ニュース ネットの声

百田尚樹氏が池袋暴走に「免許を取り上げなかった嫁や息子にも怒りがおさまらん」【ネットの声:年寄りが増えるこれから国に動いてほしい!】

投稿日:

百田尚樹氏が池袋暴走に大激怒「こんなジジイから免許を取り上げなかった嫁や息子にも怒りがおさまらん」

 構成作家の百田尚樹氏(63)が24日、ツイッターを更新し、池袋の暴走事故に言及した。

 19日、東京・豊島区の池袋で高齢男性(87)が運転する乗用車が暴走し、通行人を次々とはねた。自転車で走行していた31歳の女性と3歳の娘が死亡。8人が負傷した。

運転していた旧通産省の元官僚で工業技術院の元院長は逮捕されずに、入院している。
百田氏は「炎上覚悟で言う!」と前置きしつつ、激しい怒りを表明。
「ほっといてももうすぐ死ぬジジイが、若い母親と幼子の命を奪い、家族を悲しみの淵に叩き込んだ! ジジイにもムカつくが、こんなジジイから免許を取り上げなかった嫁や息子にも怒りがおさまらん」と責任は家族にもあると指摘。
高齢ドライバーの運転をめぐってはさまざまな議論があるが「殴り倒して鍵を取り上げたらいい。それができないなら、クルマを壊してしまえばいい」と、強制的な措置が必要と訴えた。

関連記事:池袋 87歳事故 事故を起こした運転手をメディアが「容疑者」と報じない理由とは?【ネットの声:こんな事故起こしたら、普通は逮捕されるだろう》

このニュースに対するネットの声は次のとおりです。

出典元・映像元:ヤフーニュース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000001-tospoweb-ent

 

名無しさん
同感です
87才が普通に乗ってると思うと怖すぎます
車は動く凶器です
名無しさん
よく言ってくれた。
今回はこの人が炎上することはないだろ。ま、マスゴミが忖度して悪く言われる可能性はあるがな。
名無しさん
家族内の力関係もあるからね。それはなかなか難しい。
それより法律で年齢上限をもうけるべき。問題なく運転できる85歳もいる?いやいやそれを言ったら問題なく運転できる12歳もいるんじゃないの?下に強制かけてるんだから上にかけても問題ないでしょ。
名無しさん
まさに今朝じじいが運転する車が赤信号なのに左折してきた。私はびっくりして止まってたら、細い道だったので譲ってもらったと勘違いしたのか手をあげてきた。赤信号だったことすら気付いてない。助手席のばーさんも普通の顔して驚いた様子もない。直進してくる車がなかったのが幸いでした。
本当に年寄りは運転しないでほしい!
名無しさん
全く同感です。私は83歳の父親から車のキーを取り上げました。頑なにに鍵を握り締め渡そうとしない父親の指を1本ずつ外して取り上げました。親父は俺に死ねと言うのか恨みを込めた右手私を睨みつけましたが、これ以上事故起こして孫娘が結婚できなくなったらどうするのだと言って取り上げました。これまでも毎年のように何件も事故を起こしており、もうダメだと思い心を鬼にして取り上げました。今にしてみれば本当に良かったと思います。一概には言えませんが、法的に80歳で線引きをしてそれ以上の高齢者から免許証を強制的に取り上げる位のことが必要だと思います。そうしないと今後高齢化が進むとさらに多くの運転殺人者予備軍が生まれます。何の罪もない若いお母さんと3歳の幼児が87歳のジジイにひき殺されたことには本当に心が痛みます。
名無しさん
全くその通り。
危険を承知で放置していた家族にも罪はある。
今後、危険を放置した場合罪に問える法律をつくるべき。
恐らく、認知症のふりをして退院してくるだろう。弁護団もアクセル故障と認知症で逃げ切る。検察とトヨタには頑張って嘘を暴いてほしい。
abc
同感です。
何故年齢制限の下限はあるのに上限がないのか。
他に交通手段がないから…とかよく聞くが、池袋なんて車なくても生活できるだろ。
免許を取り上げなかった家族も同罪。
ただ、年寄りは頑固だったりするから、国が強制力を持つ方が効果的だと思う。
名無しさん
自分の祖母は過去に事件を起こしておるにも関わらず70を超えた今でも家族からの免許返納を拒否し続けている。
「免許返納したらバスが割引されるとか色々あるよ」と説得しても聞く耳持たず。挙げ句の果てには「事故が起きた時はその時はその時」とまるで他人事のような開き直りとも言える発言まで苦笑。
警察などに相談しても「身内で解決してくれ」で終わりですし、老人の事故は身内にも責任があると言うなら老人の場合は本人だけではなく身内からの要請でも警察や役所でもいいので公的機関が免許を取り上げれるようにしてほしいと思います・・・。
名無しさん
一言一句同意
名無しさん
おっしゃる通りです。
しかし、高齢者にはガンコで石頭、人の話を全く聞こうとしない人がたくさんいます。
それなりの地位でキャリアを積んだ人ほど、その傾向が強いのではないでしょうか。
こういった高齢者こそが、本当に厄介です。
家族にとっては、手に負えない存在なのです。
長寿国の裏側の真実だと思います。
名無しさん
同じような事故の悲劇が後をたちません。
人はパニックになると、アクセルだろうとブレーキだろうと
強く踏み込むのが原因だと思います。
根本的に解決しようと思うと、ある程度の年齢になるとアクセルは引く操作の車に改造すべきだと思います。
後、信号の見通しはどうすれば解決できるのでしょうね、重罰で抑止するしかないのかな。
名無しさん
この人の言っている事は間違ってない。
元々自覚してて免許を置いてる人が、足が悪くなったからって、またハンドルを握るって。
そもそも運転は足使うだろって話。
それに免許の上限は設けるべきだと思う。家族が判断するのも良いとは思うけどけど、単身者も増えていってるし、同居しているとも限らないって考えると、やっぱり国の制度として、強制返納は必要だと思う。免許が取れる年齢が決まっているのと一緒。頑固な高齢者も多いし、強制力ないとこういう事故はなくならない。
そして、そろそろ免許を手放して生活が不自由になった高齢者をフォローする制度があってもいいと思う。病院やスーパーを巡回するバスとかもっと合ってもいいと思う。
自分の親も田舎に住んでて車がないと困る地域。親がそういう年齢になる前に、自動運転が当たり前の世の中になっているか、そういう制度が整っている社会になっているか、どちらでも良いから早く!!と思う。
名無しさん
言葉は悪いけど言ってることは間違ってない。
家族にも責任あると思う。というか、行政になんやかや言う前に、一番は家族の協力と理解でしょ。
結局、「自分達に負担が回ってくる」のが嫌で目をそらしてる人も絶対いる。
うちは土地柄、返納は簡単には決めれない。交通の便悪いし。
でも、幸いなことに同居だから、皆で話し合って、協力し合おう、って言って義父母二人とも返納してる。
平日日中は不便はあると思うけど、帰ってから義母を乗せて一緒に買い物行ったりすることで、以前より仲良くなった。
体が悪くなれば歩いたりするのもおっくうになるのは分かるけど、やっぱり老いは受け入れないと。
人を守るというより、自分を守るため。このおじいさんみたいに、どれだけ元は偉い立場の人であっても、最後に人の命奪うことしてたら…今までの経歴すら地に落ちるんだから。
zebra
高齢者に細かく注意機能(配分性、持続性など)や反射速度などの運動機能も測定して欲しい。
地方の高齢者には不憫かもしれないけど、
危険な高齢ドライバーは事故に至ってないだけでたくさんいる。
死角どころか真横にいる車・バイクに気付かず車線変更しようとする高齢ドライバー結構多いよ。
世の中が高齢者のためでなく子供のためにある社会になって欲しいね。
名無しさん
そもそも、交通網が発達してる地域で無理して車に乗る意味は?
自由度は高いけどそれより、リスクの方が高いと思う。
時間を気にしなくていいとか分かるけど、タクシーとか使えば同じでしょ。(渋滞とかお金の面は別ね)
v(^o^)v
心の中で思っている人は多いはず
名無しさん
本当にただの事故にしてはいけない事故です。百田氏はあえて過激に発言されていますが思うことは皆同じだと思います。認知症を患ってなくても四肢の運動機能や判断力が衰えるのは仕方のないこと。自分だけではなく家族を不幸にしてしまう前に返納する勇気を養って欲しいし家族も協力しなければいけないことです。"未来を一瞬にして奪われた"被害者のご主人の言葉をこの夫婦、家族はどんな気持ちで受け止めるのでしょうか⁈イジメ、虐待、不幸な事故…国会議員が率先して取り組まなければ襟のバッヂが泣きますよ。
匿名
同感です!
私も去年、77歳になる父の免許を返納させました。
その2年程前からずっと説得をして来ましたが、頑なに拒否され続けていました。
ですが去年、父の車庫入れもままならない運転状態を目の当たりにし、家に突っ込んで来るのではないかと恐怖を感じる運転に背筋が凍り、1度の父娘の取っ組み合いを経て、免許返納させました。
父はいまだに自分は大丈夫だったと言っています。
そう思っているのは本人だけである事をいまだに理解していませんし、今後もする事は無いと思っています。
この事故は、はっきり言って私も、運転手の家族にも大きな過失があると思います!
罰せられる刑法があってもいいとすら思います!
私も、人生で初めての取っ組み合いの喧嘩が父でした。
そのくらい本気でやらないと無理です!
名無しさん
高齢者ドライバーによる事故のニュースが多発している昨今、今回の池袋の事故は更に腹立たしい内容で、百田さんに同意です。車がなければ日常生活が送れないようなド田舎の移動手段は悩み所ですが、都会なら電車、バス、タクシーなど移動手段は沢山ある中で足の不自由な高齢者が何故車の運転をしていたのか…これはなるべくしてなった事故であり、防げた事故です。免許の自主返納はなかなか難しい頑固な高齢者がいるだろうから年齢の上限を法律で決めるしかない。その上でどうしても車が必要な地域の高齢者には様々な検査や運転技能の実地テストを半年毎に行い合格しなければ免許を与えないようにして欲しい。
名無しさん
私の母は今年の6月に82歳になります。
幸い、まだ元気ですが、自分が判断できる時に運転免許を返納するとして、6月に、そうする事を決めています。人それぞれの性格もあると思いますが、私は母が決断した事、とても良かったと思います。私には4歳と10カ月の二人の孫がいます。母からするとひ孫、もし私の娘と可愛い孫が…と思うと。
どうか、少しでも今回のような事故が二度と起こらないように。みんなが気をつけないといけないと思います。
****
これは、百田さんのおっしゃる通りだと思う。
この事故を起こした老人は、不便な田舎に住んでいて、自分で運転しないと買い物も通院もままならないという状況でもない。
タクシー代を払えないほど、お金に不自由しているような人とも思えない。
高齢で、しかも足がかなり悪くなっていたのに、なぜ自分で運転することに固執していたのか。
家族も、高齢ドライバーの事故のニュースなどを目にする機会はあっただろうに、他人事と思っていたのだろうか。
o
足が自由に動かないのに運転するかね?!信じられないよ。残された家族が本当にかわいそう。
種田種無し
事故抑止力を考えたら一番効果があるのが一定の年齢を設けての免許証の強制返納だが、実際な所行政はそこまでのことは今後もやらないだろう。
個人的には免許証の更新を一年更新にしたり、飲酒運転じゃないけど明らかに心身に問題があるとわかっていた状態で運転をさせ、同乗した者にも罰則規定を設けるのも抑止力に繋がると思うけどね。
とにかく年齢には関係なく体調や身体がおかしければ運転はしてはいかん。
名無しさん
旦那の会見を運転車やその家族は目にしたのだろうか?泣けてきた。まだまだ先がある母親と子供への思いは想像を絶する。
国益を守ろうと日々動いた公務員だったなら、足を引きずってる自分の姿を見て運転をしない、車庫入れすら満足にできないなら免許返上をすべきだし、家族もそう働きかけるべき。昔は公務員だが、今は単に現実を見極められない老人。車がないと生活が成り立たないエリアでもない筈。
名無しさん
百歩譲って地方の過疎地で公共機関が衰退して生きるために仕方がなかったなら、国の政策の課題だとの見方もできる。
しかし、都心の日本一公共交通が発達した東京は真っ先に高齢者の運転免許返納を義務化するべきだ。自家用車以外の交通手段はいくらでもある。病気などを持った方には介護タクシーなどを利用してもらい、公道から高齢者ドライバーを排除すべき。
国も重い腰を上げ、規制に乗り出すべきだ。車産業の経済事情よりも若い命を守れ!
名無しさん
今回の暴走ジジイは日常的に右足が不自由なことを自覚しながらハンドルを握った時点で、未必の故意犯であり殺人者! 交通網の整った街中に住み、推測だがかなり裕福なジジイ。単に己の身体的衰弱を直視しないまま、バスやタクシーの使用すらケチって安易に運転した罪は重い。同乗のババアや免許証返納をさせなかった息子も同罪! 法令等の不備も見逃せないが、これは昨今劣化現象著しい“政治屋”に任せるしかない。しかし、本来は社会人として個々人の自覚と行動に尽きる。みなさん!人生半ばを過ぎたら一度自分自身の身体全体を真摯に見つめ直して下さい。誰もが避けられない“老後”に備えて、少しでも健康維持の為の努力をするべきです。「継続は力なり!」です。55~60歳位までに気づけば、まだ間に合う! まさに、「晩節を汚す」ことのないよう~。
名無しさん
それは同感だな。
うちの父も50年以上毎日運転をしていたが、父はまだ、「車がないと不便だ。まだ運転していても、ブレーキの踏み間違えや事故や違反をしていないから大丈夫だ️」と言っていたが、近年、運転技術の衰え、判断力の低下がみられた為、「事故を起こしてからじゃ遅い️」と言って兄と一緒に父を説得させ、75歳の誕生日に強制的に免許証を返上させた。
確かに不便かもしれないが、公共交通機関をしたり、歩いたりすれば、大抵の事は問題なく生活できる。荷物等も、配達サービスを活用すれば問題ない。
事故を起こして、本人だけが被害に合うのは仕方ない。ただ、なにも関係ない人を、今回だけじゃなく、高齢者による事故で被害に合う方は理不尽きわまりない。
高齢者の事故のほとんどが、暴走、大事故に繋がってしまっている昨今を考えると、高齢者ドライバーも事故を起こさない為に、運転しない。という判断をしてもらいたい
名無しさん
そりゃも若い人も事故は起こすことあるよ。
でも高齢者の運転はやっぱり危険率多いと思う。
そして、高齢者は自分の運転を過信している。
高齢者のドライバーへインタビューしていたが
誰一人、不安を持っている人いない。
皆、自分は自信がある&事故は絶対起こさない。
今まで事故を起こしたことがない、ゴールドだ等々。
高齢者になると気持ちの上でも自分を客観的に
みられない人多いと思う。
事故後の対応も若い人と違うよ。
判断能力が落ちているから状況をつかむのも遅い。
すべきことが咄嗟に出来ないなどなど。。
免許証を返納するのまでの決断は自分も周りも
難しいだろうが事故を起こしてからでは何をいっ
ても遅いからね。
名無しさん
言い方はちょっとかもしれないけど、それ位しないと高齢者の自動車事故は無くならない。
名無しさん
田舎でロクにバスもなく、必要性に迫られて87歳が軽トラを運転ってなら、まだ多少の同情の余地もあるが、電車やバスが発達した都会に住んでいながら87歳が乗用車を運転していることに傲慢さを感じる。
同じ運転にしたって、複雑な交差点も信号機もない田舎道ではなく、都会の道路。都会は複雑な形状の交差点や多段階式の右左折レーン、信号機や時間帯制限の標識などがからみあい、田舎を運転するのとはある意味次元が違うほどの情報量を運転しながら処理しなければならず、若い人でも都会の運転はできないって人も少なくない。同じ87歳が運転って言っても、田舎道と都会では違うのですよ。
名無しさん
労るべき高齢者を責めなければいけない事故が多発しているのは悲しい。
だけどそれ以上に家族を突然亡くした被害者の悲しみは計り知れない。
乱暴にする必要はないけど、若い頃とは違うということをちゃんと受け入れなければいけないです。そのためにも周りの家族等が話をする必要がある。取り上げもやむを得ない場合もあるだろう。今は批判する立場にあっても自分が歳をとりいざその立場になった時の事も考えた。
高齢者に限らず、先日は信号を守ってた子供が亡くなる事故を起こしていたし、自分の運転の在り方も考えないといけないと同時に感じてます。
ほんとに…理不尽に命が奪われる事はあってはいけない。
名無しさん
家族はどの様に責任を感じているのでしょうか?
足が不自由になり、通常の車庫入れにも戸惑う、客観的に見ても運転技術の衰えが明確になっている。運転をさせる事を自粛させる事を真剣に考えて納得させる事は高齢者家族の義務だと思います。車も機械ですから突然の不具合が起こる事もある。その時に迅速な車を壊しても被害を最小限度に抑え対処する事も運転技術の一つです。もし後悔の念や責任を感じているのなら、その気持ちを公表する事も責任の一つだと思います。百田氏の仰る事もわかります。高齢者免許保持者の家族は免許返納を話し合う事も社会的責任だと思う。私の母も60代後半ですが、免許返納や運転をやめる事をここ半年話し合って鹿児島の田舎で車がないと不便な面も多いが運転をしない事を決めました。
名無しさん
亡くなった母子にお悔やみ申し上げます。田舎者の意見です。百田さんが言うように免許を取り上げる選択は、当然だと思う。ただインフラが整っていない田舎は難しいものがあります。時々東京へ行く私は東京で暮らせるなら車はいらないと思ってます。だから今回の事故はとても残念でたまりません。何故便利な東京で車を乗る必要があったのか?高齢者は亡くなった母子のためにも真摯に向き合うことが亡くなった母子の供養にもなると思います。
名無しさん
上限年齢も親族の責任もまずは法律で縛らなくてはだめだと思う。
70ないし75以上になってまだ車を運転しなければならない事情がある人には自動ブレーキなど安全装備の付いた車以外乗っては駄目と限定条件をつける必要がある。
数年前から何件も同じような事故が多発しているにも拘らず
国の対応や対策が遅いし何もしていないのが現状。
名無しさん
まず、「車は走ってるだけでも凶器である」
ということを再認識すべき
緊張感なく、自転車感覚で走ってる車が多すぎる例えば包丁
これは凶器として使えば、銃刀法違反になり、
殺人罪の適用が検討される
このように、車も「凶器」なのだから、
その使用を間違った場合、殺人罪の適用を検討すべき
高速道路上で車を停車させた死亡事故があったが、
あれも、殺人罪適用が検討された
つまり、高速道路上で車を止めたら
死亡に至る可能性がある事故の可能性を予見できたはずだ、
という理由からである
同じ理屈で、右足が怪我した状態で運転したら、
車は常に凶器になりうるのだから、
死亡事故を起こす可能性を予見できたはずだ、
として殺人罪の適用を検討すべき
それがだめなら
特に交通事案についての業務上過失致死の刑罰を、
殺人罪程度に引き上げるべき
「車は走っているだけで凶器」を自覚していれば
当たり前のことだろ
表示名は必死入力項目です。ザオリク!
まあその通りですよ。
飲酒運転を知りながら助手席乗ったら裁かれるようになった時代。
認知機能や操作状況に危うさを感じながらそれを知りつつ運転させる
家族にも責任を問えるようにすべきだし飲酒運転の例からも
拡大解釈すれば改正無しでも責任を問う事は出来るんじゃないかな。
後は法解釈次第だけど。まあ本件何処まで知っていたかは分からんが
周りの人間が危険を警鐘していたと言う事は想像以上に重い事。
家族に責任を押し付ければそれでいいのか?とも思うが
危険を知っていたならという部分では話が別になって来るでしょうね。
兎に角償っても償いきれない事態になったけどしっかり誠意は見せるべき。
後は警察なりが判断して家族にも話を聞けば良いし、可能ならしょっ引けばよい。
名無しさん
高齢者が運転しているとわかったら
こちらが気を付けないと接触事故になっていたなという事が
多々あります。
いくら不便だからといっても、年間の車の維持費を考えたら
タクシーを使っても安いと思うし、今はネットでも食料が買えるので
カバーしたり、対応できると思う。
年寄りだから運転するなとか
頑固だから言うことを聞かないと言いきらずに
車を手放した時の対処法や、周囲も協力をしながら車を手放す事へ
気持ちを動かしてあげる事を、若い世代も今一度考えなくてはならない。
今若い私達だって、いずれは高齢者になるんです。
名無しさん
このような痛ましい事故は二度と起きてはならないと思うのですが、もし、高齢者が生活する上で車がないと困る状況であるとしたら、そのこと自体が大きな問題なのかもしれない。今回は都会で起きた事故ですが、地方では交通機関が衰退しているので、家から1時間くらい歩かないとまともなスーパーすらないところもある。実際、私の地方の義理の両親は運転するには危険な状況であるが、バスも1日数本で、車が無いとまともな買い物ができないのでやむを得ず、車を使っている。高齢者が無理に車を運転しなくてもいい環境が求められていると感じる。
名無しさん
この問題は解決するのがかなり難しいと思う。
結局免許返納させようにも「じゃあ田舎はどうなる」という話が出てくる。本来であればそういう声に忖度して放置せず、交通インフラを整備して、田舎でも返納して困らないようにしないといけないが、老人たちは気ままに乗れる自家用車と免許を手放そうとはしないし、「田舎の交通インフラを整備(して免許返納しても生活できるように)します」なんて公約立てたら、投票率の高い老人たちの票を失うリスクがあるから、本来そうしなきゃいけないのに誰も手を付けない。
高齢化に突き進む日本においては高齢者の事故が増えるだろうし、高齢者が運転しなくても良いインフラを整える事は急務だけど、政治家が敗戦を恐れるがあまりそれに手を付けない。
みるみる
山梨県に住む私の父は現在89歳です。
父が75歳のとき、今後運転しないように父の車を処分しました。
処分から何年もの間、私に対し不満を漏らしていました。
その都度、取り返しのつかない事故をおこす前に運転をやめて、ありがたく思いなさいと言い続けてきました。
もちろん、田舎名なので病院の送迎や週末の買い出しなどは、積極的にやってあげてきました。
今回の事故を見て、早めに運転をやめて良かったと、今更ながら感謝しています。
何にしても引き際が大切だと思います。
アメノサギリ
高齢者のすべてが運転ができないとは言わないが、できなくなったことを理解できずに乗り続け、事故を起こしても責任も取れないし罪悪感も持続せず同じ過ちを繰り返す高齢者がいることも確か。
高齢者だから認知機能の低下や視力、聴覚が衰えてるのが原因というの要因の一つだろうけど、一番の原因は高齢者の中にいるモラルがハザードしてる連中だと思う。
良識のある高齢者なら、余裕をもって免許を返納するだろう。
生活がとかいう高齢者もいるが、近年、田舎でもコミュニティーバスが走るようになってるし、買い物もスーパーが注文を受けて届けるサービスや通販も発展してきている。
好きには動けなくとも生活に困ることは急激に改善してきている。
だから、私としては単純に車のない生活に満足できないので人のことなんてどうでもいいから乗るというモラルがハザードしてる連中が乗り続けて事故起こしてると思っています。
罰則の強化をするしかない。
名無しさん
多分この爺さんは、エリートの道のど真ん中を闊歩した人生だったと思う。自分がこの国を作ったとかね。自分の考えや行いが正しいとか。周りの意見など眼中になかったろうね。今回の事故で、自分の限界と失敗を知っただろう。ただ、あまりにも犠牲が大きく、この爺さんの想像を超える挫折ではなかろうか。終わり良ければ全て良し。この爺さんの終わりは、悪過ぎましたね。百田さんの意見で、炎上するとは思いませんよ。
名無しさん
ほぼ同感です。一定年齢に達したら免許を返上するという意見がありますが、身体能力・認知判断能力等の変化については個人差が大きいので、一定年齢に達したら毎年これらについて厳しいテストを行い、合格者のみ運転を許可するという仕組みが良いのではないかと思います。高齢者もそれなりに努力すべきで、能力維持へのモチベーションにもなるのではないかと思います。
名無しさん
免許を持ってても良いし、車を所有してても、良いから、運転しないでほしい、見栄だけなら、誰も傷付かないから。意味ないだろ、って言う人はいると思う、でも人殺しになるより、良いだろ、って思うよ。貴方は、もう、大人じゃないんです、老人です、って言いたい。
名無しさん
百田さんの意見はたしかに過激かもしれないが納得する。
刑事事件でよくいう話で、仮に10人いて9人の犯人を無罪にしても、1人の無罪の人を有罪にしてはいけない。
一見社会秩序のためには多少の被害があってもしょうがないのでは、と思われがちだが何も罪のない人たちを不幸にする事は絶対に避けなければならない。
いつ、その1人に自分がなるかもしれない。
つまり個人の運転の権利を守るのは必要だが、今回のような悲惨な事故になる可能性があるのであれば権利の返納ではなくて剥奪はやまないのではないかと思う。
今の70歳からの更新前の講習制度ではなくて、それまでの運転経歴(違反も含)や講習では無くて再試験制度に変えることが急がれると思う。
被害に遭われた方々の犠牲を無駄にしないようにする為に、私たちは本当に考えなければいけないと思います。
名無しさん
本人はおろか、家族には猛省してもらいたいが、非難したところで被害者が生き返る訳ではない。時が経てば別の場所で別の誰かが同じような事故を起こすと思う。
そもそも免許がなきゃ法律上は運転できないが、免許を与えたのは家族でなくて都道府県の公安委員会。仮に家族が免許を取り上げても、鍵さえあれば誰でもその気になれば運転できてしまう車を売っているのは自動車業界だ。
今回の事故は氷山の一角で、高齢者社会が進む中で運動機能や認知・判断能力の低下した老人(将来の自分も含め)が運転するリスクを社会としてどう捉えるかという問題だと思う。今迄通り個人の判断に委ね、身の回りの人が加害者にさえならなければ良いのか、政治主導で社会全体からリスクを排除する方向に持っていくのかの選択だと思う。
政治主導といっても車を売りたい票を持っている自動車業界と、選挙に行く高齢者の反発が怖くて政策に掲げる候補者はいないとは思うけど。
名無しさん
親族は返納を促したかもしれない。本人が応じないだけかもしれない。世の中にはそんな高齢運転暴走事故の予備軍は大勢います。
怒るだけで事故は減りますか?
個人を責めて死者はへりますか?
行政が免許を発行したのに、親族が免許を取り上げるとか可笑しいでしょ?行政が免許を発行しなければ済む話です。
これは個人や親族を責めても、さらなる犠牲者は防げません。運転だけを問題にするのではなく高齢化社会全体の問題として免許の規制強化や高齢者が運転しなくても暮らしやすい環境の整備をしなければいつまで経っても変わりようがありませんよ。
被害者遺族の男性のコメントに涙が出ました。
社会は今のままで良いのでしょうか?
名無しさん
アクセルが戻らなければ、ハンドルを操作して壁や電柱にぶつけて止まれば良い。
この老人は、結局、自分の命を選んだ。
87年も生きてきて、他人を殺しても、自分が助かる方を選択した。
地方によっては高齢者は車がないと困る、という人がいる。
では、その言葉を、被害者の父であり夫である方に正々堂々と言えますか?
どれだけ田舎でも、バスはある。
タクシーは来てくれる。
ただ単にお金が惜しいだけ。
車の維持費などを考えたとき、高齢者であればタクシーの方が良いはず。
そんな計算もできないのであれば、そもそも車を運転する人間ではないということ。
高齢者に優しい社会は素晴らしいが、
高齢者を甘やかし、ただただ無駄なお金を使い、危険に放置しておく社会はあってはならない。
名無しさん
いや、これそんなに簡単な話しではない。
もともと親の立場的が強い場合、家族のいうことなんて聞かない可能性ある。しかも痴呆が入っていればなおさら。うちの親は癲癇があって何度か事故を起こし、警察に免許取り上げてと何度もお願いしたけど相手にされなかった。2回ぐらいは、救急車で運ばれて生死をさまよった。幸い他人様に迷惑かけなかったのが救い。
このニュースを思うと自分も加害者になっていた可能性がある。詳しい立場は知らないけど、家族の難しさはあったと思う。
免許を取り上げたところで、いつの間にか免許更新して新しいのを持ってたこともあった笑 そもそも痴呆だと、免許があるかないかなんてあまり意味がないしね。
一番いいのは、鍵をとってしまうこと。
運転しないのが長期間続いたら、運転すること自体を忘れてくれた。
悪いのは社会のシステムだと思う。許可がないと動かないキーシステムどこか作ればいいんじゃない?
名無しさん
交通手段が不便な所に住む高齢者の免許返納は中々難しいというが、そんなことを言っていたら結局このような事故は減らない。高齢者が免許返納
をしたら、公共の交通手段を医療の様に3割負担にするとか、お互いがウィンウィンな対応策を作れば良い。そういう事を国会なりで早急に対処してほしい。まずは安全な国にするのが先決でしょ。オリンピックに多額を費やすならばこっちの方に回して頂きたい。皆、安心安全な国に住みたいと思います。
名無しさん
百田氏の意見に同感者が多いのは当然。ただ見識ある作家で居られれば感情論だけでなく今後の改善策の提言こそ大切ではないか。地域格差も考えず単純に免許返納だけで解決するか?過疎地域によっては電車も地下鉄もなく、タクシーもない。バスも1日に1~2便のみ、そのバス停へも雨や雪でも30分も歩かねば乗れず等。遠く離れた病院へ受付時間までには行けず、治療が受けられなければ死を待つだけ、介護保険も限界。病院へ行くにも安全運転に配慮して高齢でも運転しなければ生きることすらできない現実も。行政の施策と言っても今のように高齢者不要論、老害論を唱えれば施策も遠のく。タクシーも無いのにタクシー券を受けても無意味で財源も無い。見識ある方なら現状をよく把握され、如何にすべきか考えられるべき。単純に「ジジイは…」等の感情論だけでは国民に高齢者を憎み続けさせるだけで何ら解決せず。憎み合う分裂社会の日本を作るだけである。
名無しさん
車を庶民が普通に乗れる用になった第一世代の方々が今正に高齢者となってきている車社会になって始めての経験を二本は今体験しています、車自体の安全性が上がり搭乗者の死亡は減少してきているが、今後はメーカーが次の安全を早急に考え安価に普及させる義務が有る、国もメーカーに強く要請していくのが当然で、それが国民の命を守る事になると思いますが、高齢者も安全に運転できるそんな車を早く作る、これしか解決法は無い️
名無しさん
87歳になる姑は2年前まで運転していました。しかし、自分が起こした接触事故を相手のドラレコを見せられても自分は絶対に悪くないと言い張り保険屋さんを手こずらせ、車に付いている小さな擦りキズをこっそり修理に出して、私たちには車検やねんと見え透いた嘘をつく強者…。そんな姑に主人の姉もその夫も孫も親族全員で免許の返納を勧めましたがもちろん聞く耳を持ちませんでした。そんな姑が原因不明の失神で転倒し骨折したのを機に私たち親族は意を決して、姑の入院中に車を処分しました。退院し車がないことに気がついた姑は荒れ狂い、その日以来、自分の息子をあの男呼ばわりし、未だに恨み言を毎日言っています。それを聞くのは正直気分が滅入りますが、こういう事件が起こる度に、私たちの判断は間違っていなかったと思うのです。
名無しさん
高齢者になるであろう父親を持っていた者です。60代前半でガンになり抗がん剤治療後に亡くなったのですが、本当に運転が危なくなり、妹とさんざん説得しました。もとから車の運転を仕事にしていた父は、まったく耳も貸さず、かといって命短い種類のガンであるからと甘めに考えていた事に後悔する日が来ました。
結果、父から車を取り上げられたのですが、その過程で、隣に乗った母親まで亡くすところでした。
体力の弱った父の運転する車は、路肩に乗り上げて、横転しかかったのです。
その日の晩に妹と決意し、車の乗り止めを父親に伝えると、かなり落胆した様子で了承してもらえました。
結果良くても、横転未遂に行くまでにもっと熱心に説得するべきでした。
母親だけでなく、全く関係のない方まで危険にさらしていた、あの期間を今でも悔やみます。
名無しさん
65歳になったら更新時に全員がペーパー試験と身体の反応速度の試験を受ける。
これで認知症と老人は落ちる可能性大。
身内が免許取り上げるより、受からないのだからあきらめもつく。
これでどうか。
この事故に関しては、右足が悪くて通院ならアクセルブレーキ操作に支障があるはず。それでも運転していたのなら、これは家族も罪に問えるのではないのだろうか?
「アクセルが戻らない。」と言うコメントの報道があったが、ブレーキに言及がない。具合の悪い右足がアクセルから離れなくて踏み続けだったとみる。
なお、車両代、ガソリン代、駐車場代、税金や点検費用などの維持費を考えれば、都内なら車保有よりTAXI利用の方が安く済むはず。
輝かしい経歴も最後は”人殺し”で終わる。
最近眼科医に「加齢黄斑変性で視界に支障があっても免許取り上げにはならない。」と聞いた。この対策も必要。
名無しさん
百田さんの意見に同感です。家族の責任はかなり大きいと思います。高齢者の悪いところは、若い頃の自分と大きな乖離がある事を自覚していない事&自分が事故を起こす可能性があることを想像出来ない事。なので、何故、免許を返納する必要があるのかを家族が根気よく、繰り返し繰り返し、話しをする必要があると思います。それが出来るのが家族。私も父が75歳の時に具体例を出し懇々と説得した経験があります。
名無しさん
人間は必ず老いる。老いれば心では出来ると思っていても身体が思うように動かなくなり、最終的には死に至る。悲しいが生物の摂理である。走る凶器を野放しにしていると必然的に事故は起きるのは当然。この「走る凶器」を操作する為、年齢に下限を設けているのであれば本人の意思に関わらず上限も設けるべきである。政治家よ法を整備して安心して暮らせる国を作れ!
名無しさん
それぞれの見識や良心に訴えるのは大間違いだし、「高齢者」とひとくくりにするのは0点(←そもそもこれが高齢者が一番嫌がることでしょ?)。
実際80歳で問題の無い人もいれば、二十歳でも運転に関する判断能力が怪しいヤツもいる。
従来の視力に加え、認知速度や知識など運転可否に関するチェックテストを設定して、それを通らなければ無条件に免許を取り上げればいい。
もちろんこれは年齢に関係なく、全免許所持者が更新時に受けるようにする。
もちろん高齢者は、衰えの速度や認知症の発症などのケースを考え、チェックを受ける頻度を高くする必要はあるけど「全員が受ける」というところがポイント。
「若者も受けてる横一線の試験で、自分は落ちた」という認識をさせれば諦めもつくだろうし、それがフェアというもの。
これで高齢者の下3割、若者の下数パーセント位から免許を取り上げられる試験を設定出来たらかなり安全が増すかと。
名無しさん
家族が言っても聞き入れずに運転してしまうお年寄りがこのような事故を起こします。
今回のような痛ましい事故を無くすためには、例えば65歳からの免許の更新は毎年で、そこで1日かけて認知症検査や実技検査をし、少しでも問題があれば本人に伝え、翌年の更新時にもそれがわかるようにデータを残しておき、運転しては危ないレベルになれば免許を取り上げるといった、法的なルール作りが絶対に必要です。
この高齢者の事故はもう何年も前から深刻な問題になっていて、医学の進歩等で人間の寿命はのびていますが、それに脳がついていけないのは明白で、昔であれば必要のなかった法律を、問題がおきて必要に迫られたときにどれだけ早く法整備ができるのかが今後の課題ではないでしょうか。
現時点でもう遅すぎますが、これからも早い段階で手を打たなければもっともっと大勢の被害者が増えてしまいます。
名無しさん
国は法律改正をするべき。できれば車のメーカーも共同に動かなければいけないことと。
①70歳以上でそれでも車の運転をしたいのであれば、毎年更新で且つ、更新費用も格安ではなく、割高にする。家族、又は医者の運転同意書を提示させる。
②高齢者は運転時間の原則をつける5:00~18:00までなど。
③高齢者専用車両を作成。最高時速が40Kmまでしか出ない車。そして高速道路の乗り入れは禁止とする。その車両のみでしか運転を認めない。
高齢者はどんどん増えていく世の中だが、それに対応した法律などにかえなければ、こういった事故は無くならない。地方の田舎などでは多少の緩和も必要かもしれないが、少しでも早い改定をする必要があると思います。
何より若い親子がこんな老人のせいでなくなったことが許せない。
名無しさん
我が家の父が医者にてんかんと診断されたとき、すでに70歳を超えていたのもあり、母はすぐに父を説得し、車を売却しました。
長年運転手をしていた父は、当然抵抗しましたが、「病気がなおるであろう数年後にあなたはいくつになるの?今のうちに決断して」という母の言葉に渋々車を手放しました。
早ければ、60代後半から70代前半でも認知症の症状が出てくるので、周囲の家族も日頃からいくつまでに免許を返納するか話し合っておくのも一つの解決策かと思います。
もう十年以上前から高齢者ドライバーの問題は叫ばれているのに、こうした事故が減らないのは何故か。法整備を急ぐ必要があると思います。
名無しさん
何故に未だ逮捕されない?あれだけの死傷者の事故は前科付くだろう。
名無しさん
親の免許返納で苦労した家族の立場から。
父は免許更新直後から認知症の症状が出始め、近所の塀に追突した際に返納を説得しましたが、
「保険で処理しているし、自分も怪我していないから次は気をつける」
父はあちこちで接触事故を起こしました。お付き合いのあるディーラーさんに車を売らないでと頼みに行きました。
しかし現金を握り締めて行けばその場で売る中古車業者など山ほどいるのです。半年で三台中古車を買って、家族で返しに行きました。
認知症の検査に連れて行くのにも苦労しました。応じようしない父をだまして連れて行きとうとう認知症認定をされ、免許を返納しました。
行動範囲が狭くなった父はみるみる衰え、免許返納後一年もしないうちに亡くなりました。しかし容疑者と呼ばれて晩節を汚さず良かったと思っています。
明日は我が身とする家族の苦悩は本当に深いです。当事者にならないとわからないことです。
名無しさん
非常に残酷で悲しい事故だと思う。自身の利便性を優先し足が不自由になりつつあるのに運転を継続してしまったことが今回の事故に繋がったと思います。もちろん犯してしまったことは取り返しのつかないことだとは思いますし、社会全体で高齢者の運転については考えていかなければいけないとは思います。
しかし、誹謗中傷は違うと思います。
皆歳を重ね判断力が鈍くなりますし、体が思うように動かしにくくなり、認知症になり1人ではなにも出来なくなる人だっているでしょう。
ジジイ、ババアと言ってる人も必ずそういう日が訪れるのです。
そのときに他者のことを考えて自分から不自由を選択がすることが簡単に出来るでしょうか?
今まで当然のように運転してる人が「よし明日運転やめよう」って決断するのは容易ではないはずです。今回の事故で高齢者を誹謗中傷するより誰にだって起こり得ることなのだと改めて考える方が有意義だと思います。
名無しさん
全くもってその通りだ。
自身の高齢による身体の不自由があるにも関わらず、免許の自主返納をせず運転。その結果が今回の事故。
いや、もはや事件です。他人の命を奪っておいて、加害者が入院で治療受ける。それによる逮捕、送検が先送りなんて、何の為の誰の為の法律なんだ。
自主返納制度を見直す必要がある。
もちろん、世の中にはいろんな人がいる。高齢であっても、若者と遜色ない身体能力を維持している人もいるし、高齢者だからと一括りにすることは出来ないが。ある程度の年齢の場合、更新の際に十分な適正検査を強制的にでも行ったほうが良い。不適合と判断された場合は免許の更新不可とするように。
名無しさん
運転していた年寄りが悪いのは当然だが、いつまでたっても制度を整えない国にも問題ありだろうな。
都会は公共交通機関がしっかりしてるからまだいいけど、地方の交通事情を改善してほしい。
国が採算度外視で頑張ってくれれば年寄りは免許返すだろうし、こんな事故や指定方向の逆走なんてこともなくなるだろうけど。
バランスが難しいのはわかるけど、今一度真剣に考えてくれ
Ken
全く同感だ。右足が不自由なのに自分であんたすること自体がおかしいよ。これは未必の故意による殺人に相当する。今ならこのジイさんの家族はやはり免許を力づくでも返納させるべきだったとものすごく後悔しているはずだが、こうなる前にそうするべきで百田氏の言うように責任は重い。百田氏は炎上覚悟でとのことだが多くの人はそう思っても立場を考え躊躇する、その点百田氏は正直で真っ直ぐな方だとつくづく思う。国防、沖縄問題もしかり、応援してます。
名無しさん
本人が悪いのは勿論そう思うのは当然だと思います。
今の旦那さんの祖父が危ない高齢者ドライバーなのですがその家族は同居しているにもかかわらず危ない事を認識しているうえで放置しているからです。
実の娘である義理母もその妹ももう家族ぐるみで放置です。
私は旦那には言いますが取り合ってもらえず、せめて自分の子供たちを守るの半分注意喚起半分で大げさに危険アピールしますが全く効果ありません。こんなんじゃもし何かあった時、事故を起こした当事者じゃなくとも恨まれて当然だと思います。
名無しさん
昔はよく言われた「人様に迷惑をかけない」
この様な言い方は失礼ですが「教育」が必要なのかと思います
運転だけではなく色々な老害と呼ばれるものが起こっている今。
影響力のある方(誰だろ?皆に尊敬されている方?)に
「老人の品格」を説いてもらう
私の母は若い頃からバリバリ運転をしていて子供心にも上手くてカッコ良かったのを覚えていますが、60才を過ぎて自分の運転に不安を感じて運転をやめました。10年以上前、その頃はまだこの様な事件が多くもなく今考えると潔い人なのだと思います。とても尊敬しています。
もちろん法整備も必要ですが、お年寄りは一斉に免許取り消し等はすぐには無理ですし、80才近い農家の方々が収穫した野菜を運ぶ姿等を見ると一概にすべての老人を排除するのは難しいともいます。
迷ってる方は多くいると思います。
今回もですがやめようと思っている方のヒト押しになればイイのにと思います。
名無しさん
私の父は71歳で認知症になり、毎月実家に行く度に車の傷が増えていました。ついに片方のミラーがぶら下がってるのを見たとき、父から車のカギを取り上げることを決めました。カギを取り上げ、スペアキーが出てきて運転されることも考え、ハンドルロックも付けました。何度か家までカギを返せと怒鳴り込まれましたが、「認知症の父が事故を起こした場合、私にも責任が問われる。私に何億もの賠償責任を負わせる気はあるのか」と言うと語気を弱め帰って行きました。父は弱って入院し、2年後には肺炎で亡くなりましたが私は間違ってはなかったと思っています。高齢者は月単位で衰えていくこともあります。3年の更新では不充分だと思います。
名無しさん
高齢者が益々増える時代に任意で運転免許返納に頼るのは限界にきている。法改正して認知試験だけでなく免許試験同様の再試験があってもいいと思う。免許取り上げ論が増えているが高齢者でもしっかり運転できる人の為に「高齢者はマニュアル限定免許のみ」って制度ができれば一番簡単に効果がある。シフト、クラッチ操作は運転中の集中力低下防止になるしクラッチ操作ができないとエンストするから急発進もない。オートマ禁止してマニュアル運転ができないなら運転諦めるきっかけにもなる。事故は老若男女オートマ、マニュアルどちらでも起きるが減らす効果はあると思う。 未来の自動運転技術に期待するよりも今出来る対策がまだある。
名無しさん
父はあと数年で80歳。本人も80歳で運転はやめると言っていたし80歳までなら、と思っていたけど最近ディーラーに勧められて新車に買い換えてしまった…。確かに安全性能は高くなったけど…。一体いつまで運転する気なのか問い詰めても、今は決められない、認知症の検査結果などで考えると言っている。何か検査結果で出る頃には遅いと思う。母の言う事も子供の言う事も聞いてくれない父なので法律で線引きしてくれた方がありがたい…。80歳までの数年で何とか説得したいけど…。
名無しさん
車は悪くないんだ、包丁と一緒で「正しく使うなら人類の英知」
だが、武器も化学も、もちろん車も使う人間の「弱い心」が使用法を間違える。
便利なものは確かに有難いが、70定年時代になったのなら、70歳以降はミッション車のみ搭乗可にすべきであろう。
車に乗りたいならばそれに見合う体力と判断力を維持すべきであって、体力が無くなったから車でしか移動できないという、「歩く・働く」といった人類の営みを軽視した怠け者や愚か者に、使用を許すべきではないのだろう。
※ 障害や、病気にて乗れなくなった方も、怠惰とは事情が違うが、加害者になるリスクを考慮すれば、おのずとハンドルを取らなくなるはずではないか?
名無しさん
60歳を超えたら毎年訓練を受けるべきでは?
自分の親父は、67歳で運転免許証を返納した。急に視覚に衰えを感じ、危険な体験をしたとのこと。
実際に遠近感がつかめないらしく、頻繁に車を電信柱とかに擦っていた。
ウチもプリウスだから、トヨタの営業に『家族には秘密で修理したい』と伝えていたらしいが、トヨタの営業担当がお父さんからは口止めされているんですがと前置き、自分に伝えてきた。
正直、当時のトヨタの営業には感謝してるし、まだ若い内に判断できた親父も立派だった。
名無しさん
3年前、父が70歳の時に車を取り上げました。ちょうど車が悪くなり買い換えの時期になったので、説得して車は廃車にしましたよ。
今は近距離ならバス、遠出をしたいなら私が連れて行ってます。
車を手離す事に抵抗はあったようですが、自分が死ぬ分には構わない、家族に迷惑をかけるような事になる前に手離せと何度も説得しました。こういうニュースを見るたびに正解だったと思います。
身近にいる家族こそ本気で考え行動しないと、こういう不幸な事故は減らないと思います。
名無しさん
父親が60前半です
若い頃から車が好きで現役整備士で車を知り尽くしています
運転面はおそらく私よりうまいでしょう。
でもやはり日常には支障がない程度のボケが少なからず始まって来ています。娘息子、孫等はいらっしゃらなかったのでしょうか。
その歳になると本人の意思だけじゃどうにもならないです。
車の便利さがわかる人は中々離れることは確かに厳しいとは思いますが
もし親がって思ったら好き勝手にさせれないですよね。
加害者にも被害者にもなって欲しくないし
自分も悲しい思いしたくないですから。
もっと親を大切にして欲しい。
そう思えるようになったのは母親が50代でクモ膜下を起こしてからですが。
名無しさん
高齢者だからと一律に規制するのはいかがかと思います。自己責任、結果責任果たせば良い。高齢者を刑務所に入れたって体裁の良い老人ホームてあり更生を期待する年齢ではなくそんなことに税金を使うのは無駄。損害賠償を十分果たすべき。高齢者の任意保険の掛け金を上げる、無事故なら還付する、高すぎて入れない人は連帯保証人を付ける、そうすればコスパが悪くて返納人口は確実に増える。
これが高齢化する自由主義社会のあるべき姿。
名無しさん
とにかく国が動け!これは事故ではなく事件と言っても過言ではない。
判断力が鈍い人が運転していると言うことはどういうことか?
もちろん80歳以上すべての人間がと言うわけではないと思うが若いころと比べて身体能力が落ちつつあるいのは現実だと思うのでここは厳しく80歳以上運転禁止などにするべき。
不便と言うのも分からないわけではないが事故を起こすよりはと考えるべき。
法律で免許取得は18からと決まっているんだったら80歳で免許返納といったのも決めるべき
名無しさん
運転免許書は18歳以上じゃないととれない。
免許の返納も年齢を定めた方が良いのではないでしょうか。
人によって老化の違いもありますし、生活のスタイルも違いますから、
どの年齢に設定するかは難しい問題かもしれませんが。
これから超高齢化社会、厳しくしないしないといけない時代なのかも。
年齢を設定すれば、本人や周りの家族などの意識が少し変わるかもしれません。
名無しさん
殺人だったらどんな理由にしろ許されるわけがない。それが車が媒体になっている場合たとえ人が亡くなっていても扱いが生ぬるい。
今回の事故も人が亡くなっている以上、故意であろうとなかろうと殺人で擁護できる点はまったく皆無。歩くことさえままならない痛い足で運転すればどうなるかぐらい想像する以前の問題。
周りからチヤホヤされて自分は偉いと錯覚した人生を送った結果、奢った傲慢な考えがこんな非常識な行動に結びついたと思えてならない。
同乗者も同罪。断罪されるべき。被害に遭われたご家族にどれだけの夢と希望に満ちた人生があったかと思うと涙が止まらない。3歳…孫と同じ歳。加害者の命を持って償ったとしてもこの子供さんの未来にはまったく足りない。亡くなった方への償いなどできるはずがない。
名無しさん
簡単な検査を参考程度にするだけでなく、改めて実技試験を課して運転可とするべき。生活が不便になるから運転は続けたいという思いがあるというが、それが人を殺傷することになるとしたら。盗み、恨み等の殺傷は犯罪で車による殺傷は事故であって犯罪ではないという意識を改めるべき。車を運転する利便性や楽しみと共に人を殺傷する危険性も深く持つべき。金がないから万引き、駄目でしょう。ましてや…
名無しさん
先月息子が相手の一時不停止により、大怪我をしました。幸い命はありますか、全治4ヶ月で、元に戻るかは分かりません。骨折5ヶ所でした。
相手は89歳。独居老人でした。
その後、加害者は入院しました。警察からは事故とは関係ないと説明がありました。
前から予定されていた入院なのか、事故後発症した病気なのか、知りません。
75歳以上は1年に1度、80歳以上は3〜6ヶ月に1度認知機能の確認をしてほしい。85歳以上は認知機能に関係なく免許返納の義務化して欲しい。
そして、老人が生活に困らないようなインフラの整備もして欲しい。
月光仮面
車の免許が簡単にしかもほぼ100%で手に入る結果ですね。
ゴールドでも運転の未熟な者が凄く多いし魔の交差点なんて不注意だけで事故が多い。一時停止も出来ないのに免許を持っている事が問題。
百田氏の怒りも最もだけど国土交通省にも重い責任がある。
航空機の免許も車と同じレベルにしないのは危ないからでしょう。
免許所持者も含めハードルの高い免許にしないとまだまだ若い命が奪われる事でしょう。
名無しさん
自動運転まで飛躍しなくても、衝撃や対物・対人センサーでアクセルOFFやら速度制御などメーカーさんも既に対応できるのでは。
一定の年齢過ぎたら免許更新の期間を半年とかそれこそ毎月にして更新時の機能チェックを厳しくするとか。
業務が追いつかないとか人が足りないとかあると思いますが、そこは雇用増にも繋がるのでは。高齢者の更新時には費用がかかるようにすればその辺もペイできるのでは。思いつきなので詳細な計算はしてませんが。
名無しさん
同じような事故が繰り返される、老人の事故に若い人の無謀運転や飲酒運転、病気が由来の事故等、車は便利ですが凶器にもなりうるってこともう一度よく考えなとね、ただ一つ言えるの私は大丈夫という過信と甘いリスク管理だと思います、老人は家族が言っても無事故無違反とかだと言うこと聞いてくれない場合が多いし、飲酒や無謀運転もこのぐらいは大丈夫って皆思って大事故になる、明日は我が身で一度初心に立ち返って見ても良いと思う、我が家でも今主人が手怪我して片手なのですが、運転しようとするので鍵隠して運転出来ないようにしています、事故のテレビ見ていながら運転しようとする他人事感が怖すぎます。
名無しさん
言葉は悪いけども百田氏の言う事はもっともだと思う。
他の皆さんも仰っている通り、例えば年齢制限を設けて強制的に免許証を返納させる法律をもうける必要があるんじゃないかと。
ただ、都市圏に住んでいるのならまだしも、地方の山間部の過疎地だとバスが数時間に一本しかない場所だったり、電車を利用するにも駅まで十数キロあったりで、公共交通機関を利用するにも不便だったりする事が往々にしてある。
そうなると、買い物に行くにしても、かかりつけの医者や病院に行くにしても、車がないと不便な田舎に住む方々はどうするのかといった諸々の問題も出てくるのも事実。
そういった問題も含めて国や自治体、民間が「連携」「協力」をして改善していければなぁというのが個人的な意見。
名無しさん
百田氏の仰ることも尤もです。
しかし、人任せにするより、機械的に対策出来ないかと思案します。
例えば、免許証も認証させてからでないと、エンジンが掛からなくする。他人の免許証を使えないように、車両側による顔や指紋認証も併用する。
無免許や偽造対策に加え、車両盗難防止にも役立つ。
最初に基本操作や認知テストを車両から要求し、それを満たさなければ動かない(エンジン自体は掛かるがギアは入らない)
テストの例)
アクセルを数秒踏んで後、急ブレーキ操作時間が0.3秒以内でOK
ブレーキペダルの踏み込み力を測定し、ABS作動以上でOK
自分の名前や生年月日、住所等を尋ね、答えられればOK
危険な運転者を野放しににする可能性を低減し、更に運転前の予行練習にもなるかなと思います。
高齢者だけでなく、飲酒、病気での運転にも効果があり、平等だと思いますがいかがでしょうか・・・。
名無しさん
仰ることはよくわかる。
しかし現実はなかなか難しい。衰えたら頑固になるから説得に応じない。
祖母に免許返納させるのがどれだけ大変だったか。
週一で会うのでその度返納しろと3年言い続けたが、返さずに1度更新もしていた。試験に落ちてくれたから経歴証明のために返納してくれた。
もし祖母が事故を起こしていれば家も叩かれていたかもと思うと怖い。
この飯塚家がどうだったのかをマスコミは報じるべき。
名無しさん
確かに事故を起こした人をかばう余地はないがこの問題は自分のまわりでも起こり得る事案。実際加害者側の身内の立場にたったら遺族の方と同様の苦しみを感じると思う。やはり法律で免許定年制を真剣に考えたほうがいいと思う。
名無しさん
年齢の事や仕事のキャリアについてばかり叩かれているけれど
なにより腹立たしいのが体調が悪い(この事件では足が悪い)のに車を運転していたこと。
年齢にかかわらず、熱があったり怪我をしているなど運転に支障がある場合は乗ってはいけないはず。
そして車も自転車もバイクも機械であるので自主点検も必要。家電感覚で乗ってる人が大半だと思う。事故を起こさないように各ドライバーが交通ルールを守り安全を意識してほしい。
名無しさん
もっと高齢者ドライバーは増えます。現在60代後半〜70代、団塊の世代がさらに高齢になってくるわけですから。これからはそれに比例してこういう事故はひたすら増えるので、ニュースに取り上げられない幼い子が、信号待ちをしていた女子高生が、親子が、ノンストップで次々跳ねられ、、、ということは相次ぐでしょう。どうしようもありません。昔は60過ぎたら高齢者でしたが、今の60代は元気で若い。健康寿命が伸びて70、80代まで運転する人が増えています。これを読んでいるあなたや、家族も明日か、来年か、10年後に犠牲になる可能性はどんどんあがります。唯一の方法は国が免許を持つ年齢制限を設ける以外ありません。
ただ、高齢者は危険というレッテルを貼って隅に追いやるのが当たり前になると、今の30代や40代、もちろん20代だってそう遠くない未来、高齢者の仲間入りをしていくわけで、その時に自分たちに影響するのも怖いですね。
名無しさん
一定の年齢になったら免許は向こうにしたら良い。
ただし、確たる理由(生活圏内が山の中で車がないと生活できない、等)があれば申請の上延長するようにするなどの一定の配慮が必要にはなると思う。
無免許で乗れないように車側にETCみたいに免許を挿さないとエンジンがかからないようにしないと、無免許で乗りそうだからその対策も必要(他人の免許で…とか制限にきりが無いけど)
年寄りが事故を起こしたら家族が責任を取るように法で出来ないのかな。
(未成年に対する親の責任の様に)
そうなれば親の運転に家族が目を光らせるだろうから痛ましい事故が少しは減ると思うのだけど。
名無しさん
家族が取り上げるのは、大変なんだよ。
だいたい八十歳以上で運転している人は、車が好きで運転にも自信がある。父親もそうだった。僕は、車を手放させることから始めて、それから免許。その間、何度も怒鳴り合い。家族関係はドンドン悪くなった。
七十歳以上の人は、更新時の認知症の検査だけでなく、半年に一回の実技試験を受けさせ、免許取得時の基準に合わなかったら、即刻取り上げて欲しい。
試験は、民間の教習所に委託し、無料で受けさせるか、逆に高くするか。
また、車がなければ生活出来ない地域もある。それはそれで大変だろうから、都市部とは分けて考える必要もあるだろう。
とにかく、行政がもっと絡まないと駄目だと思う。
名無しさん
教習所で高齢者教習を受けて合格すれば、90歳でも免許の更新を受けて、3年後まで認知症検査も身体能力検査もない日本の法律がおかしいです。事故の報道があるたびに家族はなぜ止めなかったと言われますが、家族がいくら説得しても頑固になって怒鳴り散らして怒るだけで、家族の話を全く受け付けない親に手を焼いています。高齢者の運転は80歳くらいで制限してほしいです。まず家族の申請だけで高齢者の免許返納が出来る制度を作ってください。何とかして家族の責任を果たしたいです。政治家が早く対策を考えて実行してください。
名無しさん
高齢者ドライバーはみな認知症ならいいんだけどそうでもないし、80歳程度ならキチンと運転できる方もいるのに、日本は皆自分は正しいと信じて、みんなで叩きまくる風潮がある。それもなんだかなあと感じる。この人の問題が高齢者全員の問題とは限らない。
プリウスや軽自動車で壮大な突っ込み事故が多いのはアクセル・ブレーキのペダル位置が左にずれていることが大きい。感覚的にブレーキが存在する位置にアクセルがある。ましてや高齢者ならそれまで大型の高級車に乗っていただろうし、小型車になれていない。
年取ったからってオモチャみたいな車に乗せるのが間違い。
逆に農道の軽トラ(長年のってる高齢者がごまんといるぜ)
が壮大に突っ込んだなんて聞いたことがない。
この事故もプリウスだが、トヨタのプリウスと同じシフトパターンの車は危険だとおもいます。ただし、このパターンにしか乗ったことがない方にはわからないと思う。
名無しさん
遺族の喪失感と被害者の無念を慮ると家族を持つ人にとって、けっして他人事ではないゆえに、このような憤りも理解はできますが、果たしてその憤りの全てを自覚を持てない老人やその家族に激しい言葉でぶつけてもよいのでしょうか。免許を返上できない老人やそれを促せない家族はたくさんいます。それも他人事ではないですが、その多さを鑑みると個々の問題だけではなく社会の問題が占める割合も大きいのだと思います。遺族の方も絶望の悲しみの中でも会見でそのことを仰られていました。一番憤りたい彼がそう言えたことを尊重するということが良識を持つということだと思います。
名無しさん
全くの同感です。
自分でも事故の前に危険を絶対に感じているはずでこれは酒を飲んだら危ないと思いつつ運転をするのと同じ訳だから罰則もそれ相応な罰を与える事をした方が良いと思う。
これから老人が多い社会になって行く中で老人が運転をしないで生活が出来るかが問題になる筈でどの家庭にも密接な問題でしっかり協議してゆく必要が急速に必要だと思う。
名無しさん
最近は高齢ドライバーが店舗等に突っ込む事故が相次いでいて、いつか今回のような悲惨な事故が起きる予兆はあった。
それなのに政府は運転の年齢制限を設ける等の策を一向に講じようとしない。
自動車メーカーの利益の為に、国民個々の命がないがしろにされているような気がしてならない。
もちろん今回の事故の加害者がそれ相応の処罰を受けるよう監視することも大事だが、国民が抗議の目を向けるべき点が何か他にあるような気がする。
名無しさん
気持ちはよくわかる。。
百田氏も、自分の発言に問題がある事は理解されているように色々と問題はある。
免許に定年を求めるというにしても、いくつからになる。
住んでいる地域でも差がでるだろう。
昭和40年代なら60代は晩年とも言っていい年で平成の今ではバリバリの現役世代だったりする。
ただ失われた命は帰らない。何か制限なり地域別の基準とかによる、高齢者の免許再取得などの厳正な制度はいるとは思う。
名無しさん
判断力が低下している年寄りに自主的に返納させるのは難しい。家族、特に息子や娘の責任が大きいと思います。
うちは2年前に77歳の父を説得、返納させました。一度でも人身事故を起こしたら、孫達まで顔を上げて歩けなくなる、事故を起こすまえに自分で返納する判断ができるのは、ボケてない証拠、カッコいいことだ!と説得、数ヶ月かかり納得させました。その話を義父にしたら、義父も負けじと返納。面倒でも娘・息子の責任だと思います。

 

-ニュース ネットの声

Copyright© 出来事を考えてみよう , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。