スポーツニュース

井上尚弥 WBSS準決勝を圧勝TKO 憧れドネアとフェースオフ【ネットの声:2回目のダウンの後、相手の心は完全に折れてたね】

投稿日:

井上尚弥「平常心」で圧勝TKO「ホッとしている」 憧れドネアとの決勝に「光栄」

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)は18日(日本時間19日)、英グラスゴーのSSEハイドロで行われ、バンタム級トーナメント準決勝はWBA同級王者・井上尚弥(26=大橋)がIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)から3度のダウンを奪い、2回1分19秒TKO勝ちで決勝に進出した。

 井上は試合後のリング上でのインタビューで「常に平常心という気持ちを持って英国に乗り込んできた。そのとおりに今夜はパフォーマンスを出せてホッとしてます」と語った。

 リングサイドで観戦していたWBSS決勝で対戦予定のドネアもリングに上がり、井上との2ショットが実現。井上は「ノニトは凄くキャリアもあって、凄く強い選手なので、これからどう戦うか練っていきたい。憧れていた選手なので、決勝で戦えるのを光栄に思います」と語った。

ドネアは井上を「素晴らしい試合をした。やるべきことをやり遂げた。待たずにガンガン仕掛けて、ファンが待っていた結果を出した」と絶賛した上で、「彼とやりますよ。これは運命ですね。対戦すると予想していた。最高の試合になる」と意気込んだ。インタビュアーからどう勝つか問われると、「彼はモンスターだから。これから考える。凄いファイターで知性派でもある。自分が21歳に戻ったつもりで頑張るよ」と答えた。

 インタビュー後、2人はリング上で顔をつき合わせる「フェースオフ」を行ったが、互いに終始笑顔で、にらみ合うことはなかった。

関連記事:井上尚弥 WBSS準決勝快勝 歴代王者が衝撃KO劇を絶賛【ネットの声:普通、あんなにキレイにカウンターは決まらない】

関連記事:井上尚弥 WBSSバンタム級準決勝 井上対ロドリゲス3度ダウン奪い2回TKO勝利【ネットの声:ロドリゲスの陣営のコメントが聞きたい】

関連記事:井上尚弥2回KO圧勝!ロドリゲスを沈む WBSS決勝進出【ネットの声:相手は2Rまでいったのだから強い!】

このニュースに対するネットの声は次のとおりです。

出典元:ヤフーニュース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000130-spnannex-fight

 

333
多くの方が言っているけど、本当に1R目は互角の立ち回りだった。2Rはそれが何だったと言えるような圧勝劇だったわけだけど、エンジンを掛けたのか、それとも最初は小手調べだったのか。底知れない凄さをまた見せられたね。凄い試合でした。
決勝は衰えたとはいえあのドネアが相手ですね。井上ですら憧れという程のボクサー。でも、そのドネアであってもこれはムリゲーなんじゃないかと思える程の強さでした。願わくは全盛期のドネアとの試合を見たかった。
名無しさん
相手が可哀想に思えるくらいの圧勝劇
強いを超えてる
次元が違うとはこのことだと改めて思った
名無しさん
もう鳥肌が立ちましたね。
1roundは少しかたかったしジャブを貰っていたので心配になりましたがそんな必要はありませんでした。
ジャブからパンチ力を計りこんなものかと感じてたので自分の距離で様子を見てましたね。
逆にロドリゲスはガードの上からも井上選手のパンチ力に内心驚いていたはずだしそれを悟られないように前へ出て戦うようにしてたように思う。
しかし2roundから一つ良いパンチを貰ってからプランは崩れましたね。
ダウンしてからよく立ち上がったがその後にボディーをモロに貰ってからは意気消沈でしたね。
ここまで無敗できてKOを築き上げてきた彼は一体今何が起きてるんだという表情でした。
私もボクシングを長いこと見てきたが間違いなく歴代No.1の日本人選手ですね。
彼はこのまま何処まで行ってしまうのかという未来が待ってるように思います。
ドネアも間違いなくKOで勝つでしょう!
名無しさん
内容の濃い4分間だった。
最初はポイントを取られたと思った。
軽いパンチではあったがヒットさせていたし、スピードもあり何よりも、タイミングさえ合えば強いカウンターを叩き込んでやるとの意図を感じさせた。
ただ今から思うとこの3分間で、しっかり相手のパンチのスピードとタイミング等、しっかり分析していたのかも知れない。
井上選手の観察眼、洞察力には恐れ入った。
2ラウンド開始早々、スピードアップして一気に攻撃モードに入り、ダウンを奪う前のワンツーで勝つと確信しました。
ロドリゲスも弱いボクサーじゃないし、むしろ最強のボクサー。
強いからこそ井上選手の、まだ引き出されていない強さを引き出してくれた。
ロドリゲス選手も有難う。
井上選手相手に勇敢に戦ってくれて、素晴らしい試合を見せてくれて。
正直2度目のダウンでストップしても良かった。
明らかにダメージで戦意を喪失していた。
名無しさん
尚弥はやっぱり強い。出だしで相手の力量が分ったかのように2Rで見事に仕留めた。やっぱり最強です。5階級制覇も十分可能だ。おめでとう。
名無しさん
PFP1位になるかもという衝撃。凄すぎる
名無しさん
1Rの距離の差し合いはロドリゲス優勢に見えましたが
まさかの結果でした。
倒された後のロドリゲスの表情にやる気は感じられなかった。
パンチ力が規格外なのでしょうね。
名無しさん
今回も凄い試合を見せてくれましたね、倒した瞬間、鳥肌が立ちました。ボクシングの歴史でこんな選手いたのかな、インパクトが凄過ぎて自分の中ではタイソンをも超えた。想像を超える世界一の練習の賜物でしょう、とにかく感動た勇気をもらいました。井上選手に感謝します、ありがとう。
あああ
鮮やかな実質KO。
ロドリゲスは無敗の王者だけあって、得意のショートパンチを狙いながらジリジリ距離を詰めてきて、井上尚弥が下がる展開。
まっすぐ下がり相手の距離になるのが危険なため井上尚弥が仕掛けざるを得ず、ロドリゲス得意のカウンターに井上尚弥が珍しく数発被弾。
しかし、井上尚弥はパンチを避けるスキルも存分に発揮。
その後は全てぎりぎり交わし、ロドリゲスに数発見舞う。
1Rはそんなヒリヒリする展開だった。
2Rは井上尚弥がロドリゲスの力をみきって、ボディからのストレートでダウン。
立ち上がってからのボディがモロに入り、堪らずダウンしたロドリゲスが
「もう無理無理」とセコンドに合図を送るも試合は止まらず、再び立ち上がるロドリゲスに井上尚弥がパンチの雨を降らせレフェリーストップ。
いや〜素晴らしい。
あとはドネアを倒して優勝してほしい。
井上尚弥のPFPランクが楽しみですね。
FireandHemlock
ドネアがダルチを鮮烈失神KOで頭角を現した時には凄い選手が現れたと思った。シドレンコを血だるまにした時はドネアがバンタムでオールタイムベストになりうると思っていた。ドネアには棄権して欲しい気持ちが湧いてくる。井上は無理。ロドリゲス戦前までは勝てばドネア戦でわくわくしていたけれど、今日の強さはどん引きした。普通ああいう強豪に圧勝する衝撃的な結末は血がたぎるものだけど、井上の強さが自分の中で理解できずに血の気が引いた。ボクシング観戦歴が長い人ほど同じ気持ちになるんじゃないかな。ほんと、どう処理していいかわからない。
poy
ドネア選手はバンタム級無敗の伝説的選手
決勝はなるべくしてなったカード
それにしてもリング上での二人のやりとりは
スポーツマンシップに溢れた素晴らしい最高の雰囲気でしたね
名無しさん
これで気になるのがPFP世界ランキングだね。ライバルはライト級のロマチェンコかな。試合の勝ち方からするとロマチェンコは前々回のペドラザ戦は判定まで行ったし、前回のクロラ戦は4回TKOだったけど、前々回は右肩の手術後でまだ本調子じゃなかったしな。クロラ戦の圧勝劇を見るとライト級では群を抜いてて、ライバルはもはやいなくて階級アップするしかないと言われてるしね。ここら辺の階級での立ち位置をPFPがどう評価するかだよな。井上もロドリゲスにあの勝ち方して、2位は固いと思うが、絶対王者のドネアがいるからバンタム級には一応ライバルが残ってることになるしな。そこら辺をPFPがどう判断するか。まぁ年内にドネア倒して文句無しPFP1位にはなるだろうけどね。
tocy
2R2回目のダウンを奪った後、ロドリゲスの心は完全に折れてたね。
今回は感情に任せず、冷静に上下に打ち分け、更なる成長が感じられた。
名無しさん
完全にロドリゲスの心も折った試合だったな。ドネアも間近で見て恐怖心が出たんじゃないかな。決勝が待ち遠しい!
名無しさん
ロドリゲス陣営の戦術は間違ってなかったとおもう。常にプレッシャーをかけて相手のペースにさせない。
一流同士ならそれでいけただろうけど超一流には通用しなかった。
1Rは互角に見えたが実際はガードの上から破壊力を感じたかもね。推測だけど。
名無しさん
生で見てたけど、圧巻だったね…ここまで圧勝続きだと、もはやトーナメント終わったあとの対戦相手探しや井上本人のモチベーション維持の方が心配になってくる…それほど無敵の存在だ。井上の強さの物差しになれるようなボクサーとの対戦が見たいね
名無しさん
1ラウンド目は相手の調子が良かったのもありますが、第一には慎重に行ったのではないでしょうか。
前回2試合がうまくいきすぎて一時期ディフェンスができなくなっていたこともあり、かかりすぎないようにするため
加えて、1ラウンド目は誰でも体が暖まっていないので想定外のことが起きやすいらしい上に、今回はかなり強いので(毎回強いといっているが…)。
名無しさん
やっぱり問題なくクリアしたようだね。
これでWBA内部ではタイトル防衛とみなすようだから、ドネアとのWBAレギュラー&スーパー・IBF統一戦は尚弥は(WBA)3度目&IBF初の、ドネアは2度目の防衛戦ということになるわけか。
アジア人同士の対戦なんだから、アジアの何処かでやってもらいたいが、主催がアメリカだからそうもいかないか。
名無しさん
ロドリゲスは上手いし強かった。並みのチャンピオンじゃなかった。でも相手が悪かってとはこういう時に使う言葉かしれない。
ドネア戦は井上は大振りだけは気をつけたほうがいい。全盛期は過ぎていても、井上世代はスゴかった時代のドネアを見ている。過去の残像はベテランにとって大きな武器だからね。
名無しさん
井上選手、勝利おめでとう。
また一つ階段を上がったね。
それと、IBFベルトとザ・リングベルトを手にした事に心から敬意を表します。
勝っても驕らず、対戦者に敬意を払い続けるその姿勢に、真の王者の風格さえ漂ってます。
ドネアとの決勝も平常心で戦って下さい。
結果は自ずと付いてきます。
これからも応援し続けます。
君は日本の至宝、日本人の誇りです。
名無しさん
ここで詳しい解説をしてくれてる人がいるので、よく分かりました。
素人目だと、1Rは互角に見えたし、2Rで圧勝劇となったが、正直言って1Rと2Rの違いがあり過ぎて意味がわからなかった。
(1Rは単に様子見というふうには見えなかったので)
しかしながら井上選手相手だと、相手が屈指のチャンピオンでもその強さが全く分からない…。
本当に強過ぎる。
実際2度目のダウンでは、相手が苦しそうな顔で首を振っていたが、相手もチャンピオンだしその様な表情はかつて見せたことはないと思う。
予想はしてたが、身震いするほど井上選手のボクシングの次元が違ってた。
海外での試合にもかかわらずコンディションを整えてここまで圧勝の井上はほんと強いの一言。決勝が楽しみです。
名無しさん
ナイスファイト!1R見て長期戦になるかと思いきや。
最初はロドリゲスのプレッシャーにやりにくそうに見えた。ダウン以降のロドリゲスの表情を見る限り、井上選手のパンチが相当痛いのが伝わってきます。
ノニト戦もこの調子で頑張ってください!!
名無しさん
世界の一流選手達とのトーナメント戦でそれでも圧勝してしまう井上尚弥選手はまさにモンスターですよね。簡単な言葉しか出ないけど本当に強いし負ける姿が想像出来ないです。
名無しさん
尚弥メチャクチャつえーーー!!
1Rで長いラウンドになるかもと思ったが、2Rでのギアチェンジが凄かった。
名無しさん
1Rは互角で左の差し合いはロドリゲスに分があった。
2Rの勝負を決めた左フックもほぼ同じタイミングで相手も左アッパー(スマッシュ)出していて、結構紙一重の勝負だったと思う。
簡単な相手じゃなかったと思うけど、バパンチへの対応力、あそこで距離を詰めて打ち合いに行く判断の良さも井上のボクサーとしての大きな能力なんだろうな。
ってかボクサーに必要な才能全て持ってるんじゃないか。
次はドネアか、もし全盛期なら本当に夢の対決で予測出来ない。
今なら井上に分があるだろうけど、おそらくドネアは井上戦で引退するつもりだろう。
あの時の輝きを最後に見せてくれないかな。そうすれば本当に凄い試合になる。
SHIGE
WOWOWがなくて観てないですが、結果は気にしてました。しかし何でこんなに強いの?流石に苦戦するのでは?っと思うこともあったし。
本当に世界のモンスターです。
おめでとうございます。
名無しさん
試合前のインタビューでも、試合後も本人が語っているように、相手の力は分析済み。唯一、1R最初からあれだけ前に出てくると予測してなかっただけじゃないかな。1R後半にはボディにも入れることができたし、前に出てきてもそれ以上のパンチ力が発揮されないことを確信したかも。それにしても2Rに少しギアを上げた後は、あっさり!
名無しさん
過去の対戦、スパーした日本人選手のコメント記事を見ましたが下半身の強さからくるクラスを越えた圧倒したパンチ力が凄すぎるみたいですね。何か年齢からくる部分的能力低下でも起きない限り負ける事は今後無いでしょうね。間違いなく世界のボクシングで名を残す選手になるでしょう。今後も本当に楽しみです。
名無しさん
井上尚弥、強過ぎますね!バンダムで1番の難敵とされたロドリゲスを一蹴とは
気が早い話だけど、次の試合でドネアを倒したら(倒せたら)その次はどこを目指すんだろう?
できれば日本人の連続防衛記録なんてせせこましいものを狙うよりメガファイトを実現してほしい
階級が離れてるので難しいのは承知の上で、ロマチェンコとのメガファイトが実現されたら最高だなって思います
名無しさん
1Rは互角だったけど、一発パンチが当たるともう相手は戦意喪失するんだね。
しかし、これだけ強いと普通の防衛戦は相手が決まらないだろうな、、、
名無しさん
1Rは下調べというか品定めしてたのかな?
体格的にはロドリゲスの方が大きくて
プレッシャーかけてきてるように見えたけど
井上が一発右を当ててからは更に慎重になってるように見えたし
井上からすると当てれるなと感触を得たのではないかな。
相手が打ち終わりにカウンター気味に出してくるパンチも頭動かしてどんどん避けれるようになってたし
2R目でやっちゃうか?って感じだったんだろうか(笑)
パンチ力が段違いやし、凄すぎる。
名無しさん
1ラウンドの差し合いは互角に見えたが、パンチスピードは明らかに井上選手の方が早く威力も伝わってきました。カウンターパンチを狙わずに自然に打てるって凄すぎです。まさにモンスター!
名無しさん
PFPの定義はいかにその階級で圧倒的か?が1番のファクターだと思うので、ロマチェンコが1位なのにはまぁ異論はないけど、この試合を終えた現状は、2位は確実に井上だと思うな。カネロはGGGとの初戦はほぼ負けてるし、ジェイコブス戦も判定決着、クロフォードは直近の試合がいまいち。ウシクとエロールスペンスがいるか、圧倒的、衝撃と言う意味では贔屓目なしに井上の方がより上位だと思う。
名無しさん
早朝からアップされた試合を堪能させてもらいました。2RTKO勝利には今日の仕事がはかどるぞと思わせるぐらの快勝でした。コメント欄も井上の勝利を細かく分析して、気分良く同感させてもらいました。これほど見ていてスカッとするKO劇を見せてくれる選手はいなかったのではないかと思います。決勝も楽しみにしております。
名無しさん
本当に鳥肌ものだった!
凄い!凄すぎるよ!
早起きして見た甲斐があった!
1Rはパンチもらってたし、やっぱり相手も強いなと思ってたけど、2Rからは完全に井上のペースで進んでたね!
このままの勢いで優勝期待してます!
名無しさん
強すぎる。長期戦に持ち込まれるかなと予想してたが短期圧勝。ラストはドネアか…カウンター上手いし経験もあるけど井上ならやってくれそう。
名無しさん
無敗同士のチャンピオン対チャンピオンだったけどちょっと次元が違い過ぎた…。1Rはロドリゲスのリーチも長く本人も言ってた様にこの後どうなるかって感じだったけどダウンを奪った左フックの速さと強さが並外れてた。
そして尚弥の終わった後のロドリゲスに対してのリスペクト、そしてドネアに対しての敬意はボクサーの強さと心の強さも感じた。
決勝楽しみにしてます。
名無しさん
1ラウンド、やっぱり動きは固かったね。
ロドリゲスも立ち上がりで流れ掴もうと様子見することなく、いいパンチ入れてた。
だが、2ラウンド井上が完全に倒しにかかってる
前回のパヤノ戦で長谷川さんが言っていた、ビッグパンチを受けて、早々にロドリゲスが
焦りを感じてる。
カウンターのうまいロドリゲスのお株を奪う
カウンター、見事としか言いようがない。
名無しさん
ドネア選手は一発で意識を刈り取るパンチを持ってるから、危険な相手であることは事実。マクドネル戦みたいに、行けると思った時に大振りになってカウンターを貰うと危ないので、そこは慎重になった方がいいかもね。
名無しさん
彼の試合見てると、噛ませ犬の弱い相手とやってるように錯覚してしまうほど相手が弱く見えてしまうけど、相手もれっきとしたチャンピオンなんだよなぁ。恐ろし過ぎる。
関係ないけど、ドネアめっちゃいい人そうだった。決勝、いい試合になるといいなぁ。
名無しさん
2度目のダウンの時、ロドリゲスがイヤイヤをするように首を横に振っていた。信じられないと言わんばかりの表情で。パンチの威力が桁違いだったのだろうか。今まで無敗だった強い王者だからこその驚きだったのだろう。このクラスで、井上のパンチを受けて立っていられる人類は、地球上にいないんじゃないか。そう思わせるほどの衝撃的な勝ち方だった。決勝でも圧勝以外のシーンは、想像すらできない。
名無しさん
ロドリゲス強かった。バランスが良くこれは井上でも…と思わせてくれた。
それ以上に井上が強かった。
試合間隔が空き過ぎで少し動きが硬かったがパンチの硬さが桁外れだった。
最初のダウンをうばった左フックカウンターは本来の井上のシャープな動き。
この動きに守りも修正していければドネア戦も楽しみ。
今回の戦いは次に生きる。
ドネア戦は試合間隔を空けないで開催してくださいよー。
名無しさん
井上選手おめでとうございます!素晴らしいKOでした。これでいよいよ国内で試合が観られなくなりそうですね。
名無しさん
素晴らしい快勝!
欧米での井上ブランドが向上することは
間違いないでしょう!
次戦のドネア戦がワクワクします!
さらに最高のパフォーマンスを期待します。
名無しさん
井上尚弥選手、おめでとうございます️1ラウンドではかっと目を見開いて相手の出方や動きを見てましたが、ロドリゲス選手が1ラウンドからプレッシャーに来てたから2ラウンドは打っていきましたね。いや〜、あんなところで左のショートが顎に炸裂してダウン奪うとは。もうちょっとボディが当たったら倒れる状況でTKO勝ち。圧倒的な攻撃、パンチ力。ほんとにすごい選手!頂点目指し頑張れ、井上尚弥選手!!
一般人
正直1R見た限りでは、下手すりゃヤバイかもと思わせる出だしだったけど、まさか2Rで決めてしまうとは。凄すぎる!恐ろしい程のパンチのスピードと破壊力。最強です。決勝も期待します。ワクワクするね。普段はオイラに冷たい娘と観ていてハイタッチできました。有難う。
名無しさん
1R目は、井上選手は初めから硬直状態に持っていく作戦だった可能性もありますね。
前2試合が圧倒し過ぎて、その後のスパーリングで倒しに行ってしまい、調子を崩してたということなので。素人目ですが、2R目は自分から前に出てプレッシャーかけていったように見えました。
ロドリゲス選手と戦っているというより自分との戦いですね。まさにモンスター。感動しました。
名無しさん
尚弥エグすぎ。
ドネア戦ももちろん楽しみだけど全盛期のときに見たかったというのは贅沢な悩みかな。
今後対戦相手が見つからず階級を上げていくのかな?
名無しさん
1R中盤までに井上は大振りで振り切っても相手のパンチには当たらない(出ない)事がと 自分に”力み”があっても打ち合いをクリア(セーブ)できることを確信している。
後半相手のタイミングが遅い(パンチ初動から到達までより井上の防御姿勢の方が早い)事とステップワーク確認・確信している。
2Rゴングと同時に突き飛ばされた親父の仇モードに入り、練習通りのカウンター・・入って終わり。
ロドリゲスが押し込んできたのは最初の井上の空振りを見て当たらないと間違った判断をしてしまい防御範疇に半歩踏み込んでみたら、左下から来た井上の顔面にヒットし自信をつけてしまった。
慎重で長い試合でした。

 

-スポーツニュース

Copyright© 出来事を考えてみよう , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。