伝子の変異だけではないということで、今後治療法が早期に生まれることを望む。
名無しさん
母がこれです。
モーラステープというヒザが痛い母にお医者さんから
副作用の説明を受けた上で処方してもらった
医療用テープを常用していて光線過敏症に。
冬から春の日差しが少し強くなった時が最もかゆく
なるようです。夏場は逆に本人も意識して服やUVカットを
しているのでマシなようです。
テープを処方する時に丁寧に説明して下さった医師に感謝です。
思った以上にかゆみがありました・・・
名無しさん
20歳過ぎてからなりました。
短時間だと細かな湿疹が出るくらいですが、長時間当たってしまうとぼこぼこと斑に腫れて赤くなり痒いです。
冬より夏の方が症状が重く、汗をかきやすいも関係するのかもしれません。
今のところ腫れた後に痒み止めを塗るくらいしか治療法がないので、早く根本的に治療できるようになってほしいです。
名無しさん
確かに白人て色白いのに日焼けしまくってるけど平気そうだもんね。
肌老化はするけど火傷にはなったりしてなさそう。
名無しさん
何故か2年位前、運転している時右腕だけ痒くなりアームカバーをしていた。その時腕が異様に熱を持っていた記憶がある。それもそうなのかなあ。でも今は症状は出ていないけど。
名無しさん
マメ類や穀物の種子を包む層には、日光が即虫害に繋がるためか、反応を刺激する働きがあるように思います。皮付きの豆や玄米を控えてみて症状が軽減する方もいました。
名無しさん
現場監督で生計を立ててましたが10年前に突然、紫外線アレルギーになりこの10年は夜勤がある愛知県の自動車関連に出稼ぎで生計を立ててます
始めの頃は周りに理解してもらえなくて
結構辛かったです
夏場に長袖を三枚とか着て手袋に、首にタオル、最後は熱中症に何度かなり病院に搬送されました。
学校のお迎えも不審者扱いされたこともあります
もし、皆さんの身近に居ましたら理解して下さい結構居ますから
名無しさん
私も中学生の頃に発症しました。夏場は少し直射日光に当たっただけで顔は赤くかぶれ、腕にはボツボツが…。年中長袖を着ているのも大変なので外に出るときはアームカバーや帽子はかかさず。日焼け止めを使いたいんだけどアトピーもあるので、毎日使用すると今度は日焼け止めでかぶれ…(泣)
中学校以来屋外でのスポーツプール海水浴したことがありませんでした。
ただ、かれこれ20年この症状に悩まれ続けましたが、ここ最近何が良かったのかは分かりませんが、ほぼ出なくなったんです。アレルギーが。不思議だけど、ホントなんです。
名無しさん
私もこれです。
頬がまだらに赤くなったり腕がぶつぶつになったりします。
腕はしばらくすると治まりますが頬はなかなか治まりません。
まだ今のように世間の認知度が低い頃皮膚科に行ったところ「汗が原因だからよく水で流すように」と言われました。
違うと思いましたが、一応水でばしゃばしゃ洗ってたらと今度は油分がなくなり今度はガサガサ…
マスクしてるとこすれてまた赤くなり、どーにもなりません。
赤く炎症を起こしてるので日焼け止めも怖くて塗れません。
ただ1つ言えるのはもう二度とその皮膚科には行かないと心に決めました。
名無しさん
日差しを浴びると目は眩しく雪目みたいになり、皮膚は真っ赤になり具合が悪くなる。色素が薄いからだと思っていた。このような症状があることをテレビでもっと周知して欲しい。男で夏場でも長袖帽子サングラス日焼け止め色々な意味で大変です。
名無しさん
海水浴はアトピーに良いってたまに聞いたりするけど、あれは実は日光の光が皮膚に良かったりするのが正解。
でも太陽の光には体に良くない物もあるのでそれを取り除いた光線だけを医学的に使って治療するのもある。
名無しさん
学生時代はテニス部で週2回は太陽の下で活動していたが、うっかり日焼け止めを塗らないでいると顔が赤くなるだけで、特にかゆくはならなかった。
その後社会人になり、30年程前の初めての海外旅行先のハワイに行ったときに赤くなり、かゆくなりました。
海外旅行保険に入っていたので、けがの治療先の医院でついでに診てもらった時に、光過敏症と言われましたね。
急に、ハワイの強い太陽の光にあたったから発症したそうで。
しかし、日本に帰ってきてからその後も海水浴やらキャンプで太陽の下で活動したが、今迄に特に発症せずに至っている。
名無しさん
20数年前、夏の陽のもと日焼けをしたら肌がただれて数年苦しんだが当時の診断はアトピー性皮膚炎だった。
子供の頃から今もだが逆光やストロボが苦手だからもしかしたら自分も光線過敏症なのかもしれない。
名無しさん
新しい皮膚科に行くたびに相談しますが、毛穴の所にぶつぶつが出来ているので、これは日光過敏症ではないと言われ続けています。しかし、手や足の甲、デコルテも陽に当たるところだけ綺麗に湿疹の境界が分かるので、直接的か間接的かは分かりませんが日光が関係しているのは間違いないと思っています。日焼け止めを頑張って塗っていれば大体は防げますが、油断して塗り直しを怠るとかぶれます。病気に関してまだ分かっていない事も多そうなので、これからハッキリしてくるといいな、、、。
名無しさん
昔これだったが、今は症状が出なくなった。
名無しさん
ここのコメントの声が厚生労働省に届けばいいのに!今、市議会議員に啓発ポスター作れないかお願いしています人を集めれたら予算も通しやすいので、今署名を検討しています
小学校から掲示物にしてもらえれば、日光アレルギーとすぐに理解してもらえて楽なのでは?
教師に説明をしても理解してもらえず「日傘を使うな!」と体育の見学中に随分子供が苦しめられた者より
名無しさん
10年くらい前から急になってしまった。
赤くなって毛穴がポツポツ浮いて来て痒くなります。
酷い時はミミズ腫れみたいになる。
好きだった草野球が出来なくなってしまいました。
哀しい、、、。
祖父も同じ症状があったらしいので遺伝だと思います。
565
日本人に多いって言うけど、割と最近の人に多いんじゃないのかな。アトピーとか花粉症とかもそうだけど昔の日本人がこういう事で大騒ぎするような事は無かったと思うよ。
日本人の体質が変わってきたのかただ弱くなってるのかは分からないけどね。親が抗菌だ紫外線カットだって子供を育てたら後々色々な問題が出てきそうだよ
蛍石
去年だったかに高校野球で光に対して拒否反応が出るという子が注目されたけど、彼はこれとは違うのかな。違うのなら、彼との比較も新たな発見につながるかもしれないね。
名無しさん
私もコレに近いかな。
何故か日焼け止めクリームじゃ効かなくて、日焼けを塗った上に長袖を羽織っている。
小学生の頃は大丈夫だったのに、中学生になって急になったんだよなぁ…不思議。ただ、発疹が出ても軽い症状なのがせめてもの救いかも。
かゆみ止めを塗って一日経過したら治ってるから。
宇野 正忘
もっとも多いのはモーラステープの貼付後。
私は冬にはり、エアコンの修理のため夏に半ズボンでいました
左足の部分を日光にさらした途端、時間も経過しているのに!!
まっかに腫れあがり黒くなり膿み、熱と痒みと体液がでていました
非常にかゆく、パンパンになりました
そこからはがれた皮膚はプラスチック片のようになり
ぱりぱりと硬く、非常にひどいものでした
現在はキレイに直りましたが
太陽光がそこに浴びると痒みと赤い湿疹が小さく出ます
光線過敏症(光過敏)は決して他人事ではない病気だと思います
名無しさん
私もソレですが、症状が少し違ってて、五月頃の、陽射しが強く感じるあたりに出始め、7月頃の、体がある程度焼けてくると治ります。
もしかしたら、ごく陽射しの弱い時期から、皮膚を慣らしておくと違うのかな?とは思います。
名無しさん
私も28歳で発症しました。よりにもよって結婚式の当日に。ドレスでの写真は身体の赤みを消す加工をしてもらいました。子供が生まれたので、発症しないことを祈るばかり。痒みをひたすら我慢することも含めこの症状は本当に辛い。。
名無しさん
そのうち、日光にあたっただけでアイスのように溶け出す人も出るのではないかw
それに、新薬や治療法が確立されても国は健康保険の適用外としていただきたい。よく、生活保護を叩く人がいるが、実はこのいう医療に健康保険を使っている人の方が、生活保護費よりもはるかに高額だ。保護費は10万円前後だが、健康保険で使われる医療費はそんなものじゃない。月に20万以上使用している人も非常に多く規制が必要だ。それらの事情に加え、新薬は非常に高価で自治体や国の健康保険財政を圧迫する。
それでも、健康保険の適用をするならば、任意加入制にするか、使った保険料に相応しい保険料に変更していただきたいね。
いずれにしても、普通の人はかからない特殊な病気で自己責任だと思う。
名無しさん
私も20年以上前から光線アレルギー。
冬でも明るい日に長時間そとに出るのは辛い
名無しさん
私も30年位日光過敏症です。若い頃はサーフィンやっていて真っ黒でしたが、なんともなかったのに、、、。調べてみると抗生剤の副作用に日光過敏症が記載されてました。なので病気等になっても極力服用しないようにし、あとビタミンB6を摂取するようにしたせいか、ここ2年は軽症でした。今年はまだ症状出てませんがこのままでないで過ごせることを願いたいです
名無しさん
このように少しづつ解明するのに尽力をしている方には頭が下がります。
これが人の生きる道だと思う。
同じことも繰り返し、他人から教わった事しかできない、これは動物ですよ。
下らないオリンピックに何千億円もかけて何が生まれる。一部の者が潤うだけです。
このような事には税金を使い一人でも多くの研究者が出て未来を切り開く。
これが人の生きる基本的な行動と思う。
名無しさん
年間通して、日差しを浴びると顔(頬)だけ赤くなってしまいます。
今日も1時間ぐらい車を運転して、出先のトイレに立ち寄って鏡見たらほっぺが赤くなってました。小さな子どもならかわいいんですが……(-_-)
また、冬の日差しを浴びたときの方が、赤みが引きにくい気がします。
一度、診てもらいたいな。
名無しさん
高校生くらいから顔の肌が痒くなり赤く腫れ上がる症状が出るようになりました。5月頃の紫外線が一番強い時期だったけど日光アレルギーだと思わず(子供の頃は平気だったから)病院では花粉症でも顔が痒くなると言われて花粉だと思ってました。が、別の病院で日光アレルギーかも?と言われてそれから日焼け止めクリームや帽子など対策して症状が減りました。子供も日光浴びると顔だけ真っ赤になるのでもしかしたら…?
今後の対策のためにも検査してみたいです。
名無しさん
私も長年痒みに悩まされ皮膚科の診断で光線過敏症と判断されそれ以降3週間に一度の皮下注射をしていますが中々良くなりません。酷い時で700箇所の皮下注射をしていました。今は200箇所くらいに減りましたが、外出時には襟足付きの帽子を被って外出しています。解明されて完治する事を切に願っています。
名無しさん
私は小学校5年生で発症しました。発症してからは、夏場も長袖長ズボンで日陰にいるようにしていました。18歳ぐらいからだんだん、でなくなり今ではほぼでなくなりました。精神的なものも関係しているのでは?と思っていましたが、今となってはよくわかりません。
名無しさん
私も出産後この病気を発症しました。症状が限定的だったこともあり、皮膚科を三ヶ所周りやっと診断されたほど。昨年は厚着による熱中症で入院までしました。周りの理解も少ないこの病気を、取り敢えずは周知していただきたいです。
名無しさん
私も強い紫外線にあたると肌が荒れたり
かゆくなったり痛みがでたり、それも一度出るとしばらく治らない。
紫外線対策するけど「ただの神経質な人」って思われること
が多いのがつらい。もっと知名度広がると良いのに。
目も光がやたらとまぶしく感じる。昔から。
こっちは眼圧が高いから眼科で治療うけるけど
関係あるのかも?
名無しさん
私は皮膚はそこまで酷くならないのですが、
夕方から発熱と全身痛で動けなくなります。
まだまだ未知の部分が多い症状らしいので、少しでも早く、何か改善方法が見つかることを願います…!

 

-ニュース ネットの声

Copyright© 出来事を考えてみよう , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。