ニュース ネットの声

レーダー照射問題 公開動画の韓国内の反応は? 韓国外務省が日本の外務省に事務レベルの非公開協議を依頼?

更新日:

★公開動画の韓国内の反応は?

2019年1月5日、韓国国防省は、YouTube公式チャンネルで公開したレーダー照射の反論動画は、韓国の国内の反応はどうだったのだろうか。

この動画再生回数1,174,363で、悪評価59,605 対 良評価59,426になっている(AM8:10)。

こんな動画を見るのは、おそらく韓国国内の視聴者が多いとみられるが、大きな支持は得られていない様子だ。

韓国に詳しい専門家も、「さすがに、自国民からも賛同を得るのが難しかったようです。オリジナル映像は約11秒で、多くは、日本の海上自衛隊の撮影した映像です。派手なBGMとテロップで効果的に見せようとしたのでしょうが、主張が支離滅裂です。良識のある韓国人の間でも恥ずかしい、嘘を繰り返して墓穴を掘るのは止めて欲しいと呆れられています」と伝えている。

出典元:グローバルニュースアジア http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=5424&&country=1&&p=1#photo

★韓国外務省が、日本の外務省に事務レベルの非公開協議を依頼?

広告

2019年1月6日、韓国主要メディアは、韓国国防省の反論動画(1月4日)の内容に同調し、日本を一斉に非難した(1月5日)。

この韓国国防省のメディアコントロールは完璧だったようだが、その掲載内容がお粗末すぎて自滅したとみられている。

韓国の事情に詳しい専門家によると、「1月4日に韓国国防省が公開した反論映像ですが、韓国の見識者には呆れられています。ただ、それを発言すると身柄拘束につながる恐れがあり、沈黙するしかないのが現状です。これまでの歴史的な問題であれば、持論を展開して、でっち上げも自由自在に作りこめたのですが、今回は日本側が正確なデータを持っているため、今までの手法ではお手上げだと認識したようです。論点が明確な韓国レーダー照射ミス事件は、日本側から詳細な証拠を公表されると困る(韓国の現政権の存続に関わる)ので、韓国外務省が、日本外務省に事務レベル(非公開)での協議をお願いしているようです。韓国レーダー照射ミスがあったことは明確なので、恐らく現場が隠匿して、虚偽の情報しか韓国海軍から韓国国防省に上がってこなかった。一番末端に責任を負わすことになるのではと思います」と解説する。

出典元:グローバルニュースアジア https://news.infoseek.co.jp/article/globalnewsasia_5427/

★最後に

どうやら、韓国の国民全員が、あの動画で、韓国の主張が正しいとは思っていないようです。

一方で、10日に文大統領が会見を開き、その見解を述べると言われています。おそらく、文大統領の会見は「日本は悪い、韓国は悪くない」というような内容だと思われます。

すると、上記記事にある韓国の詳しい専門家のいう「・・・・現場が隠匿して、虚偽の情報しか韓国海軍から韓国国防省に上がってこなかった。一番末端に責任を負わすことになる」というストーリーは、今後どのように流れていくのだろうか。その展開に興味が持たれます。

いずれにせよ、今回、日本政府には、いわゆる「大人の対応」ではなく、時間がかかってもしっかりと白黒付けた決着をお願いしたいところです。

関連記事

韓国駆逐艦、海上自衛隊P1哨戒機にレーダー照射【ネットの声:日本にも自衛のための攻撃を認めるべき】

韓国、やっぱり「レーダー照射せず」と主張を変える(【ネットの声:これも国民性?】

韓国、日本の証拠提出に「客観的証拠とは見なせない」と反論【ネットの声:何らかの制裁が必要】

防衛省が映像公開を渋る中、安倍首相が押し切って公開【ネットの声:やるじゃん!安倍首相】

韓国、当初は日本政府に公表しないよう要請していた【ネットの声:安倍首相、次の英断をお待ちしています】

レーダー問題 “沈黙”…立民に批判殺到 【ネットの声:そりゃ、ここで韓国の肩を持ったら次の選挙で党がなくなる】

-ニュース ネットの声

Copyright© 出来事を考えてみよう , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。