ニュース ネットの声

「おせち」約1200個届かず ヤマト運輸「冷凍」と「冷蔵」間違い配達中止 【ネットの声:ミスを認めて素早い対応 見事!】

投稿日:

 福岡の食品製造会社が北海道の家庭向けに販売したおせち1268個が配達できなくなったことが分かりました。

配達できなくなったのは、北海道内の家庭向けにインターネット通販などで販売されたおせち料理1268個です。販売した福岡県の食品製造会社「久松」によりますと、対象の商品は27日に発送し、30日に各家庭に配達予定だったおせち「博多」とおせち「舞鶴」の2種類で、総額は約1880万円に上ります。久松によりますと、商品を運ぶヤマト運輸のトラックの温度設定が「冷凍」でなければならないところ、「冷蔵」になっていたため、配達を中止したということです。

このニュースに対するネットの声は次のとおりです。

 

グリーゼ581g
ヤマト運輸の担当者は顔が青くなったでしょうね
名無しさん
北海道の地域が壊滅的だと聞きました。
おせちが来ないって話だけだとおせち詐欺なのかと思いましたが運送会社のミスのようですね。
スーパーが遠い、やっていない等でおせちを宅配してもらう人も多く、被害を受けた方は無事年を越せますように祈るばかりです。
名無しさん
それだけ年末多忙ってことがよく分かる記事ですね。。。
正月を家族で迎えようとした家庭とかはとてもお気の毒に思います
名無しさん
あってはならない事だけど、しっかり中止という判断ができた危機管理意識は評価できるね。
親父
勇気ある決断と思います。食中毒になるより安全を取った訳ですし。
寂しいですが、御節がなくても正月は迎えられます。
名無しさん
ミスが起きたのは非常に残念だ。
けれど、ミスを隠さず配達しなかったことは、食被害が出ずに済んで良かった。
今後、関係会社は誠心誠意で謝罪と対応しましょう。
名無しさん
昔、ばあちゃんがひとりでしっかりと綺麗なおせちを作ってくれていたことに亡くなった今、尊敬と感謝をする。
名無しさん
ヤマトにも
賠償責任が発生するでしょう。
名無しさん
ヤマト運輸の経営が反省した方がいい話。結局、死ぬほど疲弊してる末端のドライバーさんや、再配達センターの人達が文句を言われたりしていて、本当に不憫。
再配達や日時指定は有料にしていいと思ってます。本当に。あと繁忙期は値上げしても良いと思ってます。
おせちが届かなかったご家庭かわいそう過ぎだけど、ドライバーさんを責める気にはなれない。
名無しさん
これは…。
北海道はおせち料理を大晦日の夜に紅白を見ながら食べる家庭が多いから、楽しみにしていた大晦日の御馳走が無くなってしまうし、これから各家庭で作ると言っても材料の仕入れや料理の準備に時間が無い。
寂しい大晦日にならなければ良いが…。
名無しさん
不謹慎かもしれないけど、こういうの見ると、
不手際が起きた際は、素早く非を認め謝るのに勝る対応は無いと思えるな。
表示名を取得できませんでした
こういうこともある。起こってしまったことは仕方がない。悪気があったわけでもないし、正直でいいと思う。最近は昔と比べて、美味しいものはたくさんある。今年はそういう年だったんだ、と思う方がいいと思う。
名無しさん
間違いは誰にでもあるので仕方のないことだが温度設定の指定を宅配便の伝票だけを信用しないで製造元の会社も梱包箱の目立つ所に温度指定の表示を明確にして宅配便の担当者が間違いをしにくい様に対策することも今後は必要という事でしょう。特にクリスマスから年末年始にかけては配送品が増えるのは毎年の事なのでお互いに間違いを避ける工夫が必要なのかもしれない。何でも宅配業者に負荷をかけてしまうのは輸送システムを利用者自ら崩壊させてしまう事になると感じる。
便利であることは誰かが「不便」な所を埋めているという感覚が必要なのかもしれない。多少の不便は受け入れる事が長く便利を利用できるのだと思った。
名無しさん
配達されない顧客からすれば溜まったものではないが、ミスに対する対処としては正しい。
温度帯が違っていたら品質を保証できなくなるので中止して、在庫などでリカバリーできればいいけどそれも無理なら誠意を持って謝るしかない。
pkg
どうやら特定のトラックのみがそうなっていたようですね。ですが、それだけ現場が多忙!人手不足!ということです。どの業界でも、仕事を取るのは簡単。下手をすれば、メールや電話だけで成り立ちます。だけど、現場は捌ききれていない。それを現場のせいにする。ところが、そこが違うんです。そもそも仕事を聞いてきた側が、なぜ最終責任を取らないのか…というところが一番大事なんですね。
コメント
去年までここでおせちを頼んでいました。
住んでいるところは北海道でもありませんが
震災などの影響などあったのですかね。
今回はほかのお店に頼んだのですが、
発送が一週間前の24日だったので
昨日30日の受け取りまで
宅配業者の冷蔵庫に預かって
もらっていたのでしょうね。
ただ、去年あたりにツイッターで
宅配業者の冷蔵庫に入りきらなくて
冷蔵庫の外に置いてある画像を見ていたので
早すぎる発送は心配していたのですが
大丈夫そうでした。
どこもそうですが、
冷凍のおせちなどで宅配やさんの
冷蔵庫はいっぱいだと思いますので
実際には運搬車の温度設定ではなくて
冷蔵庫自体にいれていなかったのかも
しれませんね。
受け取れなかった家庭は可愛そうですが、
宅配業者の配達の方も年末なのに
アマゾンも含めて荷物ばかりで大変でしょうし、
いまの時代宅配業者の配達の人の
頑張りに頼り過ぎですものね。
名無しさん
これどちらに非があるの?
「冷凍で」と伝えていたならヤマトだろうし、
冷凍であるべきを「冷蔵で」と伝えたなら久松だろうし……
臺灣花蓮縣觀光旅遊
ヤマトのクール便って受け取る時はアルミの保冷箱からいかにも温度管理きっちりやってました!的な感じで渡されるけど、営業所覗くと載せ替えだかでクールの荷物が表に出たままタバコ休憩してるからな
今の時期ならまだしも真夏もそれを見かけるし絶対中の物の品質落ちてると思う
せめて通行人に見えない所でそれしてるならまだしも見える所で堂々とやってるから末期だと思う
abc
前にも温度管理の問題で、常温の場所で冷凍商品を仕分け、管理したトラブルが話題になりました。
夏に冷凍を冷蔵と間違えて、生鮮食品や果物などがダメになったというトラブルも良くありますね。冷凍や冷蔵と書かれたシールを貼って仕分けしているようですが、張り間違いない、見落とし、思違いなどで。
温度管理は、配送で一番注意しなければならないことですが、同じような果物でも、通常と冷蔵と管理が違うなど中々難しいようです。また、配達所にある冷蔵庫が小さく、大量の荷物を入れられない等キャパの問題などもあるようです。
名無しさん
配達さん、大事な温度設定ミスを隠さず報告し、
大元さんの中止判断は素晴らしいと思いましたよ。
大切なお正月におせちが届かないトラブルがあったご家庭は
大変ですが、
良いお正月をお迎えできると良いですね!
しかし、大切な御節の温度設定ミスってそこはいかん!ですね。二重三重の確認は必要かと。。。
名無しさん
一瞬ウチに今日届いたのは大丈夫?って思ったら地区も商品も対象じゃなくて一安心。
食品表示法的にはアウトだけど冷蔵でも北海道の気温であれば食品衛生法の基準は多分クリアできてると思う。
サイズ大きいから一般家庭で元旦まで冷凍庫に保管は難しいし、どのみち届いたら冷蔵か常温解凍と想定すれば解凍後の目安期限の範囲内だと思うので安全をみて配達中止にしたんだろうね。
万が一の食中毒等考えると初動ミスで信用失うよりは賢明な判断だと思う。
名無しさん
たった一人の配送会社のミスでこんなにも大ごとになっちゃうんですね。普段から自分も色々な事に確認を怠る事に注意を払おうと思う。それにしても食品会社はいい迷惑ですね。
名無しさん
今回こちらのおせちを注文して
昨日到着して今冷蔵庫の中にあります。
配達はヤマトさんでした。
私自身の経験ですが数年前にあるスーパーでおせち注文して31日に取りに行ったらなかなか出てこなくって
「代わりに…」とか言って別のもの差し出して
「え?」と思ったら数分後違う人が頼んでいた品物をやっと持って来た。とかあってそれからそこのスーパーで頼まなくなりましたけど
トラブルってあるけどおせちは1カ月前ぐらいに予約して高額だしやっとという品物だから
自分が当事者なら落胆しますよ。
でもヤマトの対応は嘘偽りない対応で良かったです。
名無しさん
御節といえば思い出されるバードカフェの教訓は大きいな。
完璧な人間など存在しないのだから、稀に人為的なミスが生じるのは仕方がないが、そこからどうフォローするかが大事だ。
以前にも北海道のホテルが、御節を量産中に厨房スタッフのノロウィルス感染が発覚したってことで、すべての出荷を取りやめる判断を下したことがあったけど、トラブルが起きた時に包み隠さず事情を説明して客の被害を軽減するよう努めることが、企業側にとっても最も損失の少ない道だと思う。
笑味
本来、家族のために真剣に働いて、こういうミスをする確率はあるのかもしれない。実際に起きた案件。こういうのを防ぐシステム作れないかなぁ。現場の労働者より数段能力のある上司なんかが絶えず監視してほしい。
ルーチンな仕事は本当に大変難しい。勘違いをいかに防ぐか。勘違いを防げた記録更新って実は人間の寿命に関係してそう。社会的に破綻しない&文明の進化の指標なのかも。ブレイクスルーしないと、文明、はい終了。
名無しさん
冷凍しなきゃ安全じゃない食材があったのかな?
そもそもおせちって、火を通した品物が大部分だし。季節柄日持ちすると思うんだが。ずっと暖房が効いた部屋じゃたちまち腐るだろうけど。
万が一の事態を慮った措置なんだろうけど、勿体ない気がすごい。
作った人、運んだ人(がミス)、待ってた人、全員被害者。誰も得しない話って虚脱感がする。
だがパック分けされたおせちをレンチンで解凍してお重に盛って食べるのも何か味気ない気がするのは贅沢だろうか?
年賀客もほとんど来なくなり、手間がかかり過ぎるて話になって、実家じゃ同じぐらいの予算で昼はすき焼き、夜はしゃぶしゃぶか水炊きの鍋になった。逆に嬉しかった。
価値観次第だとは思う。年頭、家族のイベントに欠かせないアイテムなら万札何枚分の価値はあるんだろう。
もちろん心待ちしてた方々にはお見舞い申し上げる。年頭に厄を喰らった分、来年は良い年になればいい。
名無しさん
色んな意見があって良いと思いますが、
人間過ちはありますよ、真摯に対応し
ているんだから多目に見てあげたら?
クレーマーのような意見がありますが
そんな人とは知り合いになりたくない
ですね。
今回の対象家庭の方にはお気の毒では
ありますが。
はぐれもの
ミスは誰にでもある。大切なのはミスが起こってからの対応。
ミスが原因でお客が離れることもあるが、対応が良ければそんなにお客は離れないし戻ってくる。下手をすれば「あそこは何かあっても対応が良いから安心、信用出来る」とお客が増えることもある。
嘘はバレるし言い訳は見苦しい。信用も無くすし良いこと何て一つも無い。どこぞの国の人たちにも教えてやりたい。
名無しさん
人に間違いはつきものです。よくこういう問題では事を起こしてからの対応が問われる事が多いけど、今回の中止の判断は良かったと思います。きちんと誠意を持って謝罪すれば、『返金さえしてもらえればいい』と思う人がほとんどでしょう。
名無しさん
何年まえだったか、ヤマトのクール宅急便の杜撰さが社会問題になりました。それより以前にデパートの通販で冷凍品頼んだら、半解凍、業者にクレームしたら再送されたんだけど、改善せず!二度と発注しなくなりました。まさか運送上の仕組みの杜撰さとは思わず、保健所等には届けなかったけど、業者には悪いことをしました。勿体無いので、2日くらいで慌てて完食したけど、有り難みが少なかったのを思い出しました。今回は被害を受けたのは跳んだ災難、残念でしたが、直ぐに対応してもらえたのを良かったと慰めて下さい。
名無しさん
まあ、未然にカチンカチンのおせちが届かなくて良かったのですが。それにしても、落ち着いて確認をする責任はヤマトさん側にありますよ。うちはヤマトさんしか使いませんが、色々丁寧に確認をしてくれています。ドライバーさんも忙しいのは分かりますが、確認がとにかく大事。道内で楽しみにされていた方は、いくら返金がされるとは言え、年末の年始の楽しみが一つ減り、がっかりされるのではないのでしょうか?お察しします。
ブラック・バスツアー
この情報だけではどちらに責任があるのかわからない。
業者が温度指示誤ったのかと思ったけど、ヤマトが賠償するってことはヤマトに責任があるのか?
それにしても、北海道となれば今年は地震もあったので新年はリセットしていい方向になってほしいのに、最後の最後にこんな災難に遭う人がまだいるとは…。
名無しさん
今日、お節料理作りました。いつ、お店の既製品のに切り替えようかな、と、思ってますが、昔と今って趣旨が違っていつでも豪華な食事は食べれるので、豪華ではなくても、手作りだと味を調節出来る利点があります。
あと今年はここがダメだったな、とか反省したりして。
お節が間に合わなかった人は今からでも間に合うのかな?自分が注文したことないからわからないですが、間に合うといいですね。店頭販売のなら希望のではなくても、とりあえずはしのげるかな?帰郷される方のもてなしに準備されてたかもしれませんが、とりあえず、代用できると良いですね。
それにしても北海道は食材すごく地元の良いのありそうだし、自産自消と言われてるから注文はせめて何かあったことのために地元が良いのでは?
サンショーウオ
今年はたくさん悲しい思いをした北海道。おせちを心待ちにしていたと思いますが…つらい想いをした分、人に優しく人を許すことが出来ていると思います。きっと声を荒げている人は居ないんじゃないかな…。 正直にミスを伝えたドライバーさんやスタッフも、真摯に対応した食品会社も大人の対応だと思います。 うちは…おせちは高くて買えないけど、家族で仲良く年を越したいと思っています。
名無しさん
通常の事ならともかく楽しみにしていたおせちがミスにより届かない。
冷凍と冷蔵を間違えた位では問題ないような気がします。
無償で良いと言った方には届けてほしいですね。
何か月も経ったものなら冷凍と冷蔵では差がでますが2日位では何の問題もないような気がします。
名無しさん
冷凍より冷蔵の方がいいような気もするけど…
心を込めて作った方も気の毒だし、待っていた方はもっと大変。
でも、気を取りなおして良い年を迎えていただきたいですね。
名無しさん
久松の「舞鶴」、我が家には今朝10時ころヤマト便で届きました。
無事に冷凍で来ました。ニュース見ててびっくりです。
私は、「ゆめタウン」で注文しましたから、直接、久松にネットで注文した方が被害にあわれたのでしょうね。お気の毒です。
お正月の準備はおせちが頼りで何の準備もしていませんので、もし届かなかったらと思うと、ぞっとします。
名無しさん
この時期冷蔵でも問題ないはず。廃棄はもったいないね。冷蔵でもいいから届けてほしいって人たくさんいそうだけど、個別対応は難しいんだろね。もったいない…。
名無しさん
多くの人を巻き込み迷惑を掛け、なかなか痛い額の損失だけれど、ケガ人などがいるわけでもないのだから、謝罪するところには謝罪するなど、誠心誠意の対応をすれば、最終的には人間誰でもミスをするよね!というので片付けて良いニュースだと思う。
ミスをしてしまった当事者たちは心が押し殺されそうになると思うけど、頑張れ!
名無しさん
この件の責任者は、ドライバーより運行管理者にあると思います。なぜなら、運行表を手渡す時に行き先確認と温度設定値に指示があり、出発時に再度行き先、温度設定値の確認のやりとりをドライバーと運行管理者が行い出発するはずです。マニュアルにその様に書いてあるはずです。マニュアルを無視した管理者に重き責任があると私は思います。ドライバーの落ち度は、運行中に再度確認をしなかったことです。私も運行管理者です。
名無しさん
隔年くらいでここから北海道へおせちを手配してます。博多が丁度いいし、レビューもいいです。
今年は頼んでいなかったので、助かった。けど、年の瀬にいきなりおせちが届かないなんて、かなり困りますよね。特に北海道は大晦日におせち料理を食べるので、大慌てのご家庭が多いでしょう。
ヤマトも久松も対応に大変なことになっていると思います。廃棄されたであろう食材を考えると胸が痛みます。
名無しさん
ヤマトは数年前にもおせち料理をクール便の料金をもらいながら普通便で運んでいた。
年末におせちの荷物が増えて忙しいのはわかるが今回も原因はヒューマンエラーの可能性が大きい。年に1回の楽しみにしていた客も多いはず。返金だけして、すいませんでしたってだけでお客は納得するのだろうか?
ヤマト従業員にはもう少し危機感を持って仕事をしてもらいたいです。
こっとん
現場では、屋根があるだけの寒い中、夜明け前からみんな頑張って仕分けしてます。 年末、たくさんの日付指定荷物が営業所に送り込まれる中、振り分け保管する段階で、最終チェックに時間がかけられていない可能性はあると思います。    アルバイト料を上げても人手不足が常態化。一人にかかる負担が増えればミスも起こりやすくなりそうです。
K.O.
今や、家庭でおせち料理を作る率はどれくらいだろう。
商戦は激しさを増していますね。
こういった生ものを扱う配送業者の方の気苦労が偲ばれます。私のような粗忽者には向かない仕事みたい。やらかした担当の方も結果は全国ニュースだけど、気を落さずにファイト。
配送料金が、この責任に見合うものになることに消費者が理解を示さねばいけないと思う。
名無しさん
楽しみにしていた人には残念ですが
しっかりミスを認め配送を中止したところは評価してあげたい。
うどんが大好きです
気の毒だけど、配達前に気づいて中止を決めたのはいい判断だと思います。
まぁそもそもミスがないのが当たり前なのかもしれませんが、人の仕事ですからね。
おせちが届かなかったお宅もどうか広い心で新しい年を迎えていただけたらと思います。
名無しさん
とりあえず、腐ったおせちが届かなくて良かったです。
ここで提案。
送る側、受ける側のどちらかに時間指定がかかっていた場合、送付前事前連絡を双方にしてみては?
正午に受け取って欲しいと考えて送ったとして、受ける側が正午に受け取れるとは限らない。
荷物を引き受けた時点でまずは一報、荷物を送る前に一報。
これがあるだけで、荷物を受け取れる体制が作れたり、その時間が無理なら送る側と受ける側で金を出しあって受け取り時間の調整が出来たりする。再配達よりもリスクの少ない再指定となるわけで。
totoki
とても気の毒ではありますが、
人間、ミスはあり得る事。まぁ、心情的に金額の問題ではないかもしれないけど。
自分の心の狭い親族のように、他人のミスを見つけると始末書を書け、とか、手ぶらなのか、とか鬼の首を取ったように言われない事を願っています。
saishohagoo!
一般的な話ですが、食品製造や食品流通、低温流通、食品保存に携わった人は「冷凍」「氷温」「パーシャル」「チルド」「冷蔵」「常温」の違いに対する意識が高いと思います。 ◆その一方で、宅配便のドライバーは配送経路のプロですが 配送温度は「常温」が比較的多いので、新人が多く入って来れば平均して「最適温度」への意識は下がります。例えば「冷凍で運んで下さい」と言われて、その温度域を適切に言える人は多数ではなく、冷凍を正確に維持できる装置も怪しいのが現状です。 例えば炎天下でも小口配送の冷凍車はエンジン停止するので温度が0℃近辺まで上昇します。 ◆宅配会社にも落ち度が有ったのと同時に、依頼主から宅配会社への「温度指示」の徹底確認が甘かった点は否めないと感じます。
名無しさん
冷凍と冷蔵との仕分けミスですね
1200個となれば1つの仕分けボックスでは入らないので担当者が設定を思い違いしたと思います
仕分け現場では短期のバイトや派遣の外国人に頼ることが多く人手不足によるヤマトの指導ミスもあったのでは?
ネット通販によるおせちが増えたのもあるし配達をヤマトに頼みすぎな会社も多いのも問題でしょう

 

-ニュース ネットの声

Copyright© 出来事を考えてみよう , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。