スポーツニュース

井上尚弥2回KO圧勝!ロドリゲスを沈む WBSS決勝進出【ネットの声:相手は2Rまでいったのだから強い!】

投稿日:

井上尚弥2回KO圧勝!ロドリゲスとの全勝対決で戦りつのKO劇 WBSS決勝進出

 「ボクシング・WBSS準決勝、IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(18日、グラスゴー)

 階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」の準決勝が18日(日本時間19日)、英国グラスゴーのSSEハイドロで開催され、WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=が2回1分19秒TKOでIBF世界同級王者のエマヌエル・ロドリゲス(26)=プエルトリコ=に圧勝。WBA同級スーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)の待つ決勝へ進出した。

 互角の初回を終えると、2回早々に井上が一気に仕掛ける。リング中央で右ボディーから顔面へ左フックを返すコンビネーションで痛烈なダウンを奪う。再開後、右ボディーですぐにダウンを追加。ロドリゲスはあまりの衝撃に戦意を喪失したかのごとく自身のコーナーへ顔を向けて首を振った。何とか再開に応じたものの、ロープに詰められ左ボディーで3度目のダウン。カウント8でレフェリーが試合を止め、井上の衝撃的勝利が決まった。

井上は昨年10月7日に横浜アリーナで元WBA世界同級スーパー王者のフアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)とWBSS1回戦を戦い、70秒KOの圧勝でこれを突破。衝撃的な試合内容が世界中で話題となり、今大会の優勝候補筆頭と見られていた。そして事実上の決勝ともいわれたロドリゲス戦で再び世界を震撼させた。戦績は井上が18戦全勝(16KO)。ロドリゲスは20戦19勝(12KO)1敗。

関連記事:井上尚弥 WBSS準決勝快勝 歴代王者が衝撃KO劇を絶賛【ネットの声:普通、あんなにキレイにカウンターは決まらない】

関連記事:井上尚弥 WBSS準決勝を圧勝TKO 憧れドネアとフェースオフ【ネットの声:2回目のダウンの後、相手の心は完全に折れてたね】

広告

関連記事:井上尚弥 WBSSバンタム級準決勝 井上対ロドリゲス3度ダウン奪い2回TKO勝利【ネットの声:ロドリゲスの陣営のコメントが聞きたい】

このニュースに対するネットの声は次のとおりです。

出典元:ヤフーニュース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000185-dal-fight

名無しさん
勝てる人間なんて居るのかと思うくらいヤバいと改めて思った…
始まる前は個人的に大きな期待に少しの不安って感じだったけど、少しでも不安感じてすいませんでした
名無しさん
ロドリゲスが強いのは十分に分かった。
今までの相手の中では一番の相手と言って良い。
それでも2R。。
WBSSが終わったら階級上げるしかないな。
名無しさん
早起きしてお茶飲みながら楽しもうと思ったがお茶を一口も飲む事なく終わった。
いや、1Rはロドリゲスだった。
1Rで全て見切った尚弥が2Rで倒してしまった。
正直今回はがりはフルラウンドを予感していたがここまで凄いとは。
WBAIBFを統一。
決勝はドネアと。我々は夢でも見ているのでしょうか?井上尚弥はどこまでいってしまうのだろう。。。
名無しさん
格が違うな。凄すぎる。
名無しさん
ロドリゲスは悪くなかった。ロドリゲスからすると、上の階級の選手との試合みたいな感じなんじゃなかろうか?左フック一発で鼻をやられ、混乱してる間も無くボディで終戦。これだけの逸材なんだと改めて知らしめられ、井上選手の今後のためにも、決勝の相手がドネアということもあり、場所はアメリカでお願いしたい。間違いなく、100万ドルを超えるファイトマネーを稼げる選手になります。圧巻の試合でした。おめでとうございます。
名無しさん
井上凄すぎる!1ラウンドは互角かなと思ったけど、様子見だったんだね。エンジンかかった本気の井上は本当にすごい
名無しさん
おめでとうございます!
信じてました!!本当に素晴らしかったです。同じ時代に生まれて幸せ。ファンで幸せ!
ドネアとの決勝は感慨深いし楽しみだけど、ドネアに引導を渡す運命なんだと感じます。
もう階級上げるしかないですね…フェザーでやっと接戦が見れると思います。下手したらSフェザーまでいけるかもしれませんね!もう最高の日曜日です!!本当におめでとうございます!
333
多くの方が言っているけど、本当に1R目は互角の立ち回りだった。2Rはそれが何だったと言えるような圧勝劇だったわけだけど、エンジンを掛けたのか、それとも最初は小手調べだったのか。底知れない凄さをまた見せられたね。凄い試合でした。
おじぱん
伯父は具志堅用高さんの元トレーナーで
相武台前にあった伯父のジムにも中学生の頃の尚弥君とお父さんが通ってました。
伯父に具志堅用高さんの全盛期と尚弥君と
どっちが強いの?と聴いたら
「スタイルが全然違うけど、スピードと破壊力は尚弥のほうが上だよと」と言ってました。尚弥選手決勝進出おめでとうございます!
本当に凄い。。
今年は悲願の日本一!!!
今回ばかりは技術戦になるかと思ってたけど、圧倒的な強さでした。強い!とか凄い!とかしか言葉がでてこない。
名無しさん
バーネットもテテもやらなくて良かった…って思ってるだろうな。
ロドリゲスは漢でした。
fri※※※※
相手の体付きが思ったよりゴツくて、1Rファーストコンタクトで相手の右貰ってたし、振りも大きく力みがあるように見えて不安になったが…
2Rはあっという間だったな。浜田氏と西岡氏も1Rはロドリゲスに付けてたらしい。
凄過ぎるがやっぱりもう少し見たかった
善良な市民(その一)
勝つとは思ったが、その強さは圧倒的だった。
名無しさん
この階級に敵はいない。
多分ドネアも話にならん位の圧勝で勝つと思う。
ロドリゲスの二度目のダウン時の首を横に振ってるのは初めてもらった種類のパンチなんだろうね。
この人強すぎ。
階級が合ったならばロマチェンコ位しか太刀打ち出来ないと思う。
ズバ抜けてる。
ボクシング界を変えていってる。
γ-GTP:200
いやぁ、強かったねぇ。
アドレナリンが出過ぎたのか力みが目立ったけど、二回目のボディでのダウンで完全に心が折れたように見えました。
決勝で闘うドネアは、ロドリゲス程のスピードは無いけど、経験と運を持ち合わせています。
見えないところから飛んで来る左フックも厄介だし、左ばかり警戒していると西岡の様に右を合わせられる恐れもあるので、かなり慎重な試合運びが必要でしょう。
まぁ、取り敢えずおめでとうございます!!
名無しさん
1Rは準備運動で様子見だったのか、緊張していて体が動かなかったのか、知りたいな…。
名無しさん
ロドリゲスのテクニックも優れていたけど、やはり井上尚弥はパワーでたたみ込める点も含めて、はるか上を行ってた。
テテとバーネットは分析に回っただろうけど、恐らく自分の市場価値を維持するために試合を放棄するかもしれない。
ドネア戦のあとは階級を上げるしかないかもしれない。。。
名無しさん
すごい。
見ることが出来てないけど、すごい。
おめでとう井上選手。
名無しさん
強すぎます。鳥肌です。早起きしてよかった…!!おめでとうございます!!
名無しさん
強い、あまりにも強すぎる。ロドリゲスも上手さとスピードはあったけどパワーが違いすぎたね。同階級どころかSバンタムまで含めても渡り合えそうなボクサーが思い浮かばないな。
名無しさん
日本人選手がここまで登り詰めるとは思いませんでした。ドネアに勝ち、その後ラスベガスで活躍して欲しいです。多くの日本人選手は、相手の順位は上でも能力が格下の相手を倒してチャンピオンになってきたケースが多い中、彼は真の世界レベルのボクサーだと思います。
名無しさん
戦意喪失というか、一度のダウンで恐怖を感じてしまったのだろう。セコンドに助けを求める悲痛な目。恐ろしいパワー。強い相手と戦ってないから真価はわからないとか言ってきた海外の評論家達。無敗の者、ダウンしたことのない者、皆、井上の前ではそんな過去がなんの意味を持たないということがわかってきたのでは?
名無しさん
ロドリゲスのプレッシャーのかけ方が良かったからドキドキしたが、杞憂でした。あまりの強さにドネアも引いてるように見えたw
鬼*郎&目*おやじ!
パンチの破壊力が違い過ぎる。二回に顔面にヒットすると
ダウン。一発で相手の戦意喪失させる圧力はメガパンチそのもので相手選手からするとおそらく3・4階級の上のクラスの衝撃を感じたのではなかろうか。顔面破壊の衝撃を避け二回でのTKO試合終了は妥当かな。
名無しさん
井上はまさにモンスターだな。無敗王者のロドリゲスがある意味試合放棄するほどのパンチ。2回目のダウンで命の危険を感じたんだろう。3回目は普通に立てているのに止めたってことは、目が死んでたはず。那須川天心のあの姿と重なってしまった。恐怖しかなかったんだろう。モンスターという称号はまさにその通りだ。ロドリゲスへの敬意の意味もあるのだろうが、井上自身もつれると言っていたから、もしかしたら判定もあるのかもと思っていたが、まさかの2回で終わるなんて。井上のパンチはあと何階級上まで通用するのか?WBSSが終わったらとりあえず階級上げるだろうが、一気にライト級まで上げても普通以上に戦えるだろうなと感じた。恐ろしいパンチだ。
とりあえずビール
見たか!スーパーモンスターを!
圧倒的な力の差を見せつけて2回KO勝ちだ。
いくら前評判が高くても実際は拮抗した試合になると思っていたが、想像以上のパワーが爆発した。
決勝の相手ドネアがリングに上がったが、まるで毒気を抜かれたように見えた。
PFPのNo.1は決まったようだ。
名無しさん
お互いバチバチ殴り合って気持ちいい試合だった。ロドリゲスは、今までのボクシング人生で少なからずパンチを貰ってきたと思うが、井上のパンチを受けた時はかなりの衝撃だったと思う。
今後の世界のトレンドは「尚弥とは戦うな」になるのかな。
井上尚弥と同じ時代に生きていることが、本当に幸せだ。
今から、彼がトロフィーを掲げている姿が目に浮かぶ。
名無しさん
相手も無敗のチャンピオンですよ!それもパーフェクトに体も作り上げてきて。終わってみれば…
ロドリゲス選手もモンスターの相手ではないとでも言うのか...。それにしても井上選手、ロドリゲス選手!本当にいい試合を見せてもらいました。感動しました。有難う︎さぁ!次は決勝ですね、アリトロフィー是非日本へ持ち帰ってきて下さい。まだ終わったばかりですが、決勝は秋頃でしょうか?今から楽しみに待ってます。ナイスファイトでした!
名無しさん
凄い、凄すぎる。 あのパンチは殺人パンチだ。
1Rは間違いなくロドリゲスのラウンドだった。 プレッシャーをかけられて2回ほど大振りの左フックを空振りしてバランスを崩しかけたところからも動揺が見てとれた。 しかし見てのとおりの2R、相手のプレスを許さない強い気持ちで打ち合ってのTKO、見ていて震えが止まらなかった。
あんなに身体が開いての左フックだったが、鼻血が出るほどのインパクトだったし、実際にあのパンチで決まってしまった。どうしてあんなに強いパンチを打てるのか完全に理解の範疇を超えてしまっていた。 正にモンスターだ。
名無しさん
ロドリゲスは試合前にKOも狙う、勝つのは俺だと豪語していたが、それなりの自信があったのだろう。1Rは積極的に前に出てパンチを繰り出してプレッシャーをかけようとしていた。初めは尚弥も戸惑った様子だが、残り1分あたりでもう見切った感じがした。2Rにエンジン全開、距離を詰めてうち終わりを合わせKO勝ち。本当にすばらしい対応力です。また、パワーも凄い。ドネア戦もこの調子でKOするだろう。
名無しさん
ロドリゲスは試合前にKOも狙う、勝つのは俺だと豪語していたが、それなりの自信があったのだろう。1Rは積極的に前に出てパンチを繰り出してプレッシャーをかけようとしていた。初めは尚弥も戸惑った様子だが、残り1分あたりでもう見切った感じがした。2Rにエンジン全開、距離を詰めてうち終わりを合わせKO勝ち。本当にすばらしい対応力です。また、パワーも凄い。ドネア戦もこの調子でKOするだろう。
クラウチ
長引くなーと思いつつ自分は眠気との戦いなりそうと思ってた矢先強かったですねー
おめでとうございます!
終わったのに眠気が完全に無くなっちゃいました
名無しさん
井上の凄さをさらに初めて知った思い!。。
自分が思っていたよりも全然上を行っていた。
なぜならロドリゲスは本当に強かったからだ。
名無しさん
1R目は井上の動きが固くロープを背負う場面も何度かあった。多少今までより長引くかと思っていたら2R目にあっさり倒してしまう。パンチの破壊力が同階級でありえないほどに強い。
ただ今回井上の大振りが目立った。多少荒くいっても序盤で倒せるという確信があっての大振りなのかは分からないが、そのうちいいパンチ1発でももらったらと思うと多少気がかり(長丁場の試合から遠ざかっている点も含めて)
腹立つ親父
ロドリゲスは勇気を持って1Rは攻めて来たから井上も驚いた様な感じで、結構軽いパンチを貰ってたな。でも2Rに入ったら相手を見切った感じやった。ロドリゲスは足を使う作戦を取らずに攻撃的に攻めたのが裏目に出たな。やはり身体やパンチのキレははるかに井上の方が上やった。
名無しさん
1Rは手数の分だけロドリゲスだったと思います。2R、井上選手は始まる前から出る気満々のように見えたので、このラウンドは大きく動くかなとは思いましたが、まさかあれほど強さを発揮するとは。あのロドリゲスが鼻血を流し、半べそかいてイヤイヤする姿が試合を象徴していたと思います。正に日本至宝だと思います。
名無しさん
早起きして生中継を見た甲斐がありました。予想に違わぬ結果を出してくれました。1Rは井上選手の試合には珍しく、ピリピリした緊張感が伝わってきました。相手が井上選手でなければ最強といえるロドリゲスの良さを全く出させることなく圧倒してしまう尚弥チャンピオン、どこまで強くなるのか本当に楽しみです。

ネットの声

名無しさん
ロドリゲスは良いボクサーでした。井上のジャブにも反応してたし実際に何発かパンチも当てていた。井上が打った2Rの返しの左フックはキレとスピードが凄かったですね。ロドリゲスは右のガードはしっかりしていますが反応できませんでしたね。。
井上は今のバンタムに留まってほしい。正直、SBは少し井上にとって大きすぎる気がする。スパーリングではフェザーぐらいの選手も圧倒してるらしいですが、体格が小さすぎる。パッキャオは本当に稀なケースだと思います。ベルトにこだわらずキャッチウェイトでビッグマッチをやっていってほしいですね。これからもっともっと稼げますよ、井上は。
名無しさん
1roundのロドリゲスは言い方替えればホラー映画に登場するモンスターに見えた初回の様子見は個人的に想定内であった。ロドリゲスは更に踏み込んでダメージ与えたかったであろうが 尚哉のパンチを警戒した。2roundは尚哉がエンジン全快した。ダウン後のロドリゲスの表情が 怪物のパワーを見せつけられた驚き・苦悶・後悔と無念・・・入り雑じった表情が印象的であった。とにかく おめでとう。
※更に驚いた 子供までが『平常心』+綺麗な奥様も観戦していた。
名無しさん
1Rから左を狙っていたのは分かっていたが、タイミングを計っていたと言うことで2Rではタイミングがドンピシャでダウンを奪い、上に意識が向いたところでレバーブローで止めを刺したと言うことか。ドネアは20代の身体の切れを取り戻せなければ3R保たないだろう。
名無しさん
毎回試合前はもしかしたらって言う不安がよぎるんだけどそれを抱くのが失礼なくらい驚く勝利だった。全盛期のうちに記憶にのこるような試合やってくれる相手がいるといいなー
名無しさん
当初からこれが事実上の決勝戦と言われていた。そして勝利した
次の決勝はおそらくホーム開催の可能性が高い。
日本人発の単独での東京ドームのマッチがあるかもしれない
いずれにしても、monsterの名に相応しい試合でした。
ちょっと独走態勢に入ったけど油断は禁物
この続きはどういう有終の美を飾るか
まさに世界最強のボクサーに一歩づつ前進している。
名無しさん
戦前好勝負とよそうされたあのロドリゲスがこうもあっさりと。
2Rでダウンを奪われ戦意を失い首を横に振る無敗王者。
この階級で井上はあまりにも強すぎる。
ここまでの選手を日本人でいままで見たことはない。
ponyo08
ボクシングはやってみると、見たようなわけにはいかなくて難しいです。グラスゴーのリングに立つ井上選手の緊張MAXが肌で感じられ、こちらもゾクゾク! 1Rいきなりの大振り左フックに嫌な予感がしました。しかし、2Rに閃光のような左フック一発! 彼は持っている!! 長い日本ボクシングの歴史上最強のボクサーがここにいます。ああ生きてて良かった! 凄い!凄すぎる! 井上尚弥!
名無しさん
2Rの入りでパンチが当たった瞬間にKOを確信した。
パンチ力が、半端ない。
バンタムで、ヘビー級みたいな試合をしてる。
相手の距離やパンチを見極めるためのリサーチのラウンド。慎重に行ったけど、1Rから行けば倒せた内容。
ロドリゲスも、あんなパンチをもらっても、よく2回も立ち上がった。
早起きして見た甲斐があった。
名無しさん
ロドリゲスとしては、作戦だったのだろうが、あれだけ出てくるとは。井上は、1R、距離の近さに戸惑ったのではないか。凄まじいのはその修正力と冷静さ。そして試合を決定づけたのは顔面への一撃ではなく左ボディブローだ。恐らく肋骨が折れたのではないか。結果ほどロドリゲスが弱いわけでもない。どうやったら井上に勝てるのか。ドネアのあまりのナイスガイっぷりで、決勝を見るのが複雑な気分だ。
名無しさん
お互いの距離が同じだったせいか、1Rは様子見もあって結構パンチをもらっていたようですね。
ならば相打ちすれば井上のパンチが先に届く事を2Rで証明してしまった。凄いやつだなー。
名無しさん
見たけど…凄まじい1Rの中で既に左フックが当てられるの見抜いてた感じだったな
ロドリゲスもスゲーボクシングしてたけど、スピードもパワーもやはり井上が上だったね
ロドリゲスは反応が凄まじく速いからどうかと思ってたけど、ロドリゲスが味わった事ない速さと強さが井上だったと
1ラウンド目はゾクゾクした
2人とも良いもの見せて貰いました
名無しさん
強い!
PFPランキングもさらに上をいきそうだね
名無しさん
もう凄いの一言。1Rは接戦になりそうな攻防だったけど2Rは圧巻。本当に強い。決勝も今から楽しみでしょうがない。
名無しさん
世界最高峰の戦いにおいて、1回戦のパヤノ戦に続いて、最初の1発のクリーンヒットで決着!タイミング、インパクト、急所?ロドリゲス前チャンピオンの戦意喪失の表情には明らかに恐怖感が。ジャブがストレート並みの威力があるような感じ。インパクトはヘビー級と変わらない。
名無しさん
生でご覧になった人達が羨ましい。ロドリゲスは強いと思う。でも1Rで井上は大体相手の実力が分かったのかな。すごいプレッシャーでのKOでしたね。日本のテレビメディアはいい加減クダラナイ番組をすぐに辞めてこういう本物をオンエアするべきだ。
名無しさん
1Rは動きが固い感じだったけど、蓋を開けてみれば2RKOの圧勝!
名無しさん
物凄い努力を積み重ねてきて、今も努力しているのだろうけど、
一言でいうと天才だと思う。
名無しさん
結局WBAのベルトは持って行く必要無かったね。いくらなんでも今のドネアには負ける気がしない。井上もそう思うはず。無いとは思うけどそこに隙さえ出来なければ、1Rで決まってしまうな。間隔が開き過ぎるので9月にはやってもらいたいな。
ノープロブレム!
改めて決勝進出おめでとうございます!朝5時から声を張り上げてしまいました!モンスターの衝撃はグラスゴーのファンも圧倒したことでしょう。序盤力みから、距離が遠く感じて、1ラウンドは解説人同様取られた感じでしたが、2ラウンド目から打ち合い、力の差をまじまじと見せつけましたね。最高でした!
マンダム
いやぁ~、見事だねぇ~。とんでもないチャンピオンだね。PFPナンバーワンも夢じゃないよ。1Rは少しハラハラしたけど、物が違うよ。
名無しさん
これまでも相手は間違いなく強い!
それでも何度も試合後は相手は強い?となってたわけだが、、
今回のロドリゲスは、本当にヒヤヒヤさせられる相手だったと思う
ただその相手ですら、当たり前に倒す。井上選手の凄さが圧倒的に際立った試合でした。
本当のモンスター!
名無しさん
階級を上げないと相手が居なくなるよ(笑)
スーパーフェザー位までなら彼に勝てる要素を持つ相手がほとんど居ない気がする。
名無しさん
いやぁ強かったですね。パヤノの時もそうだけど、
最初の左のカウンターは相手からしたら想像の
外からのパンチ。流れの中で何でそんなところに
おってパンチが飛んでくんねんって感じ。だから、
まともに貰うし効いてしまう。2回目のボディも
エグかった。本人はもうあかんがなって思ってる
けど、立って戦ったのはチャンピオンとしての
せめてもの意地と責任だったのだろうね。
コーナーに首を振ったのはパッキャオにやられた
モラレスを思い出しました。絶頂期のドネアなら
と思いますが、今だと果たして何ラウンド戦える
のかって感じです。

 

-スポーツニュース

Copyright© 出来事を考えてみよう , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。