ニュース ネットの声

メルケル独首相がG7を欠席するも安倍首相は出席する方針【ネットの声:目先のチャイナマネーは麻薬だぞ】

投稿日:

 30日、ドイツのメルケル首相が来月下旬に米国で開かれる先進7カ国首脳会議(G7サミット)への出席要請を辞退したと報じられたことをめぐり、日本政府関係者は安倍晋三首相のサミット出席への影響は「ないと思う」と語った。

  日本政府は、メルケル氏がサミットへの出席に前向きではないとの情報を事前に把握しており、別の政府関係者は「欠席する首脳はいるかもしれないが、サミットに出席しない選択肢はない」との見方を示した。安倍首相は従来通り、開催される場合は出席のため訪米する方針だ。

このニュースに関するネットの声は次のとおりです。
出典元:映像元:https://news.yahoo.co.jp/articles/dd9fc8ef1e59e652a3b64dd9f5eea2632c2de1bd
香港問題から目をそらす日本メディアに反対
メルケルはトランプのペースで中国制裁への参加を強制されることを嫌ったのでしょう。
ドイツは先日、5Gを安全ではない理由で採用を断った途端に、中国大使がすっ飛んで来て「ドイツ車も安全ではないということになる」と中国市場からの締め出しを暗に示唆されました。中国制裁に加わることのリスクを考えたのではないでしょうか。
日本は米国の同盟国ですので協力には断れませんから安倍総理はどう立ち回るかですね。
返信109
名無しさん
G7はオンラインでもできるのに、わざわざ集まるのはトランプの選挙に向けての政治アピールですからね。
米国は同盟国なので断れないというのが本当のところでしょう。
返信68
mine
>サミットに出席しない選択肢はない
どこかのコマーシャルを彷彿とさせますが、帰国時に訪米団全員を「2週間隔離しない選択肢はない」と言いたいですね。
自らが定めた水際対策方針に特例を設けることのないようお願いしますよ。
返信67
名無しさん
ドイツを始めEU各国は、距離的な感覚から対中国のデメリットよりも経済的なメリットにウェイトを置いているのが現実だが、目先のチャイナマネーは麻薬のように後で取り返しのつかない事になると思う
返信7
名無しさん
アメリカに協力するのはするべきだし、
中国の抑制も是非するべきだが、
アメリカに梯子を外されないようにだけ注意してもらいたい。
返信11
名無しさん
スポーツ庁の鈴木長官はオリンピック絡みでギリシャに出張していた際、3月13日に同じ車で移動した外務省職員の新型コロナウイルス感染が確認されたため在宅勤務による隔離処置になった。
出席しない選択肢がない理由を説明すべき。
そして、出席したら2週間隔離すべき。
返信18
名無しさん
意外な所で、山尾しおりさんが香港の国安法に抗議していたけど、今日の香港は、明日の台湾尖閣沖縄に通じる大変な時でしょう。日本のメディアは中国共産党をビビって何も書かないけど、大切な時期なのでアメリカに行き日米安保を強化すべき時だと思う。
返信2
gohikan
さすが、メルケルのドイツ。所詮、中国にくっついて、アジア人の人権なんかどうでもいいと思っている。西側諸国が反中国で一致することは、中国にとって極めて苦しいことになる。そこに、天安門事件では日本が助け舟を出し、武漢ウィルスではドイツが中国に助け舟を出すということ。日本は、少なくとも安倍首相は、中国側を利することはない。とにかく、今後の世界は、米国側か中国側かに分かれざるを得ない。日本は旗幟を明確にするべきだ。もちろん、反中国で。
返信14
名無しさん
どの様な思惑や事情があっても、ドイツ不参加のG7にしてはいけないと思います。オンラインであっても参加を促すべきです。日本政府も促すべきだと思います。姑息な習近平中国は綻びをついてきます。車メーカーの為に世界情勢を左右させる訳にはいきません。ドイツも習近平が約束を破る事は目前で見ている筈です。習近平とは約束事は出来ない事は西側先進国の共通認識にすべきです。
返信3
名無しさん
中国にビビったメルケル。対外的には反トランプの姿勢を名目に。
もしG7に出席したら、主議題は中国批判のいかなる共同声明を出すかということになるだろう。ドイツは中国との貿易で成り立っている国であり、中国の脅しに逆らうことはできない。
トランプ政権の独善的な政治に賛成できないという「名目」で、G7を欠席するメルケル。EU内でも自国の有利な立場を守ルため、イタリア、ギリシャ、東欧諸国への経済支援策を断り、批判されている。
ある意味でドイツの外交は、韓国の二股外交に似ていると言える。世界の優等生の立場をいつまで維持することができるだろう。
返信4
名無しさん
コロナ後の世界…対中国包囲網をどうしてもしなくては行けなくなる世界を話し合うにはかならず直で参加しないと行けないでしょうね
メルケルが来ないってのは、そういう事でしょう
勝手に勘ぐるならば、もしかしたらトランプや他国の首脳がドイツを信用していない…って可能性もあるぐらいです
ドイツはこれからの世界の中…身の振り方をどうするのでしょうか?
そして、我々一般人が今回のG7で何が話されたかを知るのは10年とか20年先とかになるんでしょうね…
返信6
名無しさん
G7で、協調して、それぞれの通貨の安定を模索しながら、コロナ禍が収まるまで、その国なりのベーシックインカム的な対策がとれるように話し合って欲しいと思います。
日本以上にひどい状況の国が殆どだと思いますが、世界中が同時に、財政出動しなければ、各国で大量の自殺者が出る事も防げないと思います。世界的な災害を、自国だけの利益につなげようとする中国共産党と戦う為に。
返信0
名無しさん
第一次および第二次世界大戦で、負けたドイツ(いつも負け組)。毎回、目の前のお金に目がくらみ(ナチス誕生の背景も、ドイツ経済がとても悪かったせいで、国民は、それを改善してくれるであろうと期待し、ナチスを選択しました。)、今回、またもや、お金に目がくらんで中国につきそうです。ドイツは、いつも負け組なので、歴史的にみると(歴史は、繰り返す)、ドイツとは反対の方向に進んだほうがいいように思う(もちろん、それだけではないですが。中国は、信用できないし、酷い国家なので、こんな国のチームなんかに、入ってほしくないです、日本は。)。日本は、誰と組むのがいいのか、第二次世界大戦の敗因の原因はいくつもあるが、組んだ相手も悪かったので、今回は見誤らないようお願いします。2Fさんや沖縄県知事玉城さん、そして左翼の皆様は、ほとんどの国民が、中国よりだと知っているので、考えを改めるなら、早いほうがいいですよ。
返信1
名無しさん
ドイツとイタリアは欠席で、
カナダ、日本、フランス、イギリスは出席か!?
今更だけど、g7は、地域バランスがアンバランスだな。
韓国もと言いたいけど、彼の国は赤組寄りだし。
台湾が国だったらいいのに。
返信7
名無しさん
ドイツは米国の踏み絵を拒否して中国を気にしたと言うことだね。
中国、ドイツ、イタリアで枢軸国を構成し、米国、英国、日本で連合国を構成する流れだね。
まぁメルケル首相は共産主義の東ドイツ出身だから中国の方が親近感があったのかもね!
共産主義は敗北したかと思ってたけど、しぶとく復活の機会を狙っていたということね、
韓国も社会主義の政党が政権を握っているから危ないな。
これは新たな民主主義と共産主義(社会主義)の対立軸なんじゃないか?
返信5
名無しさん
中国共産党をこのままにしておいたら世界は大変なことになるのでは?今回のウイルスも中国の観光客や中国政府に配慮したため経済的に大変な損失をだした。
目先の利益より未来の利益を考えるべきです。
返信0
諸君!
メルケル氏は、高齢であるだけでなく持病もあるから万が一感染すれば命は無いだろう。
今回は中国の傍若無人な振る舞いに対し人類はいかに対峙すべきかがテーマになることは間違いないのでメルケル氏の欠席は残念でならない。
返信2
hipoporage
まだ欧州とかは、ようやく空港を開けて大陸間移動の制限を取ろうかどうか検討している段階だからね。そりゃ行こうという気にはなれんわ。こういうのって行くのは一人だけじゃなくて、100人単位で随行があるんだよ。
日本なんかもっと。なんで政府専用機がでかいのか考えてみれば想像はつくと思う。
しかも欧州の場合は、国際会議が感染クラスタになってたところもあるからね。警戒するのも仕方ないと思う。
むしろこの場合、「安倍首相が出席しない選択肢はない」ということなら、政府はアメリカからどういう感染防止のガイドラインを示されたかどうかを明らかにするべきだと思う。行ったら帰国後2週間は自主隔離だって話もあるのだし。
返信2
名無しさん
G7の会場でも
アベノマスク着用するのかな?
ただ、国は民間にリモートワーク推奨するなら、
国際会議も当面はリモートで良くない?
G7にかかる費用も数億円でしょう。
感染リスク、移動費、警護費、滞在費
安倍さんが動けばかなりの人数が
同行する事になりますから、
沢山の人を危険に晒すし。
G7でクラスター発生したら
洒落にならないよ。
返信3
名無しさん
ココが正念場の一丁目かな。麻生氏でも問題ないんじゃないかと思うけど、安倍氏直々に出向いてG7の足並みを揃える調整役を日本が買って出れば、今後の力関係に翻弄される事がなくなる。青組につかざる得ない日本は、アメリカとの協調を旗印に新冷戦を生き抜かなければならないと思う。
返信3
名無しさん
安倍総理は難病の持病があるので感染するのが本当は怖いだろうな
と思う。自分も持病があるのでウィズコロナとか言われても
感染したら重症化リスクが高いので外出にはすごく気を遣う。
返信4
名無しさん
なんだかその国の構図を教えてくれるな。
ドイツは中国とズブズブの関係だったから気まずいのが良く分かる。
イギリスは直ぐに素っ飛んで来るだろうな。
返信0
新田神社
今度のG7は先進7か国が中国を対し、どのように対処するかをきめる重要な会議なので安倍さんには是非参加してもらいたい。これに参加しないのは中国に与するととられ日本にとっても危険である。中国を包囲する合意を得るのが今回の会議の意義だ。
返信2
名無しさん
目先の国益よりもよく考えて欲しいのは今後中国が世界に与える悪影響。ドイツは今のところ中国に国土を脅かされているわけではないから中国の脅威に実感が湧かないのだろう。このまま中国が力を付けて覇権国家の道を進めば世界中は壊滅的なダメージを受けるであろう。
返信0
名無しさん
そりゃ日本の立地考えるだけでもアメリカとタッグ組む以外ないしね。総理が会議出るくらいはする。
ドイツは断ろうと思えば断れる立ち位置にいる。
って、前提の上でこのニュースを見たほうが良いと思う。
返信0
名無しさん
G7が顔を突き合せての首脳会談は、西側の結束を示す意味でも非常に
重要な会談である。 独が経済優先して中国に頼る選択をした事は許せない事である。  西側諸国はトランプの選挙に関係なく、国際社会は
法の支配する民主社会を目ざす道を選ぶべきであり、日本の決断は当然である。
返信0
名無しさん
ドイツで最大の民間銀行であるドイツ銀行は、2017年4月から中国の海航集団が筆頭株主となっており、その海航集団は、地方政府の公的管理下に置かれている。要するにドイツ最大の民間銀行は、言わば、中国共産党の支配下にあるということ。また、ドイツ最大手の自動車会社であるフォルクスワーゲンは、中国での生産に軸足を置いており、排ガス不正などで資金繰りに困窮した際、ドイツ銀行が資金を提供して救済した。ドイツの金融と自動車会社両方が中国に乗っ取られ首根っこを中国に抑えられているということ。コロナウイルスで不況下にあり、さらに、中国から自動車関連について、脅迫を受けていて、中共に従わないと、中国での自動車の生産が出来なくなり、販売もできなくなるとのこと。新型コロナウイルスと香港問題で中共批判を強めるトランプ大統領と共同歩調を取れば、中国による制裁が発動され、金融、自動車とも立ち行かなくなるということ。
返信0
名無しさん
トランプからアメリカをとるか中国に付くかの発言あるでしょうね
尖閣諸島問題もあるだろうし、安倍さんには頑張ってもらいたいですね
コロナの件も色んな噂はたってるけど、武漢研究所から漏れたと思いましが、中国に進出してる企業も縮小して中国から撤退して貰いたいと思います
この国は、国民以外の習近平を取り巻く共産党政権を全世界で破壊してもらいたいです
それと、親中派の国会議員(二階)を中心にこいつらも引退してもらいたいです
返信1
名無しさん
メルケルのこれまでの訪中回数は他国と比較して群を抜いている。ドイツ製品のセールスを中国に展開し恩恵を受けてしまった訳です。VWは中国でほぼ年中無休24時間体制で生産しています。ドイツ車は中国抜きではもう維持できない。メルケルが訪米しないということは、まんまと中国の術中にハマリこれからは文句も言えず いいなりになります。中国に依存するということはこういうことです。中国の戦略にハマる前に抜け出せなくなる前に分散しておきましょう。
返信0
名無しさん
外交上の戦争が始まってるんでしょうね。G7サミットとロシアの戦勝パレードの時期が重なったのもおそらく習近平国家主席も訪露してプーチン大統領との首脳会談でアメリカを非難するんでしょうね。
対するG7も中国非難声明文を出す可能性がかなりあり親中派のメルケル首相は建前はコロナのせいにして本音は中国を刺激したくないのでしょう。
今世界の中で中国を非難できる首脳はG7の七人しかいないのだから我が国の安倍首相も是非訪米して世界に日本の立場ををしっかり示してほしいです。
そしてここでトランプ大統領と安倍首相の蜜月関係がかなり重要だと思うのでしっかりとした非難声明をだしてほしいです。少なくとも韓国の大統領には真似できないと思います。
返信0
名無しさん
メルケルは中国への損得勘定もあるのだろうが、トランプの怒りを買って西側の団結をないがしろにすることに何の得があるのだろうか。中国を叩くための結束を必要としている今、トランプがホスト役を務めるG7への参加は必要でしょう。
返信0
名無しさん
G7サミットは、西側先進国の象徴的行事だから、参加することに意義が有る。G20とは格が違います。まして、中国やロシアをけん制するためにも、会議離脱はまずい。中国に隙を見せることになる。TV会議ですれば、良いものでは無い。結束を見せることが、重要です。
返信0
名無しさん
G7出席するべきだ。帰国後、出席者はある程度の日数は隔離するべきだが、ここは各国首脳はTV会議をするべきだ。ドイツが会議に不参加についてはいろいろ書かれているが、単に国内が大事と判断しただけだと思う。だからこそTV会議を行うべきだ。中国批判をするにしてもG7の総意が大事だ。人権問題についてはG7共通の懸案事項だから。会議中はトランプ大統領に参加者の誰かが思い切って「アメリカ自身の感染対策はどうだったの?」と言って欲しい。あまりにも死者数が多いから。
返信0
名無しさん
香港問題、5Gも一帯一路でも中国を止めなければアメリカですら勝てなくなる
whoとか国連及び国際機関も一新するとき
国連の常任理事国を廃止するか拠出金に応じた発言のバランスを取るかすべき
返信0
名無しさん
「さようならチャイナ共産党」意味合いのサミットでしょうから・・・
各政府の色が出るのではないでしょうか?
出席して帰国しても、きちんと検査して問題なければOKでしょう。
そのような対応を宰相が優先的に受けるのは当たり前のことで、
まさかそれすら批判の対象にする人達がいるとしたら・・・
返信0
名無しさん
メルケルは悪事を働く独裁国家、中国共産党の手先になり下がるのか!?過酷な弾圧を受けて苦しんでいる香港の人々、不当にWHOを排除された台湾の苦しみを知るべきだ!ドイツは悪事を働く中国共産党の独裁国家と繁栄を共有している!ナチスドイツが彷彿とする!日本と米国はドイツの車を市場から排除してもいいのではないか!?中国共産党は武力で弱い人々を弾圧している。悪事を働けば厳しい制裁が下されることを分からせるべきです。悪事を働いても制裁されないことは異常です。メルケルは中国共産党の懐柔に乗るべきではない。メルケルを許せない。
返信0
名無しさん
中国に責任を取らせるための会議ならなんとしてでも出席するべきでしょう。
ドイツは第一次・第二次に続いて、第三次も自ら負け組に入って負け戦をするつもりなのでしょう。日本はそうならないためにドイツとは違う選択をしましょう。
返信0
名無しさん
私は出席するべきと考えます。米か中かの一種の踏み絵的要素もあると思いますが、選択を迫られた時は自由と民主主義の同盟国を選択の一択ですから。帰国後は二週間の隔離、在宅ワークとなるとしてもトランプ大統領とは面談すべし。
返信0
名無しさん
ぜひ、G7で世界に誇る日本モデルをアピールしてもらいたいですね。
基本、検査はしません。
検査をすることはやぶさかではないんですけど、どうも誤解した人達多いです。
マスク不足のために国民全員…ではないですが各世帯2枚配りました。
いくら使ったのかは非常事態だったので問題にしません。まだこないんですけどの声もあるようようですが法律上問題ありません。
給付金10万円配ることを決めました。が
それは各地方自治体にお任せしております。
専門家を招いて何回も会議を重ねましたが、内容は秘密です。

頑張って下さいね。
返信1

名無しさん
いまの安倍総理は日本にいるよりアメリカのほうが日本モデルの自慢でも出来て居心地がいいのではないかな。
尖閣での中国の件があるから、今回はトランプ大統領と尖閣防衛についてよく話し合って中国に対応してほしい。
外交だけでもいいとこ見せてほしい。
返信2
名無しさん
テレワーク推奨しているんだから、安倍さんもテレワークで参加したらいかがでしょうか。
ちなみに、日本の参加者はG7にコロナを持ち込まない自信はあるのでしょうか?
もしもG7会議でクラスタを発生させたら「結果を真摯に受け止める」だけでは済まないと思います。参加メンバーの無感染を証明するには、今の状況では参加前に2週間の隔離して検査しないと証明できないだろうし、参加後も入国の為には2週間の隔離しないと証明できない。そうすると1か月は隔離されます。あるいは生身で参加しても会合が面会が感染を防ぐためにかなり制限されるとしたらテレワーク参加と変わらないと思います。そうするとサミットに直接出席する選択肢はないような気がします。この観点でメルケルさんの選択のほうが賢明だと思います。
返信0
ICHTRO
いや、G7と言えど一枚岩ではない。
イタリアなど、もはや中国の犬だろう。G7ではないが、スペインやギリシャなど中国の金や人がないと立ち行かない国もある。まずアメリカ、イギリス、日本で同盟を組みTPPなどを中心に賛成国を増やすのが良いのではないか?
返信0
名無しさん
ドイツが中国べったりになれば第三次世界大戦が現実味を帯びてくるな、ドイツは先の2つの世界大戦の戦犯国だから二度あることは三度あるというからあり得ないことではない、中国とドイツとロシアが手を組めば相当強力な戦力となりアメリカと日本やイギリスが手を組んでも勝敗は分からないな、ただドイツは先の戦争では二度とも負けているから意外と戦争には弱いのかもな。
返信0
名無しさん
自国だけでなく他国をも非人道的な政争に巻き込む中国とは、腹をくくって決別してください。
それと、尖閣諸島は非常事態を想定して自衛隊も即時戦闘ができる準備が必要では。ここは、ヨーロッパではありません。
返信0
Jpn1st
メルケルは引き際目前、コロナの無事収束以外のパフォーマンスをG7など国際舞台で、などとは考えていない。
中国との相互依存関係も現状維持以外は望むまい。
安倍の参加がトランプの思惑にハマってもそれはそれで良い。
仮に民主バイデンが次期大統領になったら、日本は米中のグローバル2強の持ちつ持たれずの関係からは外れてしまうのが目に見えている。
中国の孤立化、弱体化が、コロナを契機にG7の場を使ってやるべき日米共同作戦でなければならない。
返信0
名無しさん
ドイツは日本と違い地政学上のリスクが
ないので、経済的利益の比較衡量で中華に譲歩する可能性は大でしょう。
一方、我が国安易な譲歩は奈落の途の
始りです。軍事力強化、憲法改正、核保有
を急ごう。
返信0
名無しさん
アメリカが中国に今1つ攻めきれない理由は欧州諸国の関心の無さにある。
国益の為に、我が国に無用なトラブルは避ける事を徹底している。
中国よりもアメリカが煙いとすら思っている。
そして欧州が協力すれば中国など容易い相手だと「勘違い」している。
対岸の火事気取りだが気付いた時に手遅れだろう。
返信0
名無しさん
メルケルはもともと左派思想では。中国に遠慮でもしているのでしょう。国民がどう判断するかだね。他国は口出す問題ではない。
返信0
名無しさん
欧米、日本など世界のほとんどを占める自由主義国家にとってもはや中国共産党は敵である。ドイツは中共との癒着がひどいので欠席するというが、大きな間違いだ。歴史的に見てもドイツは肝心な所で判断を誤る。ドイツの行動に振り回されず、中共に対して毅然とした態度を取るべきだ。尖閣諸島を占領しようとする敵国には当然の態度だ。
返信0
WWW.
中共が尖閣を自国の領海だと主張し始めた今、現行憲法では中国武装漁民の尖閣上陸を阻止するのは武器が海水の丸腰同様の海保。中共から活動資金の入ってるかの様に憲法改正に反対する野党ばかりの状況で、日本は行くしかない。
返信0
名無しさん
「欠席する首脳はいるかもしれないが、サミットに出席しない選択肢はない」との見方を示した。
訂正
「欠席する首脳はいるかもしれないが、支持率の低い今の国内事情を考えるとサミットに出席しない選択肢はない」との見方を示した。
返信0
名無しさん
ドイツはチャーター機で中国へ人を送り込む事になってます
アメリカより中国を優先したのは明白で色々と軋轢を生むでしょう
返信0
007
多感な10代、20代を、東ドイツの独裁政権下で育った人だからこそ、
中国批判の急先鋒になって欲しいのだが・・・
青春時代に自由と民主主義を謳歌できなかった人間は、
いくつになっても、染みついた危険体質が抜けない・・・
と、批判されてしまうよ、メルケルさん。
返信0
dowango
皆、政治家のプロみたいだね
まあ、私もそんなもんだし
政治に関するやり取りは別に良いと思うし
左翼も右翼も突き詰めれば同胞って
ナポレオンの時代から言われているんだから
そんなものなんだろう
けど、総理という職務に就いているのは
一個の人間で日本の国民なのに
その一個人まで全否定する言葉って
どうなのかな
犯罪者呼ばわりする人もいるが、別に立件された訳でもなく、
忖度はしろと言われて行う訳でもなく
実際問題、もし自分が同じ立場になったら
ウイルスが蔓延している国になんぞ、
たとえ国民や日本の将来の為だろうと
行こうと思えるんだろうか?
一般的な国民に取って
総理とは利用価値が有るか無いかでしか
判断していないと思うが
国を愛するが、責務は負いたくないから
手を挙げてくれた人に任せるだけ
気に入らなければ、自分が手を挙げて頑張れば良いと思う
返信0
wbc_dakkan_kigan
どう中国共産党に対抗すべきかを話し合う場に安倍総理が出向かないなんてありえない。
関係者の言うように「出席しない選択肢はない」は完全に同意。
その前に国賓中止を発表してからアメリカに行くべき。
返信1
名無しさん
私も対中強硬派の1人と自負しているが…
何か最近楽観的なコメが多いような
①、アメリカ国民誰にとっても本当に中国が脅威であると認識される頃には、日本はとっくに消えている。米中対立に上手く処する事など考えず、告げ口外交でもなんでもして米に中国を抑制させなければ日本に後はない。
②、トランプの「アメリカファースト」政策によって、アメリカの「自由世界のリーダー」としての地位は見る影もなく毀損されている。欧諸国の動向によっては米が負ける可能性もある。
返信0
名無しさん
アベノマスクを着けての出席になるのだろうか。
今更大き目のマスクとなると国民はどう思うか、一人だけ小っちゃいマスクとなると世界の人々がどう見るか。
難しい選択だ。
返信0
名無しさん
日本は、立ち回りも何もいつも米国に臣従しているだけですよ。
影響が大きいか小さいかだけ。
今回も日本の被害が少なくなるように動くだけでしょう。
中国は交渉はできるけど信用できない。
話しにならない韓国よりはマシだと思いたい。
返信0
名無しさん
この時期サミットに行くのは勝手だけど、安倍政権が決めた海外からの入国者は安倍首相同行者も含め、例外なく2週間は自宅隔離を実行して欲しいものです。
私人を連れて行く場合は、各地を動き回りそうですからね。なんなら、日本に帰って来ない方がいいかも?
返信0
名無しさん
安倍首相の出席は当然だ。まともな判断だ。メルケルは圧力がかかって中国への忖度が出たな。なにせドイツは中国共産党とズブズブだから。最近の中国のディーゼル駆動の潜水艦のエンジンはドイツのジーメンス社が供給したものだった。当然ドイツ政府の了解の上でだ。日本にすれば安全保障を脅かされるとんでもない超迷惑な話だ。おそらくコロナ感染を危惧を理由にするのだが本当は中共から圧力がかかったのでないかと考えられる。日本にも今同じ圧力がかかってるのではないかと思う。
G7に行くと2週間自宅待機になるから首相は行かないとか言わないように。中共の狙いは1国、2国と欠席させてG7でのアメリカのイニシアチブを骨抜きにすることだから。安倍は中共の圧力ごときは吹っ飛ばせ。負けるな安倍、頑張れニッポン。民主主義を守り抜け。
返信0
名無しさん
問題は安倍総理の出席ではない、昭恵婦人が同行するかしないかだ、するなら行動を確り管理して、同行しないなら留守中の行動を厳重に管理する事が肝要です
返信0
名無しさん
G7の中でアメリカ依存度が最も高い日本に選択肢が無いのは当然ではないでしょうか。
首相が総理官邸に籠ったところで、いろんな対策をすれば毎日側近など関係者が行き来できる環境を作ることは全く問題ないと思います。
返信0
名無しさん
メルケル首相はもうかなり高齢で体調も悪い、との印象だったが調べてみると・・なんと1954年7月の生まれ。ほんまかー。実際トランプと同年代かそれより上と思っていた。でも健康上の不安があるなら今アメリカに行くのは控えた方がよい。
返信0
名無しさん
ドイツはもはやトランプ政権を見限っていますね。11月の大統領選挙でトランプが再選される可能性はないと見ているのでしょう。EUを事実上代表する立場にあるドイツとしては、中国との関係をここまで悪化させたトランプにはとても付いて行けないと感じるのも無理はありません。G7のメンバーではありませんが、今トランプに付いて行きそうなのは、ブラジルの某大統領くらいでしょう。
返信0
名無しさん
私は思いますには、G7に行くのですが、又トランプさんとゴルフで負けて、今度は何を購入させられるのでしょうか。間違いなく、私安倍は負けますから、万が一私が勝とうものなら、トランプさんがどれだけ怒るのかを想像するだけで、恐ろしいです。トランプさんにとっては、私安倍は使い勝手の良い小僧だと思いますので、プーチンさんみたいに受け入れ拒否は無いと思います。
返信0
lo
アメリカは海外からの入国者を2週間隔離します。仮に安倍君一行が3日間滞在したとすると、帰国後さらに2週間の隔離なので、合わせて1か月は丸々表舞台に出れないということですね。多少、世の中が幸せになれそうです。と、思ったら、副総理が麻生君だった、、ダメだこりゃ。いずれにしても、安倍君の顔を長期に渡り見なくて済むので良かったです。まさか、帰国後2週間隔離しないなんてこと、無いよな。ついでに、あきえも行くのかな?だったら、一緒に隔離ですね。
返信0
****
ドイツはどこまでも商人だね。戦前の中国国民党軍に武器を売り、軍事顧問を送っていたのがナチスドイツということを知る日本人は少ない。そのせいでどれだけ多くの日本人が殺傷されたことか!ドイツがG7を欠席するのは中国へのサインだろうね。そして歴史は繰り返す。
返信0
名無しさん
トランプ、安倍は知的レベルが同じぐらいだから居心地いいと思うけど、メルケルさんにとってはトランプとの会合は酷い苦痛でしょう。
メルケルさんはじめ、ドイツの政治家は、中国の政治的評価を誤りました、現在はそれに気が付いているようですが、経済的な側面からみて、真っ向から、中国と敵対する気はないでしょう。G7に参加すれば、トランプに対中国の言質を取られることになる可能性が高いので、参加は避けたいでしょうね。
返信0
名無しさん
悪い意味では無いが今回はトランプさんとゴルフ密談は無いのだろうか?あれはあれで猛獣使いとしてはかなり効果あるように思える。なぜなら日本のゴルフ密談時のトランプ&安倍さんのツ-ショット画像でトランプさんの満面の笑顔には驚いた!(強面でしかめっ面ばかりトランプさんにとって)数十年後にあれはかなり貴重な物になるような気がする。
返信0
名無しさん
メルケルさんはトランプ再選が100%ないと分かっての訪米拒否だろう。
安倍さんも行く意味ないが、トランプ・安倍の関係から、行かざるを得ないのだろう。
トランプ・安倍とも再選できると思ったが、政治は分からないね。二人とも退陣とはね。新型コロナウィルスさえなければね。
返信0
名無しさん
安倍晋三が出席しない選択肢はないでしょうね。
支持率回復のために『外交の安倍』を演じるチャンスですからね。
尤も、国内でも原稿棒読みの安倍は、知性や歴史の知識が豊富で、議論好きで機転のきく各国首脳に相手にされていない、というのが実情でしょう。
昨年でしたかのイラン訪問についてのBBCのコメントには笑いました。『安倍晋三は国際政治における自分の価値を、自国民に実際より大きく見せることだけは出来た』。
というわけで、会議後に撮影された写真から、各国首脳と親しげに並んでいる構図の良さそうなものを友達メディアが掲載して『外交の安倍』が出来あがるわけです。
海外でタフな交渉をしてきた人達なら、安倍晋三が私達の税金で写真を撮りに行っているだけだという事くらい十分すぎるほど分かっていますよ。
返信0
名無しさん
トランプのポチとしては大統領選挙向けのパフォーマンスとなるG7参加はなにをおいても参加するということなのだろう。他の首脳が欠席して二人だけになったらどうするつもりなのだろう。新型コロナウイルス対策で失敗続きなので別にいなくても全く支障はないが、帰国後は自分は勿論、自粛破りの名人である奥方を外に出さないようにしないと国民が迷惑だ。
返信0
time
目下の課題は中国か。
ドイツはそれとは距離を置いたということか。
流石、経済至上主義。
離れてるとこうなっちゃうんだろうね。
ロシアなら切実なんだろうけど。
返信0
名無しさん
政府は、安倍総理が日本にいない方が良いと判断したと言う事か。
安倍総理の雲隠れを手伝う意向が強いと思うが、その間に、自民党内で、次の立て直しの政権を画策するつもりなら賛成しましょう
返信0
名無しさん
これで仮に安倍が帰国後にコロナに感染したら、その時なんの薬を投与するんだろう。その時に投薬される薬が今一番効果のある薬なんだろうな。でもそれは何がしらかの裏があって認可出来ないんだろう。少なくともレムデジベルは使用しないと思う。
返信0
名無しさん
出席しても実務的成果はない、安倍はトランプのポチだから出席し国内向けの点数稼ぎ。
お人好し日本人は、アメリカ大統領と仲良くてきる安倍様をまた評価するかどうか。
帰ってきたら二週間隔離され
そのままさようならしてください。
返信0
名無しさん
ポチはボスの言う通り。国内の失政、悪政批判からも最低3週間のがれることができる。そのまま日本でも表舞台から、永久に引退してほしいが、トランプは、「今回はシンゾウに何を買わせてやろうか」と必ず考えているだろう。シンゾウはその無理強いをのんで、日本でどんな言い訳をするだろうか。
返信0
名無しさん
出席しない選択肢はあると思いますけどね。
自分がこうだ。と思ったら回りが別の方法や考えありますよって、伝えてもその選択肢は無いって感じですよね。
考え直すって言葉はこの人の辞書に無いんでしょうね。
返信0
名無しさん
ドイツは中国がいないと国が崩壊するくらいに経済的に頼り切っているから、どうしようもないね。中国が強気な理由はこれなわけだし。途上国や欧州への影響力はすでに米国を凌駕するところまでいってる。独裁国家に世界が間接的にだが支配されることになるわけだ。
返信0
名無しさん
米国に官僚他記者団も含め何百人も行って、ウイルスを持ち帰るようなことは、やめてもらいたい。この時代通信の会議で十分ではないのか。帰国して全員が2週間隔離待機をきちんとするのか?できるのか?よく考えて欲しい。
返信0
名無しさん
メルケルさんが不参加はとても残念ですが、テレビ会議で参加はしてもらうように調整した方が良いと思います。それくらい団結してることを見せる事が大切な意味を持つ今回のG7です。
返信0
名無しさん
現状のコロナ情勢ではリモートが適切と言わず、
現場に行くと言うとは。。。
G7は今の国会が閉会後?
今、告発だか告訴されているから、
国会会期中の特権がなくなるから行こうとしてるんじゃないの?
返信0
名無しさん
『マスクの未支給』『給付金の遅れ』『黒川問題』『森友,加計問題』、国民から距離を起きたい安倍晋三。
国民には『自粛は継続し、テレワーク,リモートを推奨』と言っている安倍晋三。
G7なんてリモートでやればいい。
トランプに直接愚痴を言いたいのか?
こんな国民との意識に乖離がある人間を【総理大臣】においていて良いのだろうか。
このところ会見では『事前にマスコミから得られた情報ばかり』『精神論ばかりで実行こともなっていない指導力』『言い訳はかりでみずからの責任がとれない』
これが総理大臣なら、代わりはいくらでも居ると思う。
返信0
名無しさん
ソ連なんかに侵攻しなければアメリカの戦力が欧州に振り向けられる期間が長くなって日本はアメリカに勝ってたかもしれない、でも中国には加担しない方がよいと思いますが。
返信0
名無しさん
記事として不十分ですね。
事実を伝えるだけでなくその理由とそれがもたらす影響まで考察しないと受け手側に好き勝手言われるだけ。
ドイツの首相と日本の首相の動向を1つの記事にする意味合いも感じられない。
返信0
名無しさん
自国民には冷たい仕打ちも、諸外国に対して自腹を切らずに観光旅行で序に外面を良く見せたがる対面重視、行かないと言う選択肢は無いやろ
返信0
名無しさん
日本は中国に毅然とした態度を表明する意味でも米国での開催するG7首脳会談には絶対に出席するべきだ。ドイツが野のような内容で中国に腰を使っているとしたらメルケルも終わってる。これからの経済は中国での消費、投資から違う市場を開拓すべきだ。これ以上中国に金儲けをさせれば好き勝手な行動と言動で世界が蹂躙されてしまうだろう
返信0
名無しさん
政権末期、一国の総理が国難時に国を守らずアメリカに行くこと自体が信じられない。歴史に残る笑い話し。
世界各国が自粛、対策を考えるときに行かない選択肢がないと言う政府。完
返信0
名無しさん
安倍は5カ国が欠席しても行くだろうね。黒川とかアベノマスクとかで散々叩かれて、一般国民が隣の県への移動も自粛の中、アメリカに豪遊出来る。選挙前のトランプも歓待してくれるはず。互いにねぎらいあって良い気分転換にはなるでしょうね。その後は、暫く外出自粛?恐らくPCR検査して陰性だからとすぐ出歩きそう。
返信0
名無しさん
唯一コロナウイルスの対策で日本方式がうまくいっていると
褒めてもらい為だけに行くようなもの。
国内では誰も賞賛してくれないので、誰かに褒めてもらいたい
という子供みたいな発想が行く動機ですね。
きっと昭恵夫人も同行して観光とか旅行気分で税金を使ってく
るのだと思う。
返信0
名無しさん
唯一コロナウイルスの対策で日本方式がうまくいっていると
褒めてもらい為だけに行くようなもの。
国内では誰も賞賛してくれないので、誰かに褒めてもらいたい
という子供みたいな発想が行く動機ですね。
きっと昭恵夫人も同行して観光とか旅行気分で税金を使ってく
るのだと思う。
返信0
名無しさん
やっぱり、行くんですねぇ。トランプに「俺の顔潰すようなことしないでくれ」とでも要請されたんでしょうね。どうせ議題の焦点は「俺の中国政策に『御意』としてくれ。コロナの発生源は『武漢だ』にYESということ」この2点でしょ! 帰ってきたら「共通認識を確認した」「コロナ対策の成功を評価された」・・・行く前からコメントまで用意完了!
戻ったら、2週間の自宅待機が待っています。まさか、出かける前に『解除』宣言することなどしないでしょうね。いや、この手法は”得意技”、あり得る(かも)...でも、やったら、一発OUTですよ。
返信0
◍▲#■#
内心では米国に今は行きたくないと思っても
コロナ対策なので絶体に出席しないといけないね。
メルケルみたいなことではダメだよ。
国家の責任者ともなれば辛い選択だね!!
返信0
名無しさん
同行するスタッフや記者は症状がなくても優先的にPCR検査が受けられるのかな?行くのはいいですけど、帰ってきたら2週間は隔離してくださいよ。スタッフと記者さんたちもね。
返信0
名無しさん
安全保障から考えたら、メルケルは西側にとってリスクだ。
経済を人質にとられて中国陣営に取り込まれるとは。
「次はイタリア抜きで日独だけでやろうぜ!」というジョークが使えたのも今は昔。
返信0
名無しさん
正直、米国ペースで米国側につくのか?中国側につくのか?を選択させられるのは癪に障るが、今後新たなる冷戦が始まろうとしている中ではどちら側につくのかはっきりさせないとね。
返信0
名無しさん
実際の打ち合わせは、事前に事務方で終わっているはず、この時期専用機で税金を使いアメリカに行かなくてもオンラインで可能なはず。その経費で検査薬も購入できるでしよう、少しでも節約し国民のために使って下さい。
返信0
名無しさん
メルケルは物事を目先の損得で勘定します。EU統合と移民を利用して儲けたのはドイツです。都合が悪くなると、他に受け入れを促して批判したりしましたが… 中国に忖度するドイツとしては当然と言えば当然でしょう。
返信0
名無しさん
政界地獄耳が書いていたとおりですね
>★自民党幹部が言う。「首相はもう国会を開いていて黒川問題やコロナ問題で矢面に立つのが嫌なんだろう。6月17日までの国会を会期延長をせずに閉じたいのでサミットに行き、2週間隔離されて、そのまま夏休み。秋もできるだけ国会を開かず党内の批判は内閣改造をほのめかしてかわす。いつもの手法が続くのだろう」。
返信0
tkmx.ytqjm.+'jmw
最大の目的はG7開けの二週間の休暇。
黒川問題もコロナもしばらく忘れて、ゆっくり別荘で過ごしたい。
一人ゴルフても満喫しようかな。
返信2
名無しさん
まあ、この時期にわざわざ対面で行う必要があるのか?
と言う疑問はありますね。
厳守が出席ともなれば、随行するスタッフも相応の数になるのだから。
そのスタッフの安全を本当に保障してくれるのか?
と言うのも現在のアメリカの状況を見ると、少々疑問がありますし
とりあえず、アメリカへ行くのなら、言った人たちは、2週間の隔離をお願いいたします
我が国の安全のためにも
返信0
名無しさん
帰国後は当然、2週間は自宅謹慎ですよね?この非常事態時にいいのでしょうか?首相不在で2週間乗り切れないとも思いませんけどね。
安倍さんいなくても大丈夫って事になったら困るのはご本人ではないですか?
あと、当然奥さんの外出も2週間は控えてくださいね。
返信0
名無しさん
オンラインでも十分できるのに、コロナが流行る時期にわざわざアメリカに行くのはトランプの選挙応援ですか。何名かコロナ掛かったら面白いね。米国へ命懸けてしっぽを振りたいのか、家来だか仕方ないと言って
返信0
名無しさん
どうせ行くなら、ぜひ、アベノマスクの現物を着けて会議にのぞみ、自画自賛のマスクの素晴らしさをアピールしてきてください。
どうせなら、その素晴らしいマスクを、各国首脳にも配って差し上げればいかがでしょうか。
返信0
匿名
ちなみに、その給食用マスクをつけて行くつもりですか?
お願いですから、それは止めてくれませんかね。批判しませんから。野党もマスコミも批判しませんよね?ね?他国の首脳とそのマスクで並んでいる姿を想像するだけで・・・。
沖縄県かどこかから地場産のマスクを調達して、日本の伝統工芸だとでも言えば体面は保てますよ。
返信0
名無しさん
NOと言えない日本。
日本にとって良い事は何一つないでしょう。
G7で東京オリンピック中止が近づくだけではないでしょうか。
願わくば、安倍首相がコロナにかかって生死を彷徨い、医療の大変さに気がついて、ブルーインパルス飛ばしてる勘違いを反省して欲しいです。
返信0
名無しさん
ドイツだけでなく、5ヶ国ぐらい「行かない」と言えばオンラインサミットにできるのでは?
個人的にはトランプさんの政治パフォーマンスも兼ねてるような気もするので、一緒に踊ってやらなくてもいいじゃん…という気も。
オンラインのほうが安全、移動時間短縮、移動人数減で省エネにもなるし。
ま、サミット開催ってお祭りみたいになるしね。自粛でいいのでは。
返信0
名無しさん
今の状況を考慮するとオンラインでサミットを開くのが一番良い選択肢。
米国に行ったら、帰国の際は地位・職に関係なく2週間隔離するのが良いと思う。
返信0
名無しさん
テレワークで十分!!
経費かけて、写真撮るだけなので、コロナ考えれば、行く事自体ナンセンス!
もっと、経費減らして、国会議員の給与や賞与減らして医療従事者に厚偶を与えるべきだ!
返信0
名無しさん
コロナ新時代に従来と同じやり方でG7を実施し、安倍首相が参勤交代みたくトランプに会いに行くなんて国民に示しが着かないよ。さすが限界の安倍首相だ。
トランプの大統領選挙応援の一助に馳せ参じるんだな。
トップが率先し変わる姿勢を見せないで国民にはリモート会議でとか呼び掛けるなんて虫が良すぎる。
さすが我が国トップだなぁと国民を唸らせる様なことがもはや出来ない安倍さんになのだ。
後追い、後手後手ばかりで、進歩の見えない安倍首相では必ず襲来するコロナ2波、3波の舵取りはとても無理だ。
何せ時代の先を行かなくてはコロナには勝てる訳がない。
返信0
名無しさん
メルケルさん、ドイツ人魂が泣くぜ!
ちょっと中国に脅されて縮こまって、お呼びの主が苦手なトランプじゃ、どうしましょう、良い理由があったわ、コロナよね、てなこっちゃ、ドイツ国民泣くに泣けねえなあ、嫌々参加してもすぐ見破られるから無理するこたあない。
逃げるが勝ちってこともある、先のことは誰もわからん、、のです。
でも義理と人情は世界共通です。
返信0
名無しさん
安倍首相のG7行きを妨げるものは何もない。
むしろ国外に行ってほしい。
安倍総理のコロナをめぐるこの3-4カ月は
世界に晒してこの上ない愚政であり
昔なら「島流し」「国外追放」級の犯罪にも値する。
G7の世界お歴々には申し訳ないが
日本の不出来を暫く預かってほしい心境だ。
帰ってこなくてよいから
代替え総理を選ぶ準備を整えて出発してほしい。
長期不在歓迎。
帰国後の2週間隔離に大歓迎。
その後自宅待機を是非一か月以上お願いしたい。
総理。
貴方が不在をしてくれれば
答弁不能な不幸な大臣を生むことなく
つじつま合わせの答弁を強いられる官僚を生むことなく
専門家会議の議論を捻じ曲げられることなく
全てが順調に運びます。
やはり国政のカギは貴方が握ります。
良い国にするには
貴方が国政関与をしない事です。
心を込めて・・・
「いってらっしゃい!」
返信0
名無しさん
北朝鮮による拉致被害者の救済の件はどうなったのか?トランプ氏にしっかりと問いただしてほしい。といっても安倍首相の場合は、「立て板に水」だけど「糠に釘」でむなしい。参加すれば新たな出費を約束されるだけだから行かないほうが良い(どうせ二人ともそろそろ終わりだし)。
返信0
名無しさん
オンラインで十分なので、わざわざ高い予算を使い専用機飛ばさなくてよい。
アメリカに行ってトランプに、また仲良くゴルフしようって話して帰ってきて二週間隔離受けて国会や内閣委員会などでの説明責任から逃げ、担当大臣や政務官や秘書官や補佐官などに責任をとらせる…
っていう安倍晋三の企みバレバレ(笑)
日本経済が衰退して国民が苦境に立たされている中、やはり安倍は現実逃避して保身の事だけを最優先する。
そろそろ納税者である国民が暴動起こしますが大丈夫かな?与党自民&公明党は?
迅速に内閣総辞職させ新たに職責を全うする内閣を築くべき時である!
返信0
名無しさん
同じ敗戦国で、どうしてこんなに違いがあるのかな?毅然として我が道を行くドイツの首相と不動産屋に尻尾を振るしか能のない属国の首相。かたやフランスと歴史的な和解を成し遂げ欧州のリーダーになり、片方はアジアのリーダーになるどころか言われるがまま、されるがままの男妾状態。戦争で亡くなった310万人の英霊が泣いてますよ、きっと。
返信0
名無しさん
今の情勢で、web会議の可能性を考えない方がおかしい。2週間の隔離を行ってでも、米国に行って対面で会議出席しないといけない理由を、国民に説明してほしい。首相並びにその随行者の人数分と渡航並びに滞在費用も合わせて伝えてほしい。
返信0
名無しさん
G7では米国政府の米国中心の経済ブロック「経済繁栄ネットワーク(EPN、EconomicProsperityNetwork)」、英国が通信分野で提唱する米英や日本などG7諸国にオーストラリア、韓国、インドを加えた10カ国による「民主主義10カ国(D10)」の枠組み構築が話合われます。もちろん中国共産党に対する1京円損害賠償は‘決議’です。腐敗している習近平及び一族郎党の全世界対外資産も没収確定ですね。
返信0
名無しさん
合わなくても出来ることなのに
今時参加しないのが常識だと思う。
顔色伺う国はいくでしょう。
参加することに同行する人の数を考えたら不参加の方が賢明だと思う
返信0
名無しさん
中華、朝鮮、ドイツ。これが敵になるのかな。ドイツはバカだね。戦争になるとドイツのTOPはヒトラーの様に選択を間違える主導者が現れるんだな。メルケルもそう。ここが一番大事な時期で、全西欧諸国で中華を駆逐しなくてはいけないのに・・・。またドイツはナチスと同じ道を歩むのだろう・・・。いつも土壇場で道を踏み外すドイツ。中華と共に倒れるのだな。
返信0
名無しさん
感染リスクの高い国にのこのこ出かける必要はないわな。ネットでも何でも幾らでも会議はできる。政府専用機に滞在費用に・・・金の無駄遣い。トランプに付き合うメリットはどこにもない
返信0
名無しさん
各国の首脳に布マスク(まともなマスク)に国旗を入れたものをお土産にしたらいいのに、と思った。まだしばらくはマスクは必要だし、せっかくG7という主要国の首脳が集まるのだから、お揃いのマスクをつけるというのはコロナに対して世界がまとまって対策するというアピールにもなると思う。ついでに日本のマスクのアピールもして貰えばいい。
返信2
名無しさん
>安倍首相が出席しない選択肢ない
でしょうね。予想していた通り。
コロナ禍の真っただ中であっても、お友達優遇とお友達作りは安倍晋三首相にとって最優先事項であることは、日本国民なら知らない人はいないでしょう。
日本という国が今後どうなるか、それは彼にとっては些細なことでしかない。
G7で彼が何を発言し、どのような実績を残すのか。
返信0
名無しさん
まぁ、同盟国の敵に兵器売ってた国だし。
現在も変わらずか。
二度の大戦負ける訳だ。
総理はコロナ拡大当初、脱中国と長期戦を言ってました。コロナ前から製造等は頭打ちでした。
中国をはぶくことを先進国…ドイツやイタリア以外で決めた教科書に載る首脳会議でしょう。
返信0
名無しさん
このような世界的パンデミックの時に、わざわざ危険を冒してまで米国まで出かける危機管理能力のない各国の首脳たちの行動がわからない。オンラインによるテレビ会議で十分意見交換できる筈。安倍総理は何か国内で不都合なことがあると海外に逃亡するという常套手段を使う。外交の安倍をアピールしたいのであろうが、彼の関わった外交で成果を上げたものは皆無である。今はいずれの国にあってもコロナ対応に徹するべき状況。更に昭恵夫人がアメリカで羽目を外す可能性もあり、ドイツのメルケル首相は、極めて冷静な判断ができる人物である。現時点での海外への行き来は、当然のことながら責任ある立場にある方々は避けるべきである。
返信0
名無しさん
安倍首相、G7出席、お疲れさまです。
コロナ収束が上手くいっているので、鼻高々ですね。
間違えても、自分が先導して収束させた、なんて言わないで下さい。
収束を先導したのは、吉村知事、古池知事、鈴木知事、それに続いた国民です。
安倍首相はじめ、日本政府は何もしていないに等しい、逆に足を引っ張る状況でしたよ。
新しいニックネームができましたね、アベノマスク。
たぶん、G7でも安倍首相は人気者でしょう、アベノマスクと。
返信1
名無しさん
こういう時だからこそ、初のオンラインG7でアピールしたら良いと思うけどね。あえて移動というリスクを負わなくてもいい。
国のトップだけではなくて、事務作業も大変だろうし、マスコミも集まる。厳重な警備も必要で。コロナ関係での業務もあるだろう中で多くの人員を割くことになる。
大阪でG7があった時、各地の駅のロッカーが使用禁止になってたり、監視の目の届かないホームのゴミ箱が封鎖されてたりした。多くの人が色んな作業が必要になるだろう。
それらの業務にあたる人が感染したら成果など言えないのでは。
返信0
名無しさん
アメリカの傀儡政権日本だから、当然出席しますもんね。
支持率の危険水域自覚の上、馳せ参じて下さい。ミサイルとか戦闘機の押売りあるでしょうが断るようお願いします。
というより、そこまで安倍晋三議員バッチつけてるのでしょうか?
検察がんばってますので。
返信0
名無しさん
渡航禁止の中、私の友人も渡米ができない現状で出国待ち。出国しない方を
通常選ぶべき。G7も大事なら、企業の業務も大事。それを自粛しているなら政府そのものも自粛すべきでは。もし行くなら帰国してから、2週刊通常通り隔離してもらえますか。何もこの時期集まる必要性がない。
返信2
ahonoM
安倍はトランプのポチなんだから行きたくて仕方ないはず。
何せトランプと握手した写真さえマスコミが広げてくれれば外交成果として大々的に見せたいのだから。
コロナにうつっても行きたいんだろう。
返信0
名無しさん
日米同盟なくして我日本が存在しない事は明らか。でも安倍さんの場合はそれ以上に、最愛のトランプ様に会いに、また法外な買い付けを押し付けられに行くのでしょ。第二次補正で10兆円もの小遣いを手に入れられそうなのだから。トランプ様への忠誠のために。まるで反社会勢力(超右翼)の社会ですね。小沢一郎さんが警鐘を鳴らしている様に、今、国民みんなが気付かないと取り返しのつかない事になるのを憂えます。G7はオンラインでやればいいだけの事。
返信0
名無しさん
EUは「中共ウィルス」で何万人殺されたかを考えればそんな事を云っている場合では無いと思うが···!? メルケルさん、命あっての経済ですよ! ここでキチッと止めておかないと次はどうなるか分からないよ! 安倍さん、出席して力強い脱中共を!
返信0
bunbun
まあ香港とコロナでG7は中国を孤立して行く方針なんだろう、批判はあるが今の世界はトランプが社長で日本は部下の関係、断るのは無理だろうから帰国後はそれなりの対策は必要
返信0
magicbell77
なんか色々矛盾してますね、
国民には県をまたぐ事を控えろと言っておいて、ご自身は国をまたぐんですね。
仕事だろうがなんだろうが、周りの職員含め、結構な数が他国に行くことになりますけどね…
それこそテレビ会議でもいいのではないかと思いますけど。。
返信1
名無しさん
どっちにつくかG7とかもうやめて中華と米国で勝手にやったらどうだ
大国は高圧的、中国の今があるのも日本や欧米に進出してもらったからなのに発展したらこのざま
そろそろジャイアンと距離をとって非大国同士でやると上手くいくと思うが
返信0
名無しさん
G7も米国以外は中国に逆らえない国ばかりだし、名実ともに崩壊だね。
米国も経済力で中国に抜かれるのは時間の問題だし、もう戦争を起こす以外に中国を押さえ付ける方法はないと思うよ。
ただ、戦争を起こしたら核武装国家同士の戦争だから、結末は誰でも想像つくだろうけどね。
返信0
名無しさん
事実として、世界最強の軍事力と経済力があるのは
アメリカ。
だからポチでいいよ。
それが中国に変われば中国につけば良い。
日本が核保有しない限りそうするしかない。
それが国民のため。
現実とはいつも悲しいもんさ。
理念や理想は実力を持ったものしか叶えられない。
会社も同じ。現実を直視せよ!
オールドメディアも不安を煽るのが大好き。
今日本がするべきことは、金融緩和の波に乗り、
さらに成長することのみ!
家に引きこもっていれば、他国に出し抜かれる。
豊かな日本は、当たり前ではない。
返信0
名無しさん
かつての第二次世界大戦の日本の同盟国ドイツ、イタリアは今や中国なくして経済に不安があるようですから、あからさまに米国寄りとは思われたくないのでしょう。
ワーゲンなんかは中国なくしては大変ですからね。メルケル氏も苦汁の決断だったのかも知れないですね。
返信0
名無しさん
日米ともに14日間の隔離政策があり、外務省から渡航中止勧告が発出されてるというのに正気か。米国は欧州シェンゲン協定国の入国拒否してるんだからメルケル氏の判断は当然。
返信0
名無しさん
中国討伐に参陣せよとの号令。第一次、第二次に引き続きドイツはまたまた米国を敵に回して3連敗ではマズいでしょ。
返信0
::::::::::::::::
コロナで学ばなかったのかな。
テレワークで十分仕事は成り立つって。
まして、会議なんてその最たるもの。
しかも、首脳の会議なんて形式的、儀礼的なもの。
こんなことに、莫大な移動、会場、警備…の費用かけているなんてばかみたい。
返信1
名無しさん
メルケル首相は糖尿病もあるらしいし、コロナがまだまだ蔓延している中、命をかけてまでアメリカのアピールに付き合わされたくないと考えているのでは。
だから即中国寄りと決めつけるのはどうかなあ。
安倍さんはアメリカに行ってトランプさんの横を陣取って英語で会話して見せればまた支持率が上がるとか本気で思ってそう。
私の中ではこの独裁政権を支持する日は永遠に来ない。
返信0
なーさん
ドイツ首相は賢明ですね!お友達からのご招待ですから、また夫婦そろって外遊ですかね。置いて行ったら留守中に何にするかわからないから連れて行って監視した方がいいですよ。
夫人は公人でないから野党からその行動をどうこう言われる筋合いはないとか言っていたと思うので、私人なら旅費等は自腹で言ってくださいネ!
どうせたいしたことを話し合うわけでないし、TV会談で十分でしょ。トランプとにやけ顔で握手して外交の安倍を国民に植え付ける印象写真くらいで意味なし。もし行くようであれば安倍応援団・官邸広報室の産経新聞かみだけ行けばいいのでは?期待度ゼロ。トランプの選挙戦のエサになるのは目に見えていますよ!
返信0
名無しさん
こんな時なのだから、オンラインでやれば良いだけでしょ。時差はあるだろうけど。晩餐会も中止だろうし、短時間で有意義な会話をしてくれれば良い。
返信0
名無しさん
メルケルはトランプの強引な会議の進め方を警戒していると同時に、やっぱりコロナリスクを考えてのこと。
安倍さんは国民には自粛を要請しといて自分はトランプのご機嫌とりに危険なアメリカ出張ですか。
自分は特別とでも思っているのか?意見する自民議員がいないのも情けないが、もろ裸の王様丸出しだな。
返信0
G7の中では、日本が最低の国だ。日本政府の外交はこれまで一貫して米国のご機嫌うかがいだったから、今度のG7もせいぜい意見交換程度のものに過ぎない。重要ではないから出ても出なくてもよい。
返信0
名無しさん
行ったなら、せいぜい議事録は残してね。
記憶力もなさそうなイメージですし。
判断力も、語彙の理解も使い方もおかしいからね。
返信0
名無しさん
行ったって、何も意味不明の政策。おそらく、トランプに寄り添うとか。くだらない発言でしょう。
どちらでもいいけど。日本にもいらないし、G6でも存在感希有。
ワースト引き連れ、帰って来なくてもいいけど。
返信0
庶民
この財政難にわざわざ2機もの飛行機で大挙して出向き大気を汚さなくても、オンラインで面と向かったと全く同様なリアル対話ができる。これまでも各国首脳がオンライン会議で何不自由なく意思疎通が出来ることは分かっており、トランプの顔を立てる必要はさらさらないゾ!!
返信0
名無しさん
危機管理能力の無さに緊張感の欠如から、
アメリカVS中国・・・リスクなど感じないのだろう。
ただの自己満足を求めているだけだと思う。
とにかくアメリカにすり寄る姿勢は止めてほしい。
真とした姿勢でいてほしい。
返信0
名無しさん
税金の無駄遣い止めてください!
政府専用機飛ばすのも多額の費用がかかるし、どうせ帰国しても特別措置で14日間自宅待機しないんだろ!
ふざけてる話しだよん!TV会議でも十分だろ!
コロナで困っている人たくさんいるんだからそのお金困っている国民に使って欲しい

 

-ニュース ネットの声

Copyright© 出来事を考えてみよう , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。